ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
福島市民を「棄民」とすることにしたらしい冷酷非情な菅政権



せっかく集めてきた署名も受け取らない、この政府役人のふて腐れた態度には、はらわたが煮えくり帰る。
福島県民は、彼らにとってはすでに「国民に非ず」「人に非ず」なのか。
あくまで、追い縋って署名を受け取ることを「お願い」した年配の男性の気持ちがヒシヒシと伝わってくる。
ニッポン国民として、人間として、国そのものから否定されたのだ。そのやりきれない思いは、察するに余りある。
民主党政権が、これほど冷酷非情になるとは、思ってもみなかった。
そんな自身の甘さに腹が立ってしかたない。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

国家にとって、福島市は安全でなければならないのだ。
安全でなくても、安全でなければならないのだ。
そういう、国としての事情があるのだ。
それは、2ちゃんねるに投稿された、高校教師によると思われる書き込みに明らかだ。

世界で一番悲しい街・福島市の高校生の絶望聞いて

ある授業で少し原発のことに触れた。「3号機が不調のようだね」と言うと、
男子生徒が怒ったようにこう言った。「いっそのこと原発なんて全部爆発しちまえばいいんだ!」

内心ぎょっとしつつ、理由を聞いた。
彼いわく「だってさあ、先生、福島市ってこんなに放射能が高いのに避難区域にならないっていうの、おかしいでしょう。
これって、福島とか郡山を避難区域にしたら、新幹線を止めなくちゃなんねえ、
高速を止めなくちゃなんねえって、要するに経済が回らなくなるから避難させねえってことだべ

つまり、俺たちは経済活動の犠牲になって見殺しにされてるってことでしょう。
俺はこんな中途半端な状態は我慢できねえ。 だったらもう一回ドカンとなっちまった方がすっきりする」
とのことだった。

こういう絶望の声は他の生徒からも聞く。
2年生は吐き捨てるように言った。
「なんで俺ばかりこんな目に遭わなくちゃなんねえんだ。どうせなら日本全部が潰れてしまえばいい!」


国の事情のために、命を的にされた「棄民」の群れがこの国に存在する。
日韓政府によるヤラセ・ガス抜き茶番劇に目を逸らされてはならない。
「竹島(独島)」は、日韓両政府が共通して利用する、国民統合のためのツールである。
海の真ん中に頼りなく存在する岩礁の領有を争うことが「愛国」ではない。
被曝の恐怖に呻吟する同胞の群れを、このままにしないことが、真の「愛国」である。

【送料無料】原発労働記


原発労働記


「これでは事故が起きないほうが不思議だ」。放射能を浴びながらテイケン(定期点検)に従事する下請け労働者たちの間では、このような会話がよく交わされていた-。美浜、福島第一、敦賀の三つの原子力発電所で、自ら下請けとなって働いた貴重な記録、『原発ジプシー』に加筆修正し27年ぶりに緊急復刊。





関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20110802003951 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天