ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
上杉隆氏批判を呟いたら訂正要求をされた(2)

(昨日の続き)
しかし、勘違いということもあるかもしれません。
番組をそんなに集中して観ていたわけではないのでなんとも自信がありません。
人間の記憶というものは、主観が混じるために、実に曖昧なものです。
それで、一応、不本意ながらも、ご本人に謝罪をすることにしました。
今となっては後悔しています。
後に記すように、ぜんぜん、謝罪などする必要がなかったのですから。

@uesugitakashi 勘違いがあったかもしれません。申し訳ありませんでした。女性司会者がそれではどうして小沢さんは黙っているんですかとの問いにそうですよねと同調されているように感じたものですから。
http://twitter.com/hataeiji/status/10757000810
(後にこの記憶が正しかったことは、あとで詳述します)

仕事で外に出ていることが、残念でなりませんでした。
家にいれば、すぐ、録画した番組を検証して、的確に対処できたのに・・。
このまま、「デマゴーグ」「捏造者」としての汚名を着せられたままでいないといけないのかと・・。

そして、遅くに帰りついたら、奥様が「サリン事件」の番組を視るというので、番組検証は11時過ぎまで待たなければならず(笑)、その間阿修羅掲示板などを覗くと、あの番組を僕のように視ていたひとがいることが確認され、意を強くしました。
それまでは、たとえば

uesugitakashi 北の大地からのつぶやきに感謝してみる。 QT @keiichiroasari 観てましたけど、この人たち、誰かと間違えてるんじゃ。じゃなかったら明らかに耄碌とデマコーグ。あまりに酷いねつ造が目の当たり。 QT @hataeiji QT @yamazakikoutaro
http://twitter.com/uesugitakashi/status/10753434478


となりの麗子さんからのつぶやきにも感謝してみる。QT @reiko0306いやそうじゃないと思うよ。。与えられた制限の中で「小沢が解任を指示したのではない」ということを強調。生方は小沢の強権でやめさせられたと印象づけたかったところをね。RT @hataeiji
http://twitter.com/uesugitakashi/status/10753565986


観ていた人で、並の知能があれば解説するまでもないですよね(笑)。QT @reiko0306いやそうじゃないと思うよ。。与えられた制限の中で「小沢が解任を指示したのではない」ということを強調。生方は小沢の強権でやめさせられたと印象づけたかったところをね。RT @hataeiji
https://twitter.com/keiichiroasari/status/10753688043

なんていうツイート群を見せられて、「う~ん、僕の観方が間違っていたのかな?」という気持ちを持たされていましたから。

11時を過ぎて「サリン」の特別番組も終わり(笑)やっと検証することができました。
その内容の、上杉氏の発言とその前後を、出来るだけ正確に、ここに書き起こしてみます。

司会者「民主党の副幹事長はこれだけたくさんいるんですよね」(と、フリップを示す)
上杉氏「副幹事長って小沢さんの元秘書とか側近みたいな人が多いですよね。ところが彼らは『きっと小沢さんがこう思うであろう』ということを勝手に忖度して、それでもって、高嶋さんが(生方副幹事長への辞任勧告を)決断した、と。しかし、小沢さんは生方さんに対して『そこまでする必要がない』と言っているわけですよね。にもかかわらずいかにも小沢さんが指示したという形で下りてくるというのは、それこそ、捩れたというか、党内の議論の妨げになっているんじゃないかと思うのですが、そのあたりはどうですか(と、横の生方氏にきく)」
それに対して生方氏は、「何も言わないという、そういう小沢さんの手法が民主党の運営を不透明なものにしている」と答える。

たしかに、上杉氏は、前掲のツイートにあったように、今回の辞任は「小沢氏の指示によるものではない」と明言しています。
だからこそ、「生方氏と一緒になって小沢批判」という僕のツイートが心外だとして、訂正要求をしてきたのでしょう。
ようするに、彼の言いたいことは、「生方解任は、小沢氏の指示によるものではなく、側近が勝手に暴走してやったこと。そういう体制が問題である」ということです。
しかし、これが、なんの小沢氏擁護になるというのでしょうか?
小沢氏が指示しようがしまいが、こういうことを言うことによって、番組の企図する「小沢独裁体制」のネガキャンに、上杉氏が一役買っていることは、間違いないでしょう。そして、生方氏への側面からの援護になっていることも明らかでしょう。
上杉氏の問いかけが、さらに生方氏の「言いたい放題」を引き出してるところを見ると、ご本人の主観はともかくとしても、これは見事な「タッグ」を組んでいると言っても差し支えない。
少なくとも、「小沢独裁」を印象づけたい番組のコンセプトに沿ったものであるということが言えると思います。

