ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
08/12のツイートまとめ

hataeiji

なかなかいいことを言ってるので、共感のリプライを送ると、「ありがとう」の返信しか返してこない自称「写真家」がいる。誰にもこういう態度をとっているのは明らか。「返信自動化」というのができるのかどうか知らないが、「できる」としか思えない不誠実な態度が明白。人は主張の内容よりその姿勢だ
08-12 00:28

「Nスペ」観るべきだったかもしれないが「半沢直樹」を観てしまった。人間の「業」とはかくあるもの?。国家権力と、(それに使嗾される)メディアは、その間隙を巧みについてくる。
08-12 00:46

「醒めた」態度は、一見、カッコイイ。なんか賢こそうで、「頭が良さげ」で、冷静そうで、落ち着いているかのようで(笑)でもこれが、熱くて、感情的で、それゆえに無分別な、ある意味、非論理的な「情念」の「カタマリ」みたいなものに勝てたタメシが、残念ながら、歴史上、なかったような気がする。
08-12 01:22

この貧弱な惑星の一隅にますます貧弱な一群れのニッポン人という哀れな人種がおりましたなぜ哀れかというとこのひとたちは本当は貧乏なのに自分は貧乏ではないと政府やメディアに固く信じ込まされているからでした
08-12 01:41

食べていくだけの稼ぎならば、俺はじゅうぶんに妻子を養っていける。毎日、ウナギを食ってもいい。たらふく、牛肉や刺身を頬張っても、お釣りがくるだろう。だけども、各種の保険料や税金や住宅ローンが、それを許してはくれない。はっきり言おう。俺たち日本人は豊かではない。中流でさえもないんだ。
08-12 01:55

「リベラル」とされる政党や政治家が、こんなに支持を失う時代は、戦前はとかく、かつてなかっただろう。もっと、不遇なひとや、生きるのに苦しんでいる人に寄り添え、同苦しろ。まだまだ足りない。君らの生半可な態度こそが、右翼ファシストどもの力の源泉だということを、思い知るべき。
08-12 02:08

「大東亜戦争」・・。その、開戦から終戦まで、具さにその経過を知ることのできる僕ら世代の使命は、二度と、こういう愚かな歴史を繰り返させないことだ。歴史から学ぶということは、こういうことだろう。くだらない手前勝手な「自国本位」の主張が、限りなく現在の国益を損することを肝に銘じるべし。
08-12 02:24

国や民族の最大の不幸は、「売国奴が国政を牛耳る」ことにあると思う。そういう意味で、今のニッポン、ご愁傷様というしかないようだ。
08-12 02:34

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20130813034222 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天