ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
菅政権消滅の「その瞬間」が、近づいてきつつある


仕事から帰ってきて、初めて、知った~!
菅首相も在日韓国人から違法献金だって?
しかも、あの、菅応援団の朝日がスッパ抜いているんだわ。

菅首相に違法献金の疑い 在日韓国人から 首相側未回答

菅直人首相の資金管理団体が、2006年と09年に、在日韓国人系金融機関の元理事から計104万円の献金を受けていたことが、朝日新聞の調べでわかった。元理事の親族や複数の関係者は元理事について在日韓国人と説明している。政治資金規正法は外国人からの寄付を禁じている。

 複数の関係者を通じて10日夜に首相側にコメントを求めたが、11日午前1時現在、回答はない。元理事には経営する会社を通じて取材を申し入れたが連絡はない。

 献金を受けていたのは菅首相の資金管理団体「草志会」(東京都武蔵野市)。同団体の政治資金収支報告書によると、旧横浜商銀信用組合(現中央商銀信用組合)の元理事の横浜市内の男性(58)から民主党代表代行だった06年9月に100万円、09年3月に2万円、同8月に1万円、政権交代後の副総理兼国家戦略担当相だった同11月に1万円の計104万円の献金を受け取っていた。

 いずれも、献金者名の欄には「通名」である日本名が記載され、職業は「会社役員」とされている。

 この男性は07年6月まで旧横浜商銀信組の非常勤理事を長年務めた。商業登記簿などによると、東京都内のパチンコ店などを経営する会社の代表取締役を務めている。

 朝日新聞の取材に、複数の商銀関係者や親族は、元理事が韓国籍だと話している。

 政治資金規正法は、日本の政治や選挙への外国の関与や影響を未然に防ぐため、外国人の政治献金を禁じている。故意や重い過失があった場合は、3年以下の禁錮か50万円以下の罰金の罰則がある。

外国人からの献金をめぐっては、前原誠司前外相の政治団体に対して京都市内の在日韓国人女性から献金があったことが4日の参院予算委員会で判明。この女性も日本名での献金だった。前原氏は6日、「金額の多寡にかかわらず、外国人から献金を受けていたことは重い」と話し、外相を辞任した。その後、政治資金規正法の改正に言及する声もあがっている。

 朝日新聞は首相側に、元理事が韓国籍だと認識していたかなどを質問したが、回答はなく、故意や過失があったかは確認できていない。


どうやら、※朝日の社会部と政治部の暗闘は、社会部が勝利したみたいだ。

http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-526.html

前原辞任、実は「泥舟から逃げた!」暴力団絡みの疑惑も浮上
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_seizi_maehara__20110307_21/story/07fujizak20110307005/

「泥舟逃走」「ヤクザ関係疑惑隠し」論は、別段目新しいものではないが、前半のところに興味深い部分があった。

「某大手新聞で先週、前原氏の新たな疑惑掲載について、政治部と社会部が大バトルを展開したようだ。政治部は『有望な政治家を潰すべきじゃない』という主張で、社会部は『新聞は取材した事実を書くべき。それで報道機関を名乗れるのか!』などと反発したらしい」


某大手新聞が筆を曲げたとは思いたくないが、他の新聞や週刊誌も、暴力団関係者による献金疑惑や北朝鮮との不透明な関係などに迫っていたのは事実。「前原氏の父方、母方の家系を4代さかのぼって徹底調査したメディアもあった」(同)


そりゃ、そうだろう。事実を報道してナンボの新聞社だ。今の政権が続くと自社に有利とする経営者の意を汲んだ政治部の思惑など、お天道様が許さない。

さて、「外国人献金」で前原の辞任を認めた以上、同じ「容疑」で問題が生じた菅直人が、これ以上、首相の椅子に座り続けるわけにはいかない。可及的速やかに、「辞意」を表明しなくてはなるまい。それが長引けば長引くほど、傷は深くなり、やがては致命傷に達するだろう。いや、もうすでに達しているか。

しかも、前原の件と比較して金額が数倍だし、献金した人物も、「焼肉屋のおばあちゃん」とはぜんぜんタイプの違う、「金融畑」の人物ではないか。前原が「辞任」なら、菅は「議員辞職」でバランスがとれるというものだ。

外国人から献金してもらって、何が悪いのか、よくわからないが、法律で「ダメ」と謳(うた)っている以上、「ダメなものはダメ」なんだろう。明確な違法行為があったことと、立証できた者が今のところ、ひとりもいない「疑い」の段階で、小沢氏に「処分」を下してきた菅直人が、このままのうのうと「ニッポンの首相でございます」と、すましているわけにはいかないだろう。

さて、明後日の名古屋市議選の結果ということもある。
菅政権消滅の「その瞬間」が、近づいてきつつある。



関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20110311162604 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天