ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
「肉屋を自分たちの味方と勘違いしている豚ども」よ目醒めよ!

予想通りとはいえ、気持ちが塞がれる結果となった。

何度も、何度も思った、「ニッポンを諦める」ということ。
その事柄が、ふたたび筆者を襲う。

どうして、ニッポン人は、こうもモノゴトを理解できないのか。
真綿で自分の首を絞めるような、そういう選択しかできないのか。

「肉屋を熱狂する豚ども」というたとえをtwitterで見かけた。
だが、「熱狂」まではいかないだろう。

「肉屋を自分たちの味方と勘違いしている豚ども」

というのが、真実に近いのではないだろうか。


だが、少なからずの批判票が多かったのも確かだ。
バカ勝ちするのではないかと思っていた自民党も、そこまでは伸びず、単独過半数には届かなかった。
だから、筆者がいちばん危惧していた、「改憲派の3分の2以上」は、なんとか回避できたのだ。

肉屋を、自分たちの真の敵と見抜いている豚たちも、少なからずはいたのだ。
しかし、その豚たちも、「真の味方」となると、混乱せざるを得なかった。

豚たちに、「肉屋はあなたたちの真の敵ですよ」と呼びかける勢力が、ひとつになること。
肉屋の、ほしいままの屠殺を許さないためには、それがもっとも肝要である。

新潟選挙区で、惜しくも敗れた森ゆうこ氏。
社民党候補との一本化が為されたのなら・・と、残念でならない。

共産党も含めて、「反自公・維・み統一戦線」が組まれない限り、肉屋たる安倍政権の暴走はとどまることがないだろう。
どうか、党利党略を脱して、国民の生活本位に徹する、幅広い受け皿を作っていってほしいものだ。

そうしないと、「ニッポンの夜明け」は永遠に来ないだろう。


さて、明日から、フリーハンドを握った自公政権に対し、どういう抵抗をしていかなければならないのか。
「ニッポンを諦める」ことは、やはり、どうしてもできない。
「未来」という荷物を背負った愛する子や孫のために、何ができるのか。

今まさに、そういう正念場に立たされていると思う。


安倍政権の末路 アベノミクス批判

安倍政権の末路 アベノミ
クス批判

アベノミクスは「アベコベミクス」だ!
「物価が上がる→景気がよくなる」って本当? 公共事業で内需が拡大する?
成長戦略は「競争国家」「企業天国」をつくるだけ!
国民の期待を集めスタートしたアベノミクス。その矛盾とウソを経済学の知見から徹底解説。価格:1,260円(税込、送料別)




関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20130722005305 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天