ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
原発事故が「平和ニッポン」の終焉を告げた

今日、まるで緊張感の欠如した国会審議を観ていて思ったのは、国を挙げて、「3・11以前の日本」に固執しているんじゃないかということだ。
認めたくないんだ、政府も国民も、あの生暖かく居心地の良かった「平和・ニッポン」が、福島第一原発一号炉の水素爆発によって終焉を迎えたということを。

あの爆発音とともに、わがニッポンは「まともな国家」を装うことが困難になってしまった。
国の存在自体が、「世界にとってのリスク」と成り果ててしまった。
下手をしたら、北半球すべてに悪影響を及ぼしかねない、人類ぜんたいに対する「罪障」を背負ってしまった。

残念なことだが、今まで空気のように当たり前に享受してきた「平和ニッポン」は、すでに過去の遺物となってしまったことを、深く自覚しなければならない。
そう、僕らは今、「非常時」の只中にあるんだ。

その非常時のときにリーダーであったのが、菅直人という三流以下の人物であったということほど、ニッポンにとっての不幸はない。
やたら「復興」にかんする委員会みたいなものを多く立ちあげているが、そんなことよりもまずやって欲しいのは、国の総力をあげての「原発危機回避」だ。
先日、ひさびさに国民の前に姿を現した小沢一郎氏が、「とにかくまず、何を措いてもモト(福島第一原発の事故状況)を断たなければ(どんな復興対策も)意味がない」と発言していたが、その通りだと思う。

「国内の実害。国外での信用失墜。国民にとって二重の被害を原発事故は齎している」(小沢氏)
天災は仕方がないが、坂を転げ落ちるような国の威信の失墜は、すべて、原発事故のせいだ。
これはもう、大変なことなんだ。
然るに菅政権は、そのようなものとして原発の状況を捉えているとは思えない。
あるいは捉えていても、捉えることに抵抗しているとしか思えない。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

「3・11以前のニッポン」が、恰も、これからも存続していくような、そんな甘い観測では、将来にはかりしれない禍根を残すことになるだろう。
孫子(まごこ)の代に、どれだけのツケをまわしたら気が済むんだ。
経済の問題だけでなく、放射能汚染という健康上のことまでを・・。


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(-) | 20110419042419 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天