ただ、上杉氏が民主党に批判的であろうが、どうであろうが、もはや、僕にはどうでもいいことです。
「旧勢力批判の旗手」として勝手に期待し、幻想を抱いたのは、僕のほうですから、上杉氏に罪はありません。
だからこそ、「僕がバカだった」とツイートしたわけです。
番組のネガキャンに一役買っている氏は、もはや、腐ったドブのようなマスコミに足を突っ込んだ凡百のコメンテーターのひとりに過ぎません。
その点では、横に座っていたデーヴ・スペクターと、ドブに突っ込んだ足が片足か両足かの違いだけです(笑)

ここで僕がすべきことは、「生方氏と一緒になっての小沢批判」という僕のツイートが、デマではないということを事実をもって、明らかにすることです。
番組の後半の部分で司会者が上杉氏に問いかけます。

司会者「党の執行部の人たちが国民の方を向いているのか、小沢氏の方を向いているのか・・・小沢氏のほうを向いていると捉えられがちなんですが、どうしてこんなことをするのかな、と。上杉さんは、どう思いますか?」
上杉氏「まさに小沢さんの方しか向けないというか、この機嫌を損ねなければなんとかなると思っているのと、小沢さんがこうであると思っているのを先ヨミして、小沢さんが思ってもないことまでやってしまう。今回のことも、小沢さんがやめる必要はないと指示を出しているにもかかわらず、走ってしまっている」
女性司会者「じゃあ、直接言えばいいじゃないですか、小沢さんが!『そこまでしなくていいよ』って!」
上杉氏「その通りですね。(小沢さんは)見てますかね?(笑)」

なんのことはない。
小沢氏の指示によるものではないということを言いながら、番組の意を全身に纏った女性司会者(大下アナ)の一言にあっさり屈してしまい、ヘラヘラ笑っているんです。
なにが「その通り」でしょうか。
党内で自分のいいぶんがうまく通らないからと、外部メディア(しかも産経!)を使って、執行部批判をする。
副幹事長として、党を護るべき立場の者が、党を苦境に追いやるような愚行を、あえておこなう。
一般社会ではクビを切られて当然のことであり、その解任を筆頭副幹事長が決意することの、どこが「暴走」でしょうか。
小沢氏がそれ以上口を出さないのは、副幹事長の総意を尊重してのことではないか。
「鶴の一声」で処分や不処分を決めることこそが、「小沢独裁」となるからではないか。
取材はしていなくとも、そのくらいの観測を述べてもいいのではないでしょうか。
生方氏とともに「筆頭副幹事長の『暴走』」を縷々、批判してきた流れで、女性司会者の言う「小沢批判」に同調するのは、一緒になって批判しているのと同じだと思いますが、違うでしょうか?
以上の「事実」を見て、判断してほしいのですが、僕がツイートしたことは、「デマ」でしょうか?
「捏造」でしょうか?

どうしてこの番組における上杉氏の態度が不快だったかと言えば、生方氏の言い分を、まるごと肯定してしまっている(かのように見える)からです。
批判しているところは、強いていえば、「まだ副幹事長としての身分があるのに、どうして大事な処分を決める副幹事長の会議に出なかったのか?」と生方氏に訊いたところぐらいでしょうか。
しかし、「出ようとしたが『お出にならないほうが良い』と言われた」と、ますます、「幹事長室」の印象を悪くするような生方氏の発言を引き出す結果にしかなっていません。

それと、あれほど、「検察の恣意的な捜査」を批判してきた上杉氏が、「秘書を三人逮捕された小沢幹事長がなぜ辞任しないのか」と推定有罪を口走る生方氏を批判しないのはなぜでしょうか?
「秘書三人逮捕」について番組内で上杉氏が言及したのは、以下の部分です。

小沢さん秘書三人逮捕の時は、鳩山さんが小沢さんにちゃんと国会で説明するように申し入れるとメディアに向かって言った。(しかし、今回、生方氏解任の件に関して「党内で議論すればいいのにメディアに向かっての執行部批判は潔くない」とコメントした矛盾を示す)鳩山さんの無責任ぶりについてどうですか。(と、生方氏に水を向ける)


