ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
東電・官僚の天下り50人以上!霞ヶ関大事の野田官僚ポチ政権は打倒するしかない!

 東京新聞の「川柳」の欄に、以下の秀句が発表されていた。

 人住めぬ山河残して再稼動 

 死の町にした者たちが追及し

 手厚いより分厚い補償請求書

 東電のビルは守ってデモ逮捕

 
 きちんと自分の頭でものごとを考え、真摯な目を世情に向けている人は、何もかもわかっているのだ。何が真実で、何が嘘であるかを。


 川柳は、庶民の偽らざる「思い」の表出だ。「お上」の不公平さや理不尽さを韜晦する姿勢の底には、大いなる「怒り」が存在する。僕らはもっと、もっと、怒っていい。

否、怒らなければならないのだ。

 大きな怒りが、09政権交代を成し遂げるまでに至らせた。富める者はますます富み、貧しい者は明日の暮らしも成り立たず、生きるのに下手な者は路頭に迷い、自らの命を断つまでに追い込まれていた。

 「霞ヶ関」のお役人だけが、一生の安楽を保証される仕組み──この腐った「不公平さ」をなんとしてでも破壊してほしい。あのとき、投票用紙の政党名欄に「民主党」と書いた多くの人々の胸に、その思いがあったはずだ。

 マニフェストにあった「天下りの全面禁止」という一項。これがあったから、民主党に入れたという人も多かったであろう。政権交代後、この政策は着々と進められつつあった。しかし、理不尽な裏権力による与党幹事長への攻撃が、何もかもを反故にしてしまった。

 鬱屈した思いに沈んでいた役人どもは、内心、快哉を叫んだであろう。自分ら役人の一組織である検察が動いてくれて、「天下りの全面禁止」政策を打ち砕く端緒を開いてくれたのだから。あとは、市民運動家あがりで世間知らずの首相を篭絡すれば良かったのだ。

 そして、「天下り」は復活した。役人どもは「わが世の春」を、ふたたび謳歌しはじめた。そこに起こったのが、東日本大震災と福島第一原発のクラッシュだ。とくに人類史上最悪の「人災」となった原発事故は、官庁と電力会社のもたれあいが引き起こしたものと言っていいだろう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

 東電:官僚天下り50人以上 ゆがむ原発行政(1)(毎日新聞 2011年9月25日)

東京電力に「嘱託」などの肩書で在籍する天下り中央官僚が47人(8月末)に上ることが24日、毎日新聞の調べで分かった。次官OB向けの「顧問」ポストも加えれば50人を超え、出身は所管の経済産業省から国土交通、外務、財務各省、警察庁、海上保安庁と多岐にわたる。東電福島第1原発事故では安全規制の不備が指摘されるが、原子力行政に携わった元官僚は(当局と電力会社との)癒着が安全規制の緩みにつながったと認める。

 6月28日、東京都港区のホテルで開かれた東電の株主総会。株価暴落で多額の損失を出した株主から「なぜムダな天下りを受け入れ続けているのか」との質問が相次いだ。山崎雅男副社長は「電力事業には(いろいろな)知識を持った方が必要」と答弁。事故の巨額賠償負担で経営が揺らいでも天下りを切れない電力会社の体質を浮き彫りにした。

 経産省キャリアOBの最上級の天下り先は東電副社長ポスト。次官OBの石原武夫氏に始まり、資源エネルギー庁長官や次長経験者が10年前後の間隔で就いてきた。今年1月には、昨年8月に退任したばかりの石田徹エネ庁前長官(当時)が顧問に天下り。東電は「慣例通り副社長に昇格させる予定だった」(幹部)。しかし、「退職後2年間は所管業界に再就職しない」という自民党政権時代に作られたルールを逸脱していた上、原発事故による行政批判も重なって、4月に顧問を退任せざるを得なかった。

 経産省は関西など他の電力各社にもそれぞれ元局長や審議官、部長クラスを5人前後ずつ役員や顧問として再就職させている。

 ◇報酬、霞が関以上に
 
 中央省庁OBを幅広く受け入れる東電のような余裕は、独占事業ではない他の民間企業では考えられず、経済官庁幹部も「東電など電力は再就職の最大の受け皿」と認める。
 東電関係者によると、天下り官僚の肩書はキャリアOBなら「顧問」、ノンキャリア出身者なら「嘱託」。報酬は「霞が関での最終ポスト時代を下回らないのが暗黙のルール」(経産省OB)だ。

 東電は「国交省や警察庁OBに電源立地対策で知見を発揮してもらうなど、経営に役立っている」と説明。しかし、財務や外務官僚OBの場合「本命の再就職先が決まるまでの腰掛けで東電に入り、給料だけ払うケースも多い」(東電関係者)。

 ◇「世話になれば無言の圧力」
 
 天下りを通じた当局と電力会社のもたれ合いの弊害は原発行政にも影を落とした。1979年の米スリーマイル島の原発事故などを教訓に、欧米当局は、原発事業者に地震など災害対策や炉心溶融など過酷事故への実効ある対応策を厳しく義務付けた。しかし、日本では事実上、電力会社任せとなり、津波で全電源が喪失した福島原発のようなずさんな対応が取られた

 元原子力安全・保安院長は「欧米並みの規制を導入すべきだとの意見もあったが、コスト負担に反発する電力会社に押し切られた」と説明。元原発検査官は「上司のキャリア(官僚)が退官後、電力会社に世話になっていれば、無言の圧力がかかるのは当然」と話す。【三沢耕平、野原大輔】


 東電は巨額の賠償請求に応ずるため、社員の大幅なリストラ計画を発表したらしいが、まずは断行しなければならないのは、これら「天下り幹部社員」の徹底した整理だろう。そして、政府は、東電幹部個人個人の責任を、徹底的に追及するべきだ。

 こいつらの私財を没収するというのは、法的には無理なのか。身ぐるみ剥いで、原発難民と同じレベルの生活まで落としてもらう。そういうことをやったうえで、はじめて「増税」だの「電気料金値上げ」だのを口走ることが許されるというものだ。

 ともあれ、「天下りの全面禁止」は僕ら庶民の悲願である。まったく反対の方向を向ていることが明らかな野田政権は、原発事故を何ひとつ教訓化できてないどうしようもない反動政権だ。やはり、打倒していくしかないだろう。

【送料無料】天下りの真実

天下りの真実

官僚組織の「聖域」についにメスが入る!「NPO」という造語を考えた著者が、真の公務員制度改革とは何かを示す!公益法人が天下りの温床となっている実態を明らかにしたデータも一挙公開。



関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20110926044432 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天