ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
マスコミはネトウヨ化した石原都知事のヘイト・スピーチをこそ叩いたらどうなんだ?

沖縄の方たちの負担を少しでも軽減したい・・そういう思いで、あえて火中の栗を拾おうとしている首相に対して、およそ考えられるさまざまなやりかたでバッシングを浴びせかけている、マスメディア・・。
沖縄の米軍基地の現状を、まるで鳩山政権がもたらしたかのような攻撃の仕方には、あまりの理不尽さにはらわたが煮えるような思いだ。
おそらく、首相は自分一個の進退などは、二の次、三の次なのだろう。
だから、泰然自若としているように見えるのではないか。
マスコミがもてあそぶ怪しげな「世論調査」での支持率の上下に右往左往していた感のある、自公政権末期の幾人かの元首相と比べると、雲泥の差である。

鳩山由紀夫氏には、こういう評価もあることを紹介しておこう。

鳩山首相は「決断のプロ?」船井幸男.com

ところが、鳩山氏には永田町の四則演算が通用しません。鳩山氏は「日米関係の強化」を目的とした一本の目的関数の式を立てます。この目的関数について、鳩山氏はすでにオバマ氏を説得しました。「トラスト・ミー」という言葉がそれです。この言葉には現実的な形で日米関係を最大限強化するという意味が含まれています。オバマ氏も11月14日のサントリーホールでの演説で、日米関係の再確認だけでなく、進化した深い関係を築くことに私たちは合意しましたと述べています。


今までの自民党の歴代首相とは、まるでタイプが異なっているために、自民党政権しか知らなかったマスコミ自体が、捉えかね、混乱し、いたずらに叩いている・・そう思っていたときもあった。
(しかし、今は、はっきりとその裏に、陰湿で凶悪な意図が潜んでいると思っている)
今のマスコミに対して腹が据えかねるところは、数日前のエントリでも書いたが、こういう叩くべきでないひとを意味もなく叩きまくり、叩くべき者をまったく叩かないという点である。

周知のごとく、また、あの某東京都知事が、公然とヘイト・スピーチを吐いた。

 『与党は帰化した子孫多い』 石原知事 (東京新聞 2010年4月18日)

民主党などで検討されている永住外国人への地方参政権付与をめぐり、東京都の石原慎太郎知事が十七日、都内の集会で「帰化された人、そのお子さんはいますか」と会場に呼び掛けたうえで、「与党を形成しているいくつかの政党の党首とか与党の大幹部は、調べてみると多いんですな」と発言をした。

 発言は、自民党を中心とした地方議員ら約五百人が参加して千代田区内で開かれた「全国地方議員緊急決起集会」の席上であった。「(帰化した人や子孫が)国会はずいぶん多い」といい、根拠を「インターネットの情報を見るとね。それぞれ検証しているんでしょうけれど」と人物は特定せずに説明し、与党にも言及した。


この御仁の腹のうちに潜む隠すことのない差別・排外意識は、今さら、言うまでもなく、誰もが周知の事実だろう。
その対象は外国人に留まらず、障がい者や女性にも向けられた。

ああいう人ってのは人格あるのかね。ショックを受けた。ぼくは結論を出していない。みなさんどう思うかなと思って。
絶対よくならない、自分がだれだか分からない、人間として生まれてきたけれどああいう障害で、ああいう状態になって……。
しかし、こういうことやってやっているのは日本だけでしょうな。
人から見たらすばらしいという人もいるし、おそらく西洋人なんか切り捨てちゃうんじゃないかと思う。そこは宗教観の違いだと思う。
ああいう問題って安楽死につながるんじゃないかという気がする
〔安楽死」の意味を問われて〕そういうことにつなげて考える人もいるだろうということ。安楽死させろと言っているんじゃない。

1999年9月18日、府中療育センター(重度知的・身体障害者療育施設)視察後の記者会見



これは僕が言ってるんじゃなくて、松井孝典が言ってるんだけど、〝文明がもたらしたもっとも悪しき有害なる物はババァ〟なんだそうだ。〝女性が生殖能力を失っても生きてるってのは、無駄で罪です〟って。男は八〇、九〇歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を生む力はない。そんな人間が、きんさん、ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害だって……。なるほどとは思うけど、政治家としてはいえないわね(笑い)。
(その後、松井孝典氏はそんなことは言ってないと否定。他人の言を借りた形で言いたいことを言う、その小心さ、卑劣さには失笑を禁じえない)

『週刊女性』2001年11月6日号(インタビュー記事)


そのすさまじいまでの弱者への蔑視はもちろんのこと、僕が暗然とするのは、人間という存在に対しての、あまりの認識レベルの低さだ。
何度、言ったかわからないが(笑)このひと、本当に、文学者なのか?
このひとの「作品」は、読む気がしないので読んだことはないが、「人間」は文学のもっとも主要なテーマだろう。
この程度の稚拙な「人間観」の持ち主が、今まで「作家」とされ、議員とされ、そして今は、東京都という巨大自治体の首長というのは、本当に笑えない冗談だ。

また、この「帰化人」発言で思い出すのは28年前、当時国会議員だった石原慎太郎陣営が引き起こした「黒いシール事件」のことだ。

 82年11月20日。この日発行された『読売新聞』夕刊社会面の片隅に、小さなベタ記事が載った。

19日夜、東京・大田区内で石原慎太郎代議士の秘書が総選挙出馬予定者の政治広報ポスターに、本人を誹謗するシールを貼っていたことがわかり、池上署は器物損壊の疑いで捜査をはじめた。
 シールを貼ったのは、A秘書(33)。同署の調べによると、A秘書は、同日午後11時10分ごろ(中略)たまたま通りかかったB氏の支持者ふたりに見つかり、同署に突き出された。調べに対し、A秘書は事実を認めているが、同署では、太田、品川のB氏のポスター多数に同じシールが貼られていたとの情報もあることから、さらにA秘書から任意で事情を聞く方針。


