ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
検察に「倫理規程」が必要なら朝日新聞も同じだ

検察の倫理、明文化 不祥事受け「無実で罰さぬように」 

大阪地検特捜部の不祥事を受けた検察改革の一環として、検察の使命や役割を内外に示すために最高検が設ける「検察基本規程」の原案が判明した。「無実の者を罰しないように」「証拠の冷静な評価と管理を」……。検察官にとって当然の項目ばかりだが、改めてうたわなければならないところに、今の検察の苦境が見える。

 検察には、国家公務員としての服務規律以外に、職務上の行動基準を明文化したものはなかった。法相の私的諮問機関「検察の在り方検討会議」が3月にまとめた提言の中で、「倫理規程」の策定を求め、江田五月前法相が笠間治雄・検事総長に指示。検察職員から最高検が意見を募り、原案をまとめた。外部の有識者に示し、今月28日に全国の検察幹部を集めた会議にはかってから公表する予定だ。

 原案は、総論的な基本理念に加え、捜査・公判の実務にあたるうえでの10項目の心構えで構成される。

 基本理念には、「常に有罪を目的とし、より重い処分を実現すること自体を成果とみなすかのような姿勢になってはならない」「己の名誉や評価のために行動することを潔しとせず、時としてこれが傷つくことも恐れない」などの表現を盛り込んだ。

 

「無実の者を罰さない」って、そりゃ・・・。

 当たり前のことやんか!!

 今まで、無実の者を罰することも、ときには厭わんかったとでも言うんか!

 い・・・言わずとも暗黙の了解だったのか、そうか(汗)


 ところで、明日の陸山会事件一審判決を前にして朝日のこの報道だ。

 どういう意図があるんだ。

 検察不利をさとって、大急ぎで「反検察」にシフトさせてるってのか。

 しかし、あんたらが小沢犯人視報道を繰り返した「事実」は消えないぞ。

 どんなに、過去記事を削除したところで、俺たちの記憶にはしっかりと刻まれているんだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。


 藤田まこと死去の折に、こんな漫画を載せたことは、忘れはしない。

CA3G0015.jpg


 検察と組んででっち上げに加担したあんたらに、検察を云々する資格はない。

 メディア改革の「倫理規程」を定めなければいけないのは、あんたらも同じだろうが。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20110925210620 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天