生方氏の推定有罪論を批判しないばかりか、まったく関係のない「鳩山さんのの無責任ぶり」を生方氏に語らせるきっかけとして、その話題を提供しているわけです。

この番組の全体を流れるトーンは、最初から最後まで「風通しの悪い党内を憂い、小沢独裁を打破する生方議員を囲み、応援する会」といった趣きでした。
上杉氏は、ただ「小沢氏が指示してない」と言うだけの、「生方応援団」のひとりとしか見えませんでした。
「いろいろ制約があるなかで、妥協しながら、精一杯のことをやったんだ」という言い訳が聞こえてきそうですが、「小沢独裁」を強調したい番組の意図どおりの役回りをするのであれば、最初から出てほしくはなかったですね。
上杉隆氏は、僕のなかでは、もはや、デーヴ・スペクター(笑)と同じ、「あちら側」の人間になってしまいました。
もともと、そうだったのかもしれませんが。

この番組のなかで、もう一点、上杉氏が小沢氏批判をしているところがあります。
その発言を最後に紹介して、今日のエントリーを終えたいと思います。
長い文章を読んでいただき、ありがとうございました。

女性司会者「鳩山さんもリーダーシップを発揮したいとおっしゃってたのに・・」
上杉氏「鳩山さんに関しては、もともと期待どおりに期待できない(笑)形になってますけど、鳩山、小沢さんに共通しているのは、あまり「説明責任」と言いながらも、そういう部分に関しては、直接的に説明をしない人なんですね、政治家として。周囲がこれまでいろいろやってくれたので、それに乗っかって、甘えてきたということで、実際にこうやって政権をとって与党になったときに、今までのやりかたが一気に露呈してきたというか、膿が出てきた形だと思いますね」

唾棄すべき凡百の御用コメンテーターみたいな、無責任きわまる評論家的言説は、聞きたくもありません。
関心があるのは、自分と、自分の家族と、それにつながるすべてのひとびとの、その未来のみです。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(10) | 20100321182515 | 編集
132|エクリヴァン|20100321201410

私もたまたまその番組を見ており、上杉氏の発言に注目していたんですが…。番組の中のコメントその他の印象についてはまったく同感です。というか、番組全体にバイアスがかかっており、見ていて不快感を禁じえなかった。生方某からは「こういう番組に出る機会が得られれてよかった」という喜々とした感じが伝わってきたし、上杉氏はいきなりメジャーになったせいか、へらへらとして切れ味まったくなし。それよりも生方某が隠し録音していたことに全然触れなかったのはなぜなのか。知らないはずはないと思いますが。もし知らなかったなら「取材不足」ですね(立花氏に哂われるよ)。
今日のサンプロでも録音のことは誰も触れませんでした(オープニングでは音声を流しながら!)。なんだかマスコミ全体が同じ方向に走り出しているようで(小沢つぶし、という方向へ)、非常に危ういものを感じます。
133|廣川 英昭|20100321214837

最近、踏んだり蹴ったりですね。

よく分かりました。
上杉氏は、以前、ダイヤモンドオンライン記事で、嫌な印象を受けていました。
しかし、Twitterのつぶやきと、一連の小沢VS検察の取材で見直していたのですが、映児さんのブログとTwitterを拝見して、あの嫌な印象が蘇りました。

軽薄。

真実を知るのに、労力を惜しんではいけない!と再確認しました。
134|-|20100321215506

このコメントは管理人のみ閲覧できます
135|新聞|20100321215854

e-346普通の番組出演者なら、生方議員e-277に対して、次の質問e-4くらいはするはず・・・。
「1.高嶋筆頭副幹事長との会話を録音機で盗聴e-289して、テレビ局e-288に持ち込みましたか?」
→「(もし、生方議員e-276が録音したと発言したら)与党の国会議員が盗聴e-289するとは、恥ずかしいe-351と思いませんか?これからは、あなたを盗聴e-289議員と呼んでもいいですか?」
→「(生方議員e-277が録音していないと発言したら)では、誰が盗聴e-289し、テレビ局e-288に持ち込んだと思いますか?与党の民主党内で、盗聴e-289されることは、怖いe-447ことだと思いませんか?」などなど・・・。
「盗聴e-289」というキーワードで、生方議員e-277を「質問攻め」にしない番組出演者は、「反小沢のマスコミ」のポチと言われても仕方ない・・・。
136|-|20100321222134

