ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
枝野に「危険」を口走る資格はない

おひさしぶりです。

公私ともに忙しい日が続いています。

ファシスト石原やハシゲが「新党結成か?」などと、阿呆メディアが騒いでいますね。
たしかに、ここのところ、大きな「ニュース」がないので、馬鹿メディアも飢餓状態なんでしょう。
「雪がたくさん降った」ことがトップニュースとなるくらいですから。

ところで、経産省前のテント村が撤去を警告されたタイムリミットが今日の「5時」だとか。
枝野によれば、これが「大変危険な行為」だとか。
それを聞いて爆笑してしまいました。

「危険」だって~!?

ちょっとした小火(ぼや)に比べれば、あんたが、事故直後、「大丈夫」を連呼して、被爆者を増大させたかもしれない事態のほうが何億倍も「危険」だっての。

冷静な頭で考えて、この地球上でもっとも「危険」な原子力を、あれだけの事故を起こしたあとでもなお、「再稼動」させようと目論む、「この世で最大な危険行為」に「NO!」を突きつける人々に「危険」と指摘するあんたのツラは鉄で出来ているのか。

ともあれ、これで枝野の「民衆の敵」度がまたまたアップしました。
この男がこの世に存在すること自体に異議を唱えたい衝動に、今日も駆られてしまいました。

これから、一眠りしたあと、愛知に向けて出発。
帰ったら、すぐに千葉に向けて出発。
来月5日頃まで、忙しい日々が続きそうです。

それでは、また。

【送料無料】原発の闇を暴く

原発の闇を暴く
東日本大震災によって引き起こされた福島第一原発事故。これは断じて、想定外の天災ではない。明らかな「人災」である。チェルノブイリ事故直後に『危険な話』を刊行した広瀬隆。10年前に浜岡原発事故のシミュレーションを連載し、著書『原発崩壊』で今日の破局を予見した明石昇二郎。原子力発電の危険性と原子力行政の暗部を知り尽くす2人が、「あってはいけないことを起こしてしまった」構造とその責任の所在を、“実名”を挙げて徹底的に白日の下にさらす緊急対談。危機にある国民が、「原発」について真摯に考えるための必読書!


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20120127173938 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天