ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
小沢氏無罪判決!今日からの反転攻勢を支援するぞ!!

周知のごとく、小沢一郎氏を被告とする政治弾圧・謀略事件の一審は、「無罪」との判決が下された。長きに亘って小沢氏を束縛していた不当な足枷が外されたということに、まずは慶賀の意を表したい。ただ、ここで浮かれるのは禁物だ。

判決内容を見ると、検審による強制起訴を「妥当」としたばかりか、「虚偽記載」と小沢氏の「了承」を「事実認定」し、腐れマスコミ各社に「限りなくグレー」と言わせる根拠を与えてしまっている点で、ほぼ、予想通りの結果では、あった。

だから、大善裁判長の判決を、筆者は手放しで評価はできない。到底、有罪にできるような代物ではない案件を、当然のごとく「無罪」としたのである。いわば、当たり前すぎるほど当たり前のことを当たり前のごとく実行しただけの話。

もし、一万歩くらい譲って、虚偽記載が認定できたとしても、それは修正で済むような話。この程度の「記載ミス」で強制起訴されるとなると、おそろしくて誰も国会議員などやってはいられなくなる筈だ。かなりな現職国会議員が「刑事被告」となる可能性が出てくる。

その程度のことを、いかにも「世紀の大疑獄事件」のごとく扱い、それで起訴できなければ、調書を捏造し、検察審査会を誘導してまで小沢氏の政治生命を抹殺せんとした検察権力。そして、そのリークを無批判に記事にし、「小沢=極悪」の方程式を世間に喧伝した記者クラブメディア。

真に指弾され、裁かれなければならないのは、これら明確な「犯罪者集団」だ。犯罪者が冤罪者を検断する、この転倒を、二度とこの国土のうえに現出させてはならない。曲がったことが大手を振ってまかり通る、そんな事態をこのまま許すほど、われわれ民衆にとっての不幸はない。

民衆を欺き、洗脳、あるいは煽動して、政敵を葬ることに利用する。そういったヤカラの一掃こそが、子や孫の未来にとって不可欠である。そして、今度こそ小沢一郎氏が先頭に立って、民衆を不幸に導くことばかりに前のめりになっている現政権を打倒することも。

誰か、ツイッターで呼びかけていた。筆者も大賛成だ。

民主党のサポーターになって、代表選で小沢氏に投票する権利を得よう!!


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20120426191322 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天