ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
詐欺会社・九電のヤラセ体質は今に始まったことではないだろう

<九電>「原発賛成」やらせメール 関連会社に依頼

九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)2、3号機運転再開問題を巡り、経済産業省が先月26日に放送した県民向けの説明番組について、九電の眞部利應(まなべとしお)社長は6日夜に緊急会見し、九電側が子会社に原発の再稼働に賛成する内容の電子メールを番組あてに送るよう依頼していたことを認めた。「やらせメール」の送付が同日あった衆院予算委員会で取り上げられ、国が調査を同社に指示した。眞部社長は「説明会の信頼を損なう結果になり、心からおわび申し上げたい」と謝罪した。

 眞部社長によると、番組放送4日前の6月22日、九電原子力発電本部の課長級社員から子会社4社にメールで「説明会の進行を見ながら自宅から、再開容認の立場で意見を発信してほしい」と依頼した。理由は「原子力の安全性、必要性に理解を広めてもらいたかった」と述べた。子会社側から何通のメールが番組に届き、紹介されたかなどは把握していないという。子会社の社員は計2300人。

 眞部社長は玄海原発再稼働に「当然影響はある」と認めた。責任問題については「誰がやったとしても最終責任は社長にある」としながら、自身の進退は「控えさせてください」と明言を避けた。

 衆院予算委員会では笠井亮議員(共産)が入手した内部文書を基に、九電からの具体的な指示内容を指摘した。海江田万里経産相は「人選も公平にやるように言った」としたうえで「九電が(やらせの指示を)やっているならけしからん」と答弁。事実の場合は、断固とした処置をとる考えを明らかにした。

 番組には経産省の依頼を受けた広告代理店が選んだ佐賀県民7人が出演。原子力安全・保安院職員らによる説明と質疑があった。県内のケーブルテレビとインターネットを通じて生放送され、ネットでは延べ5000人近くが視聴した。番組中にメールが473件、ファクスが116件寄せられ、このうち11通が読み上げられた。再稼働容認や賛成の意見は4通含まれていた。

 やらせメールについては4日、鹿児島県議会原子力安全対策等特別委員会で共産党県議が追及したのに対し、九電の中村明・上席執行役員(原子力発電本部副本部長)は「番組があると社内や関係会社に連絡はしたが、どうこうしろと言った事実はございません」と否定していた。【斎藤良太】



な~にが、「説明会の信頼を損なう結果」だ。
広告代理店に、演出させるような「説明会」のどこに「信頼性」が存在するというんだ。
そもそもが、電力会社が行ってきた広報活動そのものが、壮大なヤラセではないか。
もう一度、数日前のエントリを読んでほしい。

原発を推進してきたヤカラどもの意識下にある「大衆蔑視」が許せない

日本原子力文化振興財団が「指南」したのは、いかに「ヤラセ」を駆使して大衆をだまくらかすかということだ。
そのとおり、忠実に広報してきたこれら電力会社には、「人を騙す」ということが体質化してしまっているのだ。
だから、こういうことも、「普通に」「自然に」やってのける詐欺師以下に成り果ててしまっているのだ。

会社ぐるみの詐欺行為を、いかにも一部社員の独断で行われたかのように匂わせる昨夜の東電社長に、怒りを禁じえなかったのは、僕だけではないだろう。
そして、会見中の社長にメモを渡す人物、雇われたリスク管理の専門家か何かか?
それとも、この人物こそが、大衆操作の絵を描くプロなのか?

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

「せんみつ」という言葉がある。
「せんだみつお」のことではない。
「千の言葉のうち真実は三つしかない」嘘つきのことを言うのだ。
電力会社の言う真実は、三つもないであろう。

「原子力は安全だ」という、こいつらのついたいちばんの大嘘が満天下に明らかにされた。
この期に及んで、「玄海原発の安全性に問題はない」などと言われて、どうしてそれが信用できようか。

電力会社という詐欺師の集団に騙されてはならない。
玄海原発の運転再開に「NO」を突きつけるために、僕も佐賀へ行くことを考えている。
9日に佐賀市で反対パレードがあるそうだ。
とりあえずそれに参加すべく、現在、仕事のスケジュールを調整している。

  「玄海原発の再稼働を阻止するためのパレード」 

 「玄海原発には再稼働して欲しくない!」しかし「注目される8日の住民説明会や、県が最終判断をくだすとみられる11日の県議会の日といったウィークデーには、佐賀入りは難しい」とか、「玄海町まではいけないけど、佐賀市くらいまでなら、行って抗議の声をあげたい!」という、県外・遠方の方も声をあげる場所を用意せねば、と思い急遽企画しました。

 玄海原発の再稼働にはとても不安を感じているし、どこかで反対の声をあげたいけど、何から手をつけていいか分からないという人。一緒に歩いてみませんか?企画者も、こんな運動は主催したことのない、全くのシロウトです。でも、今ばっかりは、シロウトだからといって黙ってるときじゃない。そういった思いを共有しませんか。明日から脱原発について協力し合える仲間と出会えるかも。

パレードの後に、県庁前で座り込み・ハンストをされている人や、10日以降に引き続き計画されている抗議行動に合流するという流れもイイネ!

日時:2011年7月9日(土曜日)

集合:13時 (どんどんどんの森公園に集合)

    出発前の注意事項などを説明。

出発:14時

    どんどんどんの森公園 → 佐賀駅付近

      → 県庁前 → 佐賀城公園(県庁横の公園)  

到着:15時

    公園でトークなど(16時まで公園の利用許可を取っています。)

・急な企画で、およその概要しか決まっていませんが、詳細が決まり次第、お知らせいたします。

・当日、人員整理スタッフなどとして協力して頂ける方も募集中。

 呼びかけ世話人:土居智典(携帯電話 080-1720-7565 メールdoiltl@yahoo.co.jp )

どんどんどんの森公園 地図



【送料無料】原発に頼らない社会へ

原発に頼らない社会へ

福島第一原発事故は予想されていた。柏崎も活断層を心配した住民の反対を押し切って建設され、事故を起こした。なぜ東京電力は原子力発電所を造りたがるのか?造れば儲かるからだ。国民の安全と引き換えに生み出された原発は、いったい誰のためのものなのか?田中優が問題点に鋭く切り込み、画期的かつ現実的な代替案を投げかける!もう電力会社には任せられない。日本経済が破綻する前に考えるべき、これからのエネルギーのあり方。



関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20110707004820 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天