ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
05/12のツイートまとめ

hataeiji

民主党「反省会」。「(小沢氏が)これほどひどいと思わなかった」と菅。他者に責任転嫁して何の反省か。そういうオリジナル民主党面々の無責任体質にこそ、こんにちの凋落にいたる第一の因があるだろう。右翼ナショナリストに日本を明け渡したことへの真摯で謙虚な総括以外に、真の「反省」はない。
05-12 10:13

小沢氏を「あれほどひどいと思わなかった」のは菅個人の主観だろうが、菅自身があれほどひどいと思わなかった個人の主観は、その数の膨大さに於いてすでに客観化され、国民の中では共通した普遍的な認識にまでなっているのではないだろうか。
05-12 10:26

皮肉なことは、民主党の「反省会」が、いかに彼らが反省してないかを世間に周知させるにもっとも効果的な場になったことだ。
05-12 10:31

反省するというから、有権者への約束を反故にしたことによって信頼を失い、右翼ナショナリズムの台頭を許したことへつながったことを痛烈に自己批判するのかと思ったら、言い訳と自己主張に終始。下手なパフォーマンスでかえって支持が減り、安倍を勢いづかせてしまう。罪の意識のない罪人どもめ。
05-12 10:42

侵略の定義は「他の国家の主権、領土保全、政治的独立に対する武力の行使」であると1974年、国連総会で決議されている。それが世界的な定説であるにもかかわらず、恰も侵略の定義をめぐって侃侃諤諤の議論が巻き起こっているかのような安倍の言いざま。卑怯な詭弁だ。
05-12 21:20

菅の内部には拭いがたい小沢氏に対する劣等感があるのだろう。それが嫉妬となり憎悪と化している。格とか器とかが隔絶しすぎるとこうなる。と、自分は感じている。
05-12 21:40

映画「Uボート・ディレクターズカット版」観る。3時間半の長尺映画だが、長さを感じさせない面白さ。潜水艦もの映画にハズレはないが、これはその中でもベスト・ワンではないか。戦争がいかに悲惨でアホらしいものか、とくに衝撃のラストが、これ以上のない効果で知らしめてくれる。
05-12 21:56

主権在民、基本的人権の尊重、戦争の放棄・・いくら議員の3分の2と国民の過半数が賛成しても、この基本は変えられないと自分は思う。
05-12 22:32

恩知らず。無責任。約束不履行。責任転嫁。誹謗中傷。菅直人は理想的な道徳の反面教師。
05-12 22:37

安倍も南こうせつも、ふたりとも醜悪だったね。
05-12 22:46

かつて「まぼろし放送」というネットラジオ番組があって、懐かしい曲を紹介しまくっていた。とくに「フォークソング特集」が充実していた。選曲者が「よしだたくろうとかぐや姫は絶対にかけない」というポリシーを持ってたっけ。慧眼でしたよ、あなた。
05-12 22:51

右傾化が国を損するということは歴史が証明しているわけだ。いまや民主主義から後退しようとする国家は世界が承認しないだろう。どうしてそれがわからないのか。夜郎自大、井の中の蛙、ああ、本当に恥ずかしい。民主主義の到達点である日本国憲法こそが、わが国が胸を張って誇れるものだというのに。
05-12 23:06

今日も橋下は96条改「正」反対派が国民投票を否定してるというわけのわからん断定をもとにして吠えていたそうな。なんで反対したら国民投票を否定することになるの?イコールで結ぶことができないものを無理やりにイコールで結んで大向こうをだまくらかそうとという詐欺弁護士の手口。バカにするな。
05-12 23:19

「戦争の放棄の放棄」も怖いが、もっと怖いのは自由にものが言えなくなる社会の到来だ。公共の場で自由な発言は控えろと公然とのたまった石破茂の態度にその萌芽を見て取り、自分はゾッとした。
05-12 23:41

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20130513042812 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天