ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
反原発闘争に怯える原発推進亡者どもを許すな!

山口・上関原発建設計画:石原氏「10年はできない」 「反対運動はアナーキー」

自民党の石原伸晃幹事長が18日、山口県宇部市であった河村建夫衆院議員(山口3区)のセミナーで講演し、中国電力(広島市)が同県上関町に計画している上関原発について「客観的な情勢から原発新設にはなかなか賛同を得られない。この10年以内にできないと思う」と発言した。河村氏も「新しい原発を造るのはなかなか大変」と述べた。

 石原氏はさらに▽東京電力福島第1原発事故後に広がっている脱原発運動を「アナーキー(無政府的)で、代替エネルギーのことを考えていない」▽東京で11日にあった脱原発デモについて「公安関係者から聞いたが、バックにいるのは革マル派、中核派、原水協(原水爆禁止日本協議会)。そういう人たちがいるのに普通の人が多く集まっている」--と発言した。上関原発予定地近くの祝島で続く反対運動についても「今来ているのは中核派で、地元の人たちは本当に少ない」と述べた。

 上関原発を巡っては周南市など周辺市町の議会で「中止」「凍結」の意見書が可決されている。「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の山戸貞夫代表は「地元の気持ちが全く分かっていない。反対運動は30年も続いているのに」と憤っていた。


あの親にして、この子あり。
ウルトラ差別排外主義者の親が親だから、こういう不肖の息子が出来るのも仕方がないのかもしれない。

原発事故の収束の、その見通しも闇の中で見えないという中で、性懲りもなく「オリンピック招致」をぶちあげた親父と、この「佐藤B作の出来損ない」みたいな息子の古ぼけた脳髄を、我が家の壊れかかった全自動洗濯機で洗ってしまいたい衝動を抑えきれないでいる。

事態の深刻さがまるでわかっていない。
下手をすると、1945年8月以来、二度目の「亡国」の事態が目前に迫っているかもしれないのに、相変わらず「フクシマ以前」のままの感覚でいるこのどうしようもない親子を、「愛国者」とは、とても思えるものではない。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

反原発運動にたちあがった賢明なる人々を、自らがもっとも忌み嫌う集団(中核、カクマル)であると決め付けるそのメンタリティは、気に入らない人物をすぐに「在日認定」する陋劣なネトウヨや、在特会などの似非右翼のそれと同一であろう。いつだったか親父が、社民党党首の福島瑞穂氏を「帰化人」と断定し、そうでなければ戸籍謄本を示せと暴言を吐いた事件を想起させる。血は争えないものである。

さらに、革共同両派(中核派、カクマル派)が、民衆に対して、いまだそんな影響力を持っているという認識の浅さにも驚く。この両派は、不毛で凄惨な血みどろの殺し合いを展開したために、シンパ(支援者)を呆れさせ、怯えさせ、離反を招き、衰退の一途を辿ってきた。今、この両派が沸き上がる反原発運動を指導する力があるとは、とても思えない。運動主体も彼らを拒否するであろう。

それより何より、不倶戴天の仲である中核、カクマルが、共に同じ運動をするなど、絶対に有り得ない。

民衆の広範な決起を「職業的な運動家組織による煽動」と「矮小化」したがるその意識の底には、明らかなる「恐怖」があり、また、「焦り」があるのだろう。「政・官・業・学・報」一体となって推し進めてきた原発政策の破産は、何よりも瓦礫と化したフクシマの原子炉建屋と、メルトダウンにより放出された放射性物質による汚染と、毎時5センチずつ地下に侵食していく溶融した燃料棒の「チャイナ・シンドローム」状況が証明しているというのに。

そういう破滅的な情勢が伝えられるなか、猶(なお)も「原発稼動再開」をのたまう「佐藤B作の出来損ない」に秋波を送る菅政権・・。(首相 安全確認の原発は再開を)

こいつらはおしなべて、ニッポンを亡国へと導く売国奴である。・・・いやいや、こんな放射性物質に汚染されきった国を「買う」他国などどこにもない。「売国奴」ならぬ「滅国奴」と呼ぶべきであろう。



「フクシマ・クライシス」以前、わが居住せる九州に罷り出でて、「佐藤B作の出来損ない」と同じように、反対派を罵倒したこの東大教授は、現在遁走中のままである。真っ先に人民裁判にかけられるべき手合いであろう。絶対に、逃がしてはならない。とっつかまえて、フクシマの最前線に送り、事故収束への、命がけの作業をしてもらおうではないか。

隠される原子力・核の真実/小出裕章・著


隠される原子力・核の真実/小出裕章


被曝の影響と恐ろしさ/核の本質は環境破壊と生命の危険/原子力とプルトニウムにかけた夢/日本が進める核開発/原子力発電自体の危険さ/歪められた二酸化炭素地球温暖化説/死の灰を生み続ける原発は最悪/温暖化と二酸化炭素の因果関係/原子力からは簡単に足を洗える/核を巡る不公正な世界/再処理工場が抱える膨大な危険/エネルギーと不公平社会



関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20110620033757 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天