ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
野田の解散宣言は「安倍首相」のもとに誕生させる自公民大連立内閣の布石だろうと思うんだが。

ながい旅から、今、戻ってきた。
長時間の運転で、身体がガチガチに固まっている。
ハンドルを握り続けた手や、アクセルやクラッチペダルを踏み続けた足が、ジンジンと痺れを訴えている。

早く寝たいところだが、野田首相が衆議院の解散を決意したとかいうニュースに接して、PCの前に座る気になった。
運転のあいだじゅう、ずっと音楽を聴いていたので、さきほどの9時のNHKで、このことを初めて知ったのだ。

大越キャスターが、「今日の党首討論は、政治家の本音がぶつかりあった、ひさびさに見ごたえのあるものだった」などと、野田と安倍を持ち上げていた。
この御仁は、あれが本当に「本音」などと思っているのだろうか。

負けるとわかる戦(いくさ)を決意するには、なにか裏があるとみていい。裏とは何かというと、それは密約だ。

大越が世論操作する「民主と自公が対立している」という構図は、蜃気楼のようなものだ。
民主と自公は、今や利害の一致する「同じ穴の狢」だ。

解散に伴う総選挙で安倍内閣は確実に実現する。
しかし、単独過半数とまではいかない可能性が大きい。どうしても、どこかと連立を組まないといけない。

今回の解散パフォーマンスは、遅かれ早かれの、自公民大連立内閣の布石ではないのか。
というか、自公と、おそらく四分五裂する民主党のなかの一派、そう、野田や岡田や前原など、今の民主党を牛耳っているヤカラどもの連立内閣だ。

それに至るまで、さまざまなパフォーマンスを繰り広げるのかもしれないが、結局、目指している着地点はそこなのではないか。

政権を背負わされる重圧から解放されたうえ、「与党の一員」としての身分は保証される・・。
野田の「解散決意」には、そういう「不純な動機」が見え隠れしていないか。

と、さっきのニュースを知ってすぐ思ったことをとり急ぎ書いたが、「何をわかりきったことを言ってるんだ」と言われそうな気がしないでもない。
もし、そうだったら、ごめんね。

いずれにせよ、この日本を覆う闇の深さが、さらに底を知れぬものになっていくだろうことだけは間違いなさそうだ。



本日の「わろたツイート」↑

【1000円以上送料無料】安倍晋三の本性/俵義文【100円クーポン配布中!】【RCP1209mara】

安倍晋三の本性/俵義文
「美しい国」とは、憲法と教育基本法を改悪し、自衛隊と米軍が一体化した「戦争をする国」のことか。
タカ派首相と、日本最大の右翼組織「日本会議」で固めた新内閣の素顔を暴く。


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20121115002655 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天