ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
ニッポン・メディアに他国の事故隠蔽行為を云々する資格はない

中国の高架鉄道事故にかんする報道が、なんでニッポンで過熱化してるんだろう。
なんか、その底に発展途上の「未成熟社会」を嘲笑したい心理がはたらいているような気がするんだけどな。
たしかに、隠蔽行為のレベルとしては「遅れている」かもしれないけど、「うまく隠蔽できる」ことを誇っても仕方ないんじゃないか。
そもそもが一党独裁のああいう国なんだから、こういうことが起これば隠蔽に走るのは当たり前であり、それを「それにひきかえわが国は」なんてどや顔して比較すること自体がナンセンスの極みと思うんだが。
新幹線は一度も人身事故を起こしたことはないというが、記憶に新しい福知山線脱線事故は100人近く亡くなったよね。
そして、フクシマの原発は破滅的な事故を起こした。
よその国のことをどうのこうの批判する前に、わがニッポン国のことを取り上げ、掘り下げ、検証すべきではないのかね。
自国のことが、一番、問題なんだよ。

しかし、原発事故を齎した既得権益者どもに注がれるかもしれない民衆の「厳しい視線」を、よそに逸らすには格好の事故が起きてくれたもんだ。

また、広告代欲しさに原発推進の旗を振りまくってきたフジが、ここを先途と、中国当局を批判しているのは、笑止というほかはない。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

度重なった電力会社の事故隠しに大甘でついにはフクシマ・クライシスの破滅的な事態を齎す一助を為した記者クラブメディアが中国の鉄道事故の隠蔽行為には実に厳しいことよ。

http://twitter.com/#!/hataeiji/status/95407344795652098


すごいね、犠牲者(まだ生きてるかもしれない)の手や足が見えても車両を埋めようとしてる(汗)



ただ、中国のことをわが国は言えない。「わかりやすいかわかりにくいか」の違いだけで、体質は同じ。

http://twitter.com/#!/hataeiji/status/95709464916803585



【送料無料】悪党

【送料無料】悪党
破門覚悟の告白譚。「小沢擁護」ではない。「小沢排除」でもない。日本の政治に「小沢一郎」は必要か。日本人が放置してきたその問いに、1人ひとりが答えを出す期限が来た。


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20110728014135 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天