ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
今日も枝野の軽い舌がむなしく回転していたね


おひさしぶりです。

関西電力大飯原発をめぐって、ストレステスト「合格」の「審査」結果を下した原子力安全保安院。
そもそも初めから「合格ありき」の姿勢で、「手続きパフォーマンス」として行った本日の「公聴会」が大荒れ。
当たり前だ、こんな賄賂をもらった委員だけが「密室」で行おうとする茶番劇を許し、そのまま何もなかったとしたら、それこそ日本人の「民度」が問われるというもの。

「最低限のマナーは守って欲しかった」云々のツイートを散見。
日本人は、表向きだけは行儀が良い。その行儀の良さを逆手にとられて、ながい間、権力のやりたい放題を許してきた。
今まで原発推進派によって連綿と続けられてきた、利権の旨みを貪らんがための暴走に、どんな「マナー」があったというのか。

かけがえのない国土の一部を汚染させ、住民の生活を破壊したその元凶どもが、また新たな悲劇の火種にマッチを擦って点火しようとしているんだ。
体を張ってでもそれを止めなければ、日本人の名が廃るというものだ。
ただ、日テレ(読売)がしたような、「反対派は暴力集団」という世論操作をさせないために、暴力的行動を抑制する、それは当然だ。

しかし、それはあくまで「戦術」だ。
市民を排除して、「密室」のなか、推進派の都合だけで、性急に「ストレステスト合格」をデッチあげる。
それに対して、言論戦で挑んでいく。そのことに、寸毫も「非合理」はない。
むしろ、この国の住民の健康、命を守るために、人間としてやらなければいけないことだ。

ところで、枝野経済産業相は、抗議に来た人々をこう批判したそうだ。
あの場(「公聴会」)は「客観的・科学的・技術的に判断する場」であって、政治的なことを云々する場ではないと。
この男は、いつも「立て板に水」で、かつてのオウムの「ああ言えば上祐」を想起させるほど。

しかし、その舌は軽く回転するのみで、「真実」が持つ「重み」とは、いつもかけはなれている。その点では、「報ステ」の古舘にもよく似ている。
ストレステストに合格さえすれば、「安全」のお墨つきを得られる、というペテンをデッチあげ、なにがなんでも「原発がなくても大丈夫」という事態だけは招来してはならないという、このきわめて性急な動きこそが、「政治的」でなくてなんだというのだ。
「客観的・科学的・技術的に判断する場」を「政治的」に利用しようとしているのは、自分たちではないのか。

あれだけの事故を引き起こしておいて、一年も経たないうちに、原発を再稼動させようとしている。
冷静に考えれば、この感覚こそが「異常」というほかはない。
今、世界でもっとも原発を否定し、排除しなければならない国は、わがニッポン国ではないのか。
それが「倫理」であり、「モラル」というものだ。

それと真逆のことを、「密室」のなかで、ニッポン国住民を排除したうえで強引に行おうとすることを、手をこまねいて見ているわけにはいかないだろう。
70数年前、あの自滅的戦争に暴走する軍部を許してきた当時の日本人に対し、「いったい何をやってたんだ」という思いが少なからずあるが、それと同じことを、われわれが70数年後の子孫に思われてはいかんのだ。

絶対に、いかんのだ。


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20120119032000 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天