ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
売国記者クラブメディアの頭上に大鉄槌を下す日のために

毎日新聞の記者には、超能力者がいるようだ。
さすがに、「相手の顔色を見て取材する」という上司を上にいただくだけのことはある。

民主党:小沢元代表が政権批判強める 消費増税議論に向け

 野田佳彦首相への表立った批判を控えてきた民主党の小沢一郎元代表が、年末の消費増税議論に向け、政権批判を強め出した。消費増税を争点に衆院解散・総選挙が行われる事態に発展すれば、党内でもとりわけ選挙基盤が弱い新人衆院議員を多く抱える小沢グループは激減し、自身の求心力低下が決定的になるとの危機感が小沢氏を突き動かしている。続きを読む


「小沢氏を突き動かしている」か。
なるほど。
ところで、どうして、そんな小沢氏の内心がこの記者にわかるというのだ?
超能力者でもないかぎり、こんなことがわかるわけがないだろうが。

いつも、小沢氏が何か喋り、行動を起こすと、「求心力低下を恐れている」と記者クラブメディアは書き立てる。
それが、ここ20年来、続いているようだ。
しかし、その20年間、小沢氏の求心力が衰えたことはない。
低下しているのは、毎日新聞の販売力だろう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

少しは勉強したらどうだと、声を荒げたくなる。
どうして、自分ら記者クラブメディアの総力をあげて叩いて叩いて叩きまくっても、小沢氏の周囲に人が集まってくるのかを。
「それは、カネの力だろう」と簡単に判断して、彼らはそれ以上の追求を怠る。
偏見やレッテル貼りが、実はそれを行う者じしんの手足を縛るものであることに気づかない、マヌケで愚かなヤカラの姿が、ここにもみられる。

彼らが描く「小沢一郎像」は、天下国家のことより、自らの影響力を守ることに日夜汲々としている「脂ぎった権力亡者」だ。
思い切ったカリカチュアライズで、大衆にわかりやすい虚像をつくりあげ、小沢氏の言動すべてをそれになぞらえていく。
そして、ときどき、こういう「断定」をやる。
小沢氏の今の心境など、小沢氏以外の誰もわからないはずなのに、「自身の求心力低下が決定的になるとの危機感が小沢氏を突き動かしている」とやってしまう。

かりそめにも「新聞記事」だろう。
筆者が書きなぐる拙ブログでさえ、こういう「断定」は恐ろしくてできない。
自らの主観を綴る個人日記ならば、ある程度許されると思うが、しかし筆者はなるべく「ソース」を確認してから記事を書いている。

それに、この「卑小な捉え方」はどうだろう。
ただ単に、これは記者の願望を表現しているに過ぎない。
「小沢一郎」という存在と、その影響力が、どれだけ自分たちの既得権益を脅かすものであるかを自覚している証左といえよう。
いつかも書いたが、記者クラブメディアは、TPPにニッポンが参加しても、自分らの既得権益だけは大丈夫だという確信があると、筆者はみている。
そういう「密約」があるというより、「あ・うん」の呼吸で、「大前提」として、アメリカとの関係が成り立っていると。
あらためて言うが、ニッポンの記者クラブメディアは、アメリカ当局と一体である。

いいか?
「アメリカ帝国の立場」から、わが国の宰相を批判し、「情けない」と断じているんだ。
社会面などで「沖縄のひとびとの思い」をいかにも重んじるような報道をしながら、大局ではアメリカの利害を代弁している。
なんという矛盾だろうか。
「情けない」のは、アサヒのその「植民地根性」のほうだろう。

拙ブログ「アメリカの太鼓持ちをかって出る『天声人語』の『植民地根性』」より


すべての国民の財産を、他国に差し出すことに加担する。
そんな、記者クラブメディアの頭上に、いつか大鉄槌を下す日のために、この命を燃やしながら、一歩、一歩、歩み続けたい。

【送料無料】渡邉恒雄メディアと権力

渡邉恒雄メディアと権力

「一千万部」の力を背景に首相をも動かし、世論を操ろうとする読売王国の総帥、渡邉恒雄。屈折した少年期、主体性論をひっさげた東大共産党時代、そして粛清を重ねて新聞社社長の座に登りつめるまで。稀代のマキャベリストのすべてを白日の下に曝す決定版評伝の文庫化に際し、玉木正之氏との白熱対談を収録。





関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20111124013921 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天