ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
ニッポンの原子力政策を真っ向から否定したのは、スッカラ菅首相ではなく、「フクシマ事故」そのものであるということが、どうして理解できないのか

求人と違い「福島原発で作業」 大阪・西成の労働者

日雇い労働者が多く集まる大阪市西成区のあいりん地区で、東日本大震災後、宮城県で運転手として働く条件の求人に応募した男性労働者から「福島第1原発で働かされた。話が違う」と財団法人「西成労働福祉センター」に相談が寄せられていたことが8日、関係者への取材で分かった。センターは求人を出した業者側の調査に乗り出し、大阪労働局も事実関係の確認を始めた。支援団体は「立場の弱い日雇い労働者をだまして危険な場所に送り込む行為で、許されない」と反発している。関係者によると、センターが3月17日ごろ、業者からの依頼をもとに「宮城県女川町、10トンダンプ運転手、日当1万2千円、30日間」との求人情報を掲示。採用された男性は東北に向かった。ところが3月25日ごろ、男性からセンターに「福島第1原発付近で、防護服を身に着けがれきの撤去作業をしている。求人は宮城だったのにどうなっているんだ」と電話があった。


「何を今さら・・」と声に出して言ってしまった。
今までこんなことは、雨が降ったり止んだりすることと同じくらい、「日常茶飯事」だったのではないか。

「3・11」以後はどうだかわからないが、以前には、原発の作業に従事する労働者ひとりあたり一日7万円が支払われていたということだ。
「一日に7万円ももらうのなら、多少の健康被害も仕方ないではないか」と考えるのが人情だが、しかし、それは使い捨てなければならない作業の道具代も含まれているし、この7万円を目当てに、ハイエナのように群がる連中の中間搾取によって、最終的に労働者のフトコロに入るのはわずか一万円ほどだったという。
ピンハネをする「人集め」親方のほとんどは、893との関係が濃厚か、あるいは893そのものだったりするのだが、労働者ひとりを原発に送り込んで一日2万ほどの実収には笑いが止まらず、「原発御殿」と呼ばれる邸宅は、全国各所の原発近くに建てられていたという。
なので、このニュースにあるようなことは氷山の一角にもならなかったのだが、電力会社や東芝、日立、三菱重工など原発関連企業をお得意先とするマスコミは、そういう「不都合な真実」を、決して報道するようなことはなかった。
しかし、ここにきて、このようなことを表沙汰にするということは、この「日常茶飯事」がいかにも「特殊な事例」であるかのように扱うことを以って、過去のさまざまな原発労働の醜い実態を隠蔽しようとの意図が無意識にはたらいているのではないかと一瞬思ったのは、やはり筆者の考えすぎか。

「なぜ今」「海外に誤ったメッセージ」原発放棄、信頼は失墜

6日夕、突然発表された中部電力浜岡原発の運転停止要請で、これまで環境問題やエネルギー安全保障の面から「化石燃料だけに依存できない」としてきた日本の原子力政策は真っ向から否定され、関係者に衝撃が走った。菅直人首相が自ら原発を捨て去ったことに、監督官庁の経済産業省幹部からも「海外に誤ったメッセージを送りかねない」との声が上がった。
「今まで実施してきた政策と矛盾する。(首相は運転停止の)根拠と考え方を示すべきだ」
日本原子力学会の沢田隆副会長はこう強調し、「浜岡原発は保安院に求められた対策へ手を打っている。このタイミングでの要請は不思議だ」と指摘する。
エネルギー総合工学研究所・原子力工学センターの内藤正則部長も「すべての原発を止めるなら筋が通るが、なぜ浜岡原発だけなのか。対策を重ねることで、運転再開への理解が得られる」と批判する。


今まで原子力政策を推進してきた者どもが、あの福島第一原発事故の深刻さをいちばんわかっていないらしいことに、怒りを通り越して、滑稽ささえおぼえている。
ニッポンの原子力政策を真っ向から否定したのは、首相ではなく、「フクシマ事故」そのものであるということが、どうして理解できないのか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

原発一機で6000万円のカネが動き、推進してきた地方議員や国会議員や地元企業や地方自治体のフトコロは、ガッポガッポとふくらんできた。
その「美味しい味」が忘れられない欲の皮が突っ張った連中が今できることは、被災者に土下座し、その全財産を差し出すことのみであり、批判をするなどとはもってのほかであろう。
お前らには、何を言う権利もないのだということを、ひとりひとりの胸倉をつかんで、体をゆすぶらせながら、怒鳴り上げたいのは、被災者の方々の共通した思いなのではないか。

【送料無料】これが原発だ

これが原発だ
事故が起こらなくても、原発での労働は危険に満ちている。原子炉の定期検査作業で多量の放射線をあび、がんなどの病いにかかる労働者は多い。寝たきり生活を送る被曝労働者、深夜のハイウェイをつっ走る核燃料満載のトラック、一度だけ入れた原発の内側。カメラは“クリーンな”原発の裏の顔をクローズアップしていく。



関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20110509033038 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天