ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
通販生活「原発国民投票」特集号のCM放映を断る最低テレビ朝日

これは、看過できない、と思ったので一言。

「通販生活」は、奥様がよく読んでいて、これで分別ごみ箱とか、浄水器とか、簡易掃除機とかを購入した。
また、並みのカタログ雑誌とは違い、それなりに読ませる記事があったので、僕なりに評価していた。
まあ、辛坊治郎をCMに起用したときは、鼻白んだりしたのだけれど──。

本日、この「通販生活」がtwitterのTLで話題になっていた。
いやあ、ひどいね。
いやいや、「通販生活」が、ではなくて、テレビ朝日が、なんだけど。

通販生活の「原発住民投票特集号」CM テレビ朝日が流さず

通販雑誌「通販生活」(カタログハウス発行)のテレビCMが放送を断られたとして、波紋が広がっている。同誌は環境問題について意見表明をすることも多く、最新号の巻頭特集は「原発住民投票」。同誌側は「あくまで雑誌を宣伝するためのもの」と話すが、現時点では、原則として一部の政党CM以外の意見広告はテレビでは流れない。このCMも、テレビ局側は意見広告だと受け止めたようだ。


「巻頭特集は『原発国民投票』」と読み上げる

テレビ放送されなかったCMは、ユーチューブ上で公開されている カタログハウスが定期的にCMを流している唯一の番組がテレビ朝日系の「報道ステーション」だ。だが、カタログハウスの広報担当者によると、最新号のCMについては放送できないという連絡が広告代理店を通じてあったという。

CMは、黒地に「原発、いつ、やめるのか。それとも、いつ、再開するのか。それを決めるのは、電力会社でも、役所でも、政治家でもなくて、私たち 国民一人一人。通販生活秋冬号の巻頭特集は『原発国民投票』」
とテロップが流れ、男性がその内容を読み上げるというもの。最後に、「一日も早く、原発国民投票を」と書かれた表紙が表示され、男性が「全国書店で発売中」と読み上げてCMは終わる。本来ならば、放送を断られて「お蔵入り」になるはずのCMだが、カタログハウスのユーチューブ公式チャンネルで公開されている。現時点で、3万8000回以上再生されている。



書店では11月15日に発売された「秋冬号」の特集では、原発の賛否についての国民投票を求める論調が展開されている。具体的には、インタビューで国民投票に否定的な発言をした民主党の前原誠司政調会長の発言を、国会議員は官僚や選挙区の影響を受けやすいこと引き合いに「そんな議員さんたちと比べて国民は理性的、客観的な判断力で劣るとは言えないと思うのですが」などと批判。それ以外にも、「『原発なしでは電力需要はまかなえない』のウソ」と題して、「脱原発」に向けた識者4人の主張を5ページにわたって掲載している。

カタログハウス「CMは、あくまで秋冬号の宣伝のため」

 今回の問題をめぐっては、コラムニストの天野祐吉さんも、11月21日に更新したブログの中で、

「ま、テレビは政治的な意見広告を扱わないことになっているので、これを政治的な意見広告と判断したんでしょうが、さて、どうなのか」
と疑問を呈しており、11月23日の朝日新聞に掲載予定のコラム「CM天気図」でも「意見(異見)」を表明するという。

なお、枝野幸男経産相は、原発の是非について国民投票を行うことについて、9月20日の会見で「あるテーマが、2つの意見のイエス・ノーで割り切れるテーマであるのかどうか」「そうした意見を、国民投票のような形で今判断するということは不可能だと思う」と述べている。国民投票の実施を求めること自体も政治的主張のひとつだとみることもできそうだ。

もっとも、カタログハウスの広報担当者は「CMは国民投票を呼びかけているのではなく、あくまで秋冬号の宣伝をするもの」と話しており、純粋な商品広告に過ぎず、意見広告ではないとの立場だ。

テレビ朝日広報部では、「当該CMについては放送をしておりません。個別の判断理由はお答えしておりません」と、ノーコメントだった。


今まで、原発安全神話をこれでもかと連呼してきた電力会社のCMだって意見広告みたいなもんだろう。
それは野放図に流して、国民に「安全」を洗脳して、結果、子供を含む夥しい人々を被爆させた「一味の仲間」が、せめて、この程度のCMを流すくらいな「罪滅ぼし」をすべきではないのか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

「報道ステーション」では、キャスターのフルタッチだって、毎日勝手なことをわめいているではないか。
ああいう、粗雑な「意見」を好きなだけ喋らせるより、このCM一本流したほうが、どれだけ世のため、人のためになるか。

とにかく、民法は最低だ。
1チャンネル残らず消滅することを望む。

【送料無料】こういうこと。終わらない福島原発事故

こういうこと。終わらない福島原発事故

第1章 福島原発で起こっていることー東京・豊島公会堂での講演会より(広瀬隆)(福島の子どもたちを守りたい/事故は現在進行中/大変な放射能が漏れ出ている/配管が破損している/津波の前に地震で壊れた/なぜ情報を隠すのか/「チェルノブイリの1割」報道/全原発とも「安全停止」不能/津波は「想定外」だったのか/デタラメ発表と受け売り報道 ほか)/第2章 食卓にしのびよる放射能ー放射能測定にもとづく報告(鈴木千津子/山崎久隆(たんぽぽ舎))/第3章 子どもたちを守りたいー福島のお母さんたちに聞く(成澤宗男(『週刊金曜日』編集部))











関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20111123015429 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天