ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
08/22のツイートまとめ

hataeiji

「はだしのゲン」を全国の小中学校に置いたということは、ひとつの偉業かもしれない。図書室にある数少ない漫画だからこそ、多くの子供の手をとらせ、その心に、戦争の怖さを、トラウマとして刻印した。もっとも、それをもたらしたのは「作品そのものの力」ではあるのだが。
08-22 00:12

「はだしのゲン」、僕はジャンプ連載のとき、リアルタイムで読んだ。決して心地よい読書体験ではなかったが、読まずにいられない力が作品にあった。「反日だ」「サヨクだ」「偏向している」なんて浅薄な批判を吹っ飛ばす、「実体験者」は、やはり強い。
08-22 00:19

「自民党の政治屋の多くは、戦前とのしがらみを引きずる子孫が多数を占めている。農民・労働者はいないといっていい。民意を政策に出来ない体質を有している」http://t.co/SSrjs3ZqHl
08-22 00:49

「差別・エリート意識が強い。保守的に生まれついている。共産主義や自由主義を嫌うことになる。特に前者に対する認識は異常なのだ。安倍に限らない。リベラル派が消滅した自民党全体の体質になっている」http://t.co/SSrjs3ZqHl
08-22 00:52

ま、たしかに、自分だけが「神の視点」か、「観客席の人」みたいな立ち位置から、「あんたら、もっとしっかりしなよ」みたいなことを言っている御仁がいたら、ムカっとくるのが、これ人情。
08-22 02:09

ひさびさの大量虐殺者が、中東にあらわれたな。「人類の恥」といえるだろう。
08-22 02:12

笑→「24時間マラソン」。番組終了に合わせてゴールするのは、やはり不自然。・・・疑惑濃厚とされているのが、02年の西村知美。「午後6時過ぎに『残り30キロ』だったのが、午後7時過ぎには『残り10キロ』に。1時間で20キロも走るとは、男子マラソンの世界記録を樹立できる速さです」
08-22 02:26

ネット黎明期には、すごくモテた(爆)いろんな女性から好きと言われた。顔も見たことないのに(笑)福岡在住で良かったよ。首都圏に住んでいたらどんなことになっていたか。今はもうそんなことはないが、おかしな現象だったと思う。つくづく。
08-22 02:31

「不都合な真実」なんだけど、「隠蔽できない真実」という、なんともはや、最悪というか、救いようのない・・って、ほんと、どーすんだよっ!福島を~!
08-22 02:36

寝らんばいかんやった!おやすみ!
08-22 02:52

おはようございます。汚染水の太平洋大拡散で、その責任を世界から問われる「第二次東京裁判」という事態になるという暗い想像が、あながち妄想とはいえないのではないかなどと、目覚めたあと、しばし考えていました。
08-22 09:38

藤圭子の訃報でどん底落ち込んでいる。僕が小遣いをはたいて買ったアルバムの一番目はS&Gの「明日に架ける橋、」2番目はビートルズの「アビーロード」、3番目は藤圭子の「新宿の女」だった。たんなる歌手では納まりきらないドラマチックなオーラが当時からあった。この最期はらしいといえば言える
08-22 14:28

悲しみが止まらない。悲しくてやりきれない。比較すべきかどうかわからないが、歌のうまさでは、娘より数段上。いや、「うまい」というより、聴き手の自分の背筋をゾクっとさせるものがあった。(当時中学生だった自分もそうとうマセたガキだったなあ)少女時代の父母との極貧放浪生活が培ったものだ。
08-22 17:33

晩年は親しいひとに寂しさを訴えていたという。娘とも断絶していたのだろうか。越路吹雪、江利チエミ、美空ひばり、青江三奈、大原麗子、昭和を彩った歌姫やスタアたちの寂しすぎる死を想う。
08-22 17:38

秋田書店の件。真実がいまいち不透明なので、断定してどちらかを批判することは控えるべきだろうと思っている。
08-22 17:41

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20130823034209 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天