ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
無能者が導く「亡国」への道

先日の参議院予算委員会で、TPP参加問題に於ける最大の懸念材料である「ISD条項」の存在を、「熟慮を重ねた」はずの野田首相が知らなかったという驚愕の事実が発覚したわけであるが、そういう低いレベルの認識のまま、「参加各国と協議する」ことをぶちあげたこの無能者が、ついにホノルルへ出かけてしまった。
そして──。

TPP、首相さっそく厳しい洗礼 加盟国会合招かれず 

オバマ米大統領が12日朝にホノルルで開く環太平洋経済連携協定(TPP)交渉9カ国の首脳会合に、野田佳彦首相が招待されない見通しであることが11日わかった。9カ国が積み上げた交渉の成果を大枠合意として演出する場に、交渉参加を表明したばかりの日本は場違いとの判断が背景にあるものとみられ、TPP交渉の厳しい「洗礼」を受ける形だ。

 日本政府の一部には、野田首相がアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議前に「交渉への参加」を表明すれば、TPP首脳会合にも招待される可能性があると期待があっただけに、落胆が広がっている。TPP交渉を担当する日本政府高官は「日本(の出席)は少し違うということだろう」と語り、現時点では、出席できない見通しであることを認めた。

 昨年11月に横浜であったAPEC首脳会議の際にも、TPP関係国の首脳会合が開かれ、当時の菅直人首相がオブザーバーとして招かれ参加していた。(ホノルル=尾形聡彦)


そもそも、参加各国が「議論を積みあげ」「大枠で合意した」段階で、交渉に加えて貰おうとすること自体がおかしい。
遅れてきた青年、ならぬわがニッポン国に、すでに「発言」や「要求」する権利も資格もないだろう。参加各国にしても、これほど「ウザイ」ことはないと思う。
仲間に入れてもらえたければ、圧倒的に不利な条件をすべて呑む以外に道はなく、それはそのまま、「国の死」に続く道であるのだ。

この記事の裏に、「お前、そんなに仲間に入れてもらえたければ、なんもかも全部、差し出せ」という冷ややかな態度が感じられて仕方がない。
アメリカ通商部のカーク代表も、案の定、こう言い放った。

、「交渉に加わるためには、日本は、貿易自由化に向けてTPPの高い基準を満たすと共に、農業やサービスなど米国が懸念する具体的な問題に対処する用意をしなければならない」

なんで、こんな言われ方をしてまで、参加させてもらわなければならんのだ?
これこそ「国辱」以外のなにものでもない。
「自ら高し」とする武士の矜持はどこへいった?

※ご無沙汰いたしております。問題が生じて、ブログのデザインを変えました。
これから、内容も充実させて、更新につとめてまいりたいと思います。
よろしくお願いいたします。





関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20111113010356 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天