ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
「再生可能エネルギー」 だって、そのうち「利権構造」を生んでしまうのではないか

字数制限のない呟きをいくつか。

●民主党両院議員総会が開かれたが、twitterのTL上にあらわれた、そのライブ映像を観ている方たちの怒りの言葉を眺めているうちに、興味が失せてしまった。
菅はあいかわらず居座り、執行部の無能無策な野郎どもが自民党にゴマを摺りながら延命していくのだ。
なにひとつ、変わりはしない。
もう、政治のどういうことにも言及する気力がうすらいでしまっている。
何を言っても、やっても無駄なのか。
われわれ民衆はいつまでも騙され、踏みつけにされ、見殺しにされていくのか。
この緩慢にすすむ絶望感こそ、ヤツラの狙いなのかもしれないが・・。

●「利権」ってナンだろう?と考えるときがある。
辞書を引くと「利益を伴う権利。特に、業者が政治家・役人などと結び公的機関の財政・経済活動に便乗して手に入れる、巨額の利益を伴う権利」とある。
原発はたしかに「利権の成る木」だったが、それにとって変るという「再生可能エネルギー」 だって、そのうち「利権構造」を生んでしまうのではないか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

●石油資源が40年もすると枯渇するという専門家の予測がなされたのが1970年。
40年が経過したが、原油が枯渇したというニュースは、まだきいていない。
原油価格をつりあげ、「化石燃料にとってかわるもの」が巨額な「儲け」を齎すのに気づいた者どもの、陰謀だったのだ。

●以上は、武田邦彦氏の「日本の未来は暗いのか?」からの受け売りだ。正直に言っておこう。
出典を示さず、二次情報を一次情報であるかのように書くクセのある超有名女性ブロガーのようなことはできない(笑)
氏によれば、石油資源は、1000年は大丈夫なのだそうだ。
それをわかってて、無理やりでも「とって変るもの」をでっちあげ、利権をむさぼってきた種類のヤカラどもが新たにに目論むかもしれぬ「ソーラー利権」(仮称・・笑)などに与してはならない。

【送料無料】エコロジーという洗脳

【送料無料】エコロジーという洗脳
価格:1,785円(税込、送料別)





関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20110629025149 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天