ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
山本太郎氏「告発」にみる似非ウヨクと警察・検察権力の弾圧連携プレー

 「保守」を名乗り、「市民団体」を装った反動似非右翼が、言いがかりのような「刑事告発」をし、あらかじめ打ち合わせていたように、検察当局が受理する。あらたな「民衆弾圧」の「ひな型」として、この形式が定着していくような気がする。それは、小沢一郎氏にかけられた理不尽な検察審査会による強制起訴攻撃から始まったと言っていいだろう。

 小沢氏は、いうまでもなく「政権交代」の最大の功労者にして、その象徴だった。今、「反原発運動」の象徴といっていい、ひとりの俳優が、同じ形式で「刑事被告人」にされかかっている。象徴を罰することで、後に続く者への「見せしめ」とする。全国的な盛り上がりを見せてきた反原発運動に対する権力の「恐怖」は、相当なものがあるのではないか。
 


山本太郎、佐賀県庁侵入容疑で告発される!「何があっても覚悟している」収入は以前の10分の1…覚悟の闘い


俳優の山本太郎が、佐賀県庁への建造物侵入容疑で京都市在住の行政書士に告発された件に関し、ツイッターでコメントを発表した。

 このたび山本を告発したのは、京都市に住む27歳の行政書士の男性。7月11日に玄海原発の再稼働に反対する抗議活動の中で、佐賀県庁に突入し嘆願書を手渡した山本の行動に対し、告発状を郵送したことを、自身のブログで告白していた。ブログには、告発文も掲載されており、「被告発人のような過激なものを野放しにせず、厳重な処罰が行われるよう、速やかに捜査に着手することを求める……(中略)」という内容となっている。この男性は、今月21日付のブログで佐賀地検から告発状を正式に受理したという連絡を受けたことを発表。一部報道でも、「山本太郎が、佐賀県庁への建造物侵入容疑で告発」という一報が駆け巡った。

 報道を受け、山本は、自身のツイッターで「告発なう?(笑)何があっても覚悟してるよ。それが闘うって事でしょ。僕の事は自分で決着つけるから心配しないで。皆は不条理を押し付けられている人々に引き続き手を差し伸べて下さい。そしていまだ甘い汁を吸い続ける権力への監視も!m(_ _)m(原文ママ)」と、真正面から闘う姿勢をみせた。山本は、3月11日に起きた東日本大震災による福島第一原発での事故以来、反原発運動に精力的に参加。今月19日に行われた脱原発パレードにも参加し、東京・代々木公園で「いま、生き延びるためには原発を一斉停止するしかない」と語りかけた山本は、「本当のことはテレビ、新聞で流れない、そのために声を上げましたが、収入は今、十分の一です」と事務所を辞めたあとの現状を語りながら、「いま立ち上がる大人、本気の大人、そういう人たちがひとつになる必要があると思う」と訴えた。彼に賛同している人に与えたショックは大きかったようで、ネットでは「見せしめ告発としか思えない」「山本太郎を救え!」というツイートが早くも拡散され始めている。告発文を受理した佐賀地検が、山本を起訴するかどうかはまだ分からないが、これからの動きに注目したい。(



この「告発」を行ったのが、京都の行政書士氏というから驚く。佐賀県庁が舞台の「事件」を、どうして700キロ近く離れた京都の人間が「告発」するのだ。してはいけないという法はないが、常識的な精神の平衡感覚からみて、大きな違和感を感じざるを得ない。この「告発者」のブログ記事を目にしたので、そのまま引用する。

 山本太郎氏らを佐賀地検に告発しました(ブログ京都党をまじめに考える会)

7月11日に反原発団体が佐賀県庁に「突入」(マスコミの表現)した事件がありましたが、ご記憶にございますでしょうか?「突入」した人物の中に俳優の山本太郎氏がいたことで、大きく報道されました。

このニュースを見て、私は大変な怒りを覚えました。少し前に同じようなことをやった在特会が摘発されたのは記憶に新しいところですが、本事件では捜査機関が捜査を着手したという報道もなされていないことから、7月14日に佐賀地検に告発状を郵送しました(7月22日に一部訂正した告発状と証拠も補充して再送しました)。

「告発状を速やかに受理し、同封致しました告発状副本に受理印を押印して、告発人住所地まで遅滞なくご返送頂きたくお願い申し上げます」という添え状を付けたのですが、未だに受理印を押印した副本は私のもとに届いておりませんので、告発状が受理されたかどうか不明です。

佐賀地検から一度電話がありましたが「あなたが告発状を提出されたことに間違いありませんか」「告発状は警察など他の捜査機関にも提出されていませんか」という事実確認のみで、「受理するかどうか検討中」とのことでした(ちなみに告発状は検察のみにしか提出していません)。

佐賀地検から電話があった日から既に約1ヶ月経ちましたが、未だに捜査が開始されたという報道はなされていません。やはり、私は腰が重い検察を動かすためには「地域政党京都党 代表村山祥栄」の名前で告発するのが一番ではないかと思料します。京都市とは一切関係ない事件ですが、わが党の代表に告発への協力を要請したいと思います。

