ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
市議会開会中にどうやらツイッターしてたらしい橋下

毎日、毎日、橋下徹大阪市長と、一味である「日本維新の会」ってのは、目まぐるしく話題を提供してくれますね。
ポピュリズムを根幹に置くしかない、中味がスカスカの政党ですから、こうでないと維持がむずかしいってことなんでしょうかね。
今にして思うんですけど、週刊朝日に橋下が猛烈に噛み付いたってのも、少なくない識者が指摘してるとおり、その「話題提供」の一環だったと言えなくもないかもしれません。
想定外に相手が早々と白旗をあげたもんだから、挙げたコブシを振り下ろすしかなくて、21、22日の異常な橋下連続ツイートと相成ったのでしょう、きっと。
その行き着いたところが、例の「壮大なブーメラン」(笑)
実際は妹が買ってきた週刊朝日最新号を、「週刊朝日が実母に送りつけた」と勘違いして、記者会見で「鬼畜集団」だの「抹殺」だの「矯正不可能」と、政治家が決して使うべきでない罵倒語をわめきちらし、まさに「やっちまったな」状態。救いようがありません。
んで、「謝罪はツイートでじゅうぶん」だって。
便利な世の中になったもんです。公式な見解の表明は、ぜんぶツイッターで呟けばいいそうですから。
週刊朝日はここで言うべきでしたね。「まあ、ええわ。これでノーサイドにしといたる」と。

そうそう、今日になって、面白いことが判明しました。
橋下が昨日、週刊朝日に謝罪した3件のツイート。どういう場所で行われたと思いますか?

2012年10月24日水曜日 橋下徹市長のツイッター投稿時刻と大阪市議会が重複しているようだが

354 名前:無党派さん
投稿日:2012/10/24(水) 17:49:27.78 ID:o2VLO5bP [3/3]

橋下の昨日の日程
 15時30分 一般会計決算特別委員会 市会特別委員会室
 16時10分 一般会計決算特別委員会 市会特別委員会室

橋下の昨日のツイート(例の訂正)
 15:54:56
 15:56:50
 15:58:20

ぜったい前半の委員会中、まともに話を聞いてないな。


この男にとって、大阪の市政なんて実はどうでもいいことなんでしょう。
それよりも、我が身一個の個人的な問題の方が大事。
あまりに「公私混同」があからさま過ぎて、大阪市民は怒る気分さえすっ飛んでしまうのではないでしょうか。

今日は、その「日本維新の会」の幹事長で、大阪府知事の松井一郎氏が刑事告発を受けました。

松井知事が「秘書給与記載せず」大学教授ら告発


松井一郎大阪府知事が、自ら社長を務めていた同府八尾市の電気工事会社の経費で秘書2人に給与を支給しながら、政治資金収支報告書に記載しなかったなどとして、大学教授ら27人が24日、松井知事と後援会幹部らについて、政治資金規正法違反容疑などでの告発状を大阪地検特捜部に提出した。

告発状によると、松井知事は府議だった2007~10年、2人への給与計約1740万円を同社から支払い、後援会の収支報告書に記載しなかったとされる。

同法では、会社が政治家の秘書給与を負担した場合は原則、会社から政治家側への寄付にあたるとされ、収支報告書への記載を義務づけている。

告発人の一人、上脇博之・神戸学院大教授は「違法な企業献金だ。知事が責任を取らないので告発に踏み切った」と指摘した。


この上脇博之というセンセ、かつては、同じような方法で小沢一郎氏を告発したこともあるんですよね。
「政治資金収支報告書」の未記載ということで、政治家をひっかけるようなやりくちは、小沢氏のことで、僕は非常な嫌悪感があります。
政治資金の出し入れを透明化する目的のはずの政治資金規正法が、いつの間にか、政治家を取り締まる法律になってしまい、手枷、足枷となって自由を制限している。
政治家の力を奪って喜ぶのは、既得権益を守ることを至上命題としている、役人官僚どもだけでしょう。
小沢氏がやられるのは悪くて、松井氏がやられるのは拍手喝采というご都合主義はとりたくないので、この件は沈黙しましょう。
ってか、この上脇センセ、大嫌いなんですよ。ま、以下の過去記事を参照してください。

http://eiji008.blog19.fc2.com/?q=%E4%B8%8A%E8%84%87

さて、今日はとりとめもない記事になってしまいました。
内容があってもなくても、短くても長くても、毎日更新していこうと思っていますので、どうか長い目で見てやってください。
それでは、また明日。

【送料無料】大阪維新の会「教育基本条例案」何が問題か? [ 市川昭午 ]

大阪維新の会「教育基本条例案」何が問題か? [ 市川昭午 ]

 ①閉塞感が強まる一方の社会において、大衆の鬱血した感情に乗じて、権力を掌握しようとすること。
 ②そうした感情を煽りたてる目的で、庶民の身近なところに目に見えるかたちで「民衆の敵」を設定し、それを攻撃することによって支持を獲得する手法をとる。
 ③民衆のスケープ・ゴートに対する憎悪を増幅するために、まったく事実無根の情報を流布させるということを常とう手段とする。
 ④いったん選挙に勝った場合には、それが単にその選挙で争点になった問題を中心に支持されたにすぎないにもかかわらず、あたかもすべての問題について選挙民から白紙委任されたかのうように振る舞う。

ささやかな思考の足跡
より引用

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20121025044302 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天