このコメントは管理人のみ閲覧できます
137|kongasound|20100321233224

この件に関しては映児さんの見方に賛成します。

題名は上杉氏に聞いてみたいことです。

小沢氏がどんな人間であろうと、彼の権利は守らなくてはいけない人間としてのモラルがありますが、それを無視したととられてもおかしくない言動を上杉氏は確かにしました。

生方氏の幹事長辞任要求には"推定無罪"及び"検察捜査の是非"にまったく触れていない以上、問題があることは間違いがない上に、ICレコーダーの録音の目的に関しての疑惑?があるのだから、論理的正当性がないのは当然だと思います。

今回の放送で上杉氏は、生方氏の論理の矛盾と訴える手法の是非には全く触れませんでした。 それをおいて小沢氏の辞任に結びつけるのフェアでない。 テレビの前の十分な情報を得ていない人々に向かってそのようなことをいうのは偏向したジャーナリストという他はありません。 

そして「検察も権力だが小沢も権力だ」と言った上杉氏自身も、報道という権力の一部だと示したわけで、彼は権力者としての小沢氏を批判する資格がないといえるのかもしれません

"きっこさん"とのやりとりは彼女(?)が抜いた刀の納め方がマズかったというしかないですね。 これもこちらのブログがメジャーブログの仲間入りをしたということだと思います。でないと彼女(?)は相手にしないでしょう。
138|桜大和王|20100321233722

番組見てないけど、
最後に紹介されてる上杉氏のコメント酷いですね。
真実を知ってるくせに、
無理矢理、民主党批判する
多くのマスゴミの犬と同じですね。
140|智太郎|20100322191029

こんにちは・・気分はいかがでしょうか?暑く感じるのはコチラ静岡県だけですかね?^^静岡県東部地方中心に地域密着型で食材・太陽光発電・訪問介護を軸として事業設立を考察中なんですが150坪以上の利用予定の土地をどう価値的に利用するのかを予想してみました。残りの土地は在日外国人:労働者の住まい(コーポ・マンション)等にしようかなと?まずは事務所からですよね?でも中国人・韓国人は仲が悪い様な情報を聞き・・と言う主旨で記事にしました。タイトルは『在日外国人を使用しての!起業 独立を目指し考察をする:11』です。毎度の楽しんで戴きたいユニーク:おもしろ画像写真では、サンデー毎日から「中国と韓国の間では4世紀前から未だに、喧嘩が収まらずに険悪なムード」「過去に起きた南京大虐殺で日本の軍令違反し中国女性への強姦をしたのは韓国人軍隊だとか言う事」「中国と手を組む小沢幹事長」「アシスタントディレクターが秘技:男子便所小便器トイレセンサーを反応させずに用を足す方法」「外国の笑える天気予報図」「水谷豊もあきれてボケども!」デジカメ写真画像を貼りました。<m(__)m>・・どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。\(^o^)/・・恐縮にも、よろしければ:アドバイス等:1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。
143|mew|20100322223213

長い間、ブログを(ツイッターも?)やっていると、
色々、大変なこともありますけど・・・
めげずに、ガンバです。o(^-^)o
151|max|20100325143004

私も、あの番組をみていました。
映児さんが感じたことと、まったく同様に感じました。

番組の意図した流れと生方氏への上杉氏の反論は「小沢氏の指示によるものではなく・・・・・・・」だけですね。
あとは、生方氏の言い分を基にした番組の流れにそったものでした。

どうして、もっと、生方氏に突っ込みをかけなかったのでしょう。
チャンスだったのに。

自民が新党騒ぎでごたついているときに、思い出したように小沢問題を持ち出したのか、しかも、なぜ反民主報道のサンケイなのか、なぜ党内会話を盗聴しマスコミに流したのか、などの反党行為、獅子身中の虫的なことをするのか、ぜひ突っ込んでほしかった。

上杉氏の記者クラブ批判、検察批判について高く評価していました。
それゆえ、今回の件は大変がっかりです。

ただ、どうも、TVのワイドショウなどに、コメンテーターなどとして出る評論家やジャーナリストは、日頃の発言がトーンダウンするようですね。

 
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天