B氏とは、新井将敬・元衆議院議員(故人)のことである。48年大阪生まれ。東大経済学部を卒業し、新日本製鐵、大蔵省勤務を経て86年に東京二区で初当選した。後に98年2月19日、証券スキャンダルの渦中で自らの命を断つことになる人物だ。
彼を誹謗したシールとは、縦16センチ、横7センチの、黒地に白抜きで「(昭和)41年北朝鮮より帰化」と書かれたものだった。後に新井自身が明らかにしたところによれば、帰化は事実だが、ルーツは新羅の宮廷に仕えた学者の家系で、祖父母は慶尚北道に住んでいた。制度上の理由で北も南も一律に「朝鮮籍」とされていた時代の帰化を記した除籍原本が悪用され、差別と同時に東側スパイのイメージを植えつける狙いが、A秘書にはあったと見られる。なお、この「黒いシール」は総計で約5000枚ほど刷られ、新井氏が選挙区内に撒いたポスターの7、8割に貼られていたという。

(斉藤貴男・著 『空疎な小皇帝~石原慎太郎という問題~』岩波書店より引用)

この事件の陰惨さはどうだろうか。
秘書がやったこととはいえ、石原自身の関与があったかなかったか。
現在の彼の言動から、こういうことを平気でやる「気分」は、当時、秘書とともに共有していたのは間違いのないところだろう。
なんという卑劣さ・・。こういう行為は、人間として、絶対に許せない。

人気ブログランキングへ

さて、先祖を帰化人と決め付けられた「与党大幹部」のひとりが反発した。
社会民主党の福島瑞穂党首だ。

石原知事“帰化”発言、福島氏が撤回求める。

福島党首は19日朝に記者会見を開き、「私も私の両親も帰化した者ではありません。明確に否定します。石原知事のようにそのことを問題とすること自体、人種差別ではないかと考えます」と述べ、石原知事に発言の撤回を求めた。また、「外国人地方参政権に賛成する立場は自分の政治信条であり、石原知事の発言は名誉棄損にあたる」として、発言を撤回しなければ法的手段に訴える考えを示した。
(4/19 18:31)


よし、頑張れ、みずほたん!
この最悪なレイシスト知事を法廷の場に引きずり出して、その正体を白日の下にさらしてください。

福島氏は、以前から、ネットに巣食う、汚いドブネズミのような連中に、根拠もなく「在日」と決め付けられていた。
石原は「先祖帰化人」説の根拠として「インターネットの情報」をあげているが、おそらく、このことを言ってるのだろう。
ああ、なんという、浅慮・・・・!
日本の首都をあずかる首長が、ネトウヨ並みの低い問題意識と頭脳しか持ち合わせていないことは、東京都民、いや日本国民の悲劇である。

普天間問題が深刻であるのと同じくらいに、東京都知事の劣悪さは深刻である。
マスコミは、なぜか、いつも、こんな知事に対しておよび腰だ。
叩くべき最大の人物は、石原慎太郎東京都知事なのに、叩くべきでない首相を叩き、窮地に追い込もうとする。
腐りきったマスコミはわれわれ国民の敵である。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(3) | 20100419233648 | 編集
197|ローレライ|20100420163039

「特定アジア」など2chを舞台にしたレイシズム用語が広まったこの10年。
近隣国民に対する向きだしの敵意は日本のアジアでの孤立化と対米依存を深めさせる結果となりました。

日本経済を破壊した政治家も靖国神社を参拝すれば許してしまう、
倒錯した「親米ナチス」達w
200|トッペイ|20100420230236

映児さん、初めまして。いつも楽しく拝見させていただいています。私もチンタロウは大嫌いでして、こんな奴は保守でもなんでもないと思っています。新井議員のシール事件のときは、故野村秋介さんに糾弾されて、顔面蒼白になった卑怯者です。
伝統的な右翼は、野村さんの死とともに終わり、ネトウヨなどただのレイシストでしょう。
641|mk|20100912093948

映児様
はじめまして。twitterの検索からここまでたどり着きました。
目からウロコが落ちるようなご意見にそうだ!そうだ!とガッテンの連続です。

この記事を読ませていただいて思い起こしたのですが、都庁に巣食う“官僚”組織にとっては、かえってこのような人の方が彼らの(胡散臭い)目的達成の為には都合が良いのではないか?と思います。
ご高齢なのでさすがに人間力は落ち目、いざとなったらいつでも追い落とせる、見識の浅い人々には権威が有る立派な人物の様に見えるかも知れないから看板としての役割は有る程度果たせるなどの理由からです。

何時の事でしたか彼が再選された時、???と腑に落ちませんでした。詳細は忘れましたがそれ以前の彼の言動や行動・実績?から、「絶対に再選は無い」と素人ながら感じておりました。

まともなこともたまに言ってくれているような記憶もかすかに有りますが、“何だこいつは?”と首都の長に据えておくのが恥ずかしいような発言が本当に多いです。

昨年までの自民党政権末期の首相達となぜかイメージがダブるのですが、気のせいでしょうか?

マスコミの恣意的・偏向した報道姿勢も以前から気になっておりましたが確信を深めました。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天