以下、告発状に記載した告発事実の全文です。

反原発団体の構成員・支持者である被告発人は平成23年7月11日、佐賀県庁前で玄海原発2・3号機の再稼働に反対する抗議活動を展開した。
被告発人は原発再開反対の請願書を佐賀県知事に渡すために佐賀県庁に立ち入ろうとしたが、管理権者である佐賀県は「庁舎管理の面から制限せざるを得ない」として県庁の正面玄関を含む多くの出入り口を封鎖する措置をとり、被告発人の県庁立ち入りを明白に拒否した。
こうした県庁の対応に反発した被告発人は県職員と押し問答の末、被告発人は管理権者の意思に反して県庁に侵入した。
県職員はバリケードを築いて被告発人の侵入を必死に防いだ。被告発人の中には警備員を羽交い絞めにする者もいた。
結局、被告発人は知事との面会はかなわず、県民ホールで原子力安全対策課の職員に請願書を手渡し、立ち去ることとなった。
このような被告発人の所為は憲法が保障する表現の自由から著しく逸脱するものであり、法治国家として是認できるものではない。県職員(とくに女性職員)の中には被告発人の本件所為に畏怖したであろうことは想像に難くない。
本件事件が発生してから相当な期間が経過しているが、未だに被告発人を被疑者とする捜査が行われているという報道はなされていない。従って、被告発人のような過激な者を野放しせず、厳重な処罰が行われるよう、速やかに捜査に着手することを求めるため、敢えて告発に踏み切った次第である。


山本太郎氏がバリケードを乗り越えたのかどうか。一応、乗り越えてない証拠として拙ブログも、以下の映像を貼り付けておこう。

 

 「乗り越えた」どころか、どう見ても、山本氏は暴発寸前の支援者たちを抑えようとしている。職員の持つバリケード用の板?を、強引に揺らしている支援者のひとりに、「ちょっと待った」と制止し、「平和的な話し合いをしないと、この人たち(県庁職員)はバリケードをどけてくれない」と全員に諭している。

また、以下は本日、「告発受理を受けて」更新した「告発者」の記事だ。

2011-09-21 19:34:07

告発状受理の件


俳優の山本太郎氏を含む反原発団体の構成員・支持者を佐賀地検に告発した件について、先日、佐賀地検から電話があり、告発状を正式に受理した旨の連絡を頂きました。

これを受けて、マスコミ各社に情報を流したところ、共同通信、朝日新聞、読売新聞から電話にて取材を受けました。

尚、マスコミ報道をご覧になられた方から多数のコメントを頂いておりますが、今回の告発は「地域政党京都党」は一切無関係です(告発について党への協力要請は行いませんでした)。または私は「地域政党京都党」の末端の党員です。本ブログも個人的に開設したものです。このことをよくご理解して頂きたいと思います。


 もう遅いって。すでに「山本太郎氏告発=京都党の仕業」ということは、すごい勢いで拡散されてしまっている。また、このブログが「幸福の科学」の広告を掲載していた(すぐに削除)ことにより、「京都党=幸福の科学」という憶測も広まってしまっている。京都党のイメージダウンはいかばかりか。

 ともあれ、九電と謀ってヤラセを主導し、住民との対話もバリケードを築いて拒否するような佐賀県当局には怒りを向けず、職業を捨てて福島の子供たちの為に起ち上がった人に怒りを向ける、この御仁の捩(ねじ)れきった「正義感」には恐れ入る。「芦田裕介」氏とかいう行政書士だそうだが、こういう人物で構成される「京都党」とはいかなる「党」か。

 京都の共産党系サイトで、こんな記事を見た。



クリックでpdf版表示

福祉を切り捨てて、お年寄りなどの弱者も自立しろなどという「敬老の念」に乏しい「保守」政治家をどう思う?どうも最近の右派は、昔と違って、儒教的な倫理観さえ、そのかけらも持ち合わせていないようだ。競争と自己責任の弱肉強食社会を夢見るこれらの地方政治屋どもは、打倒対象以外の、何者でもないだろう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

 新しさを装いながら、その正体は、自民に公認をもらえなかった自民くずれが、昨今の「地域政党ブーム」を利用することで活路を見出そうとした俗物政治集団といっていいのではないか。「原発のない京都で原発反対はおかしい」などとアホなことをぬかしているようだが、四つも原発がある福井県に近い京都こそ、堂々と「原発反対」を訴える資格を持っていよう。

 これからも、さまざまに、「市民を装った権力」の攻撃が熾烈さを増してくるだろう。この「告発者」の最初のブログ記事に在特会に触れた部分がある。(「少し前に同じようなことをやった在特会が摘発された」という部分)おそらく、在特会に近いか、シンパシーを感じている御仁だと思われる。

 似非ウヨクやヤクザ暴力団を走狗にして、民衆を弾圧するやり方は、この国の為政者や権力者の得意とするところだ。9・11デモで在特会にデモ隊を挑発させ、逮捕者を出さしめたあの「似非ウヨク-権力連合」と、今回の山本氏にかけられた「刑事告発」攻撃は、その構図において同根であると断じていいだろう。

 これからも、とんでもない策動や攻撃が、目覚めたニッポン民衆に集中してくる。それに真正面から抗するには、僕らひとりひとりの「言論」しかない。言論は、記者クラブメディアの独占ではない。われわれ国民のものであることを肝に銘じ、権力と対峙していく覚悟が、これから必要になってくるだろう。

 拙ブログは、権力の陥穽に落とされかかった小沢一郎氏とともに、山本太郎氏を支持し、応援し、めちゃくちゃ微力ながらも、なんとか支えていくため、徹底した言論戦を繰り広げていきたい。彼を「刑事被告人」にしてしまうことを許すかどうかに、ニッポン人の「民度」がかかっているといっても過言ではない。どうか読者諸兄も、この「言論戦」に起ちあがっていただきたい。

【追記】※3月22日現在、上記の行政書士「芦田裕介」氏のブログは、昨夜から今朝にかけて、記事のすべてが削除されています。人にいわれなき告発を濫用しておきながら、コトが大きくなるとコソコソと遁走する。読者諸兄はどう思われますか?

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20110922023743 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天