ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
史上最低の菅政権の延命を許さない「第三勢力」を待望する

今夜は早く眠る必要があるので、あまり時間がない。
今のうちに予告しておくが、もう少ししたら、引越し繁忙期に突入するので、しばらく、短い更新のみに終始すると思う。
月末ともなると、ほとんど更新ができなくなるだろう。
ご承知置きいただきたいと思う。

ところで、どうも菅直人という男は、悪運が強い男であるようだ。
昨日のエントリーで紹介した、川本さんという酒屋のご隠居の言うとおり、与野党(自・公・民)こぞって、「当面の解散の回避」という一致した利害で、現在は団結している。
国民生活よりは、自分らの保身で汲々としているこの面々が、ニッポンの屋台骨を腐らせてゆく。

まあ、以下の記事を読んでほしい。

亡国の政治はまだ続く 政権危機タレ流し情報の虚実
http://hataeiji11.seesaa.net/article/189806435.html

野党が国民のために本気で倒閣を目指すのであれば、捨て身で切り込まなければダメだ。ところが情けない自民党はホントは解散が怖い連中ばかりだ。民主党がこれだけコケているのに、自民党の支持率はちょっとしか上がっていない。民主党から離れた有権者は「減税日本」や「みんなの党」に流れている。だから、腰が引けているのである

菅が政権にしがみついていられるのも、こうした野党のホンネを見透かしているからだ。そのうえトチ狂っているメディアは消費税増税、TPPをやらせたい一心で、盛んに菅に エールを送り、野党を叩く。ますますスッカラ菅が、イイ気になる

どうかしているのではないか、この国は。(上記記事の一部抜粋)


菅政権は、史上最低の政権でありながら、それに対峙しているはずの野党もまた、史上最低であるゆえか、こいつらのいじましく、卑怯千万な「様子見」のおかげで、姑息にも生きながらえているのだ。

そういう、奇妙なバランスの上に立って、政権らしいことは何もせず、やったことと言えば、党内政敵の追い落としだけ、こういうヤカラどもには、「一秒も早く」政権から退いてもらいたいものだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

ついに「3月13日」に決起!? 「小沢新党立ち上げ」の永田町情報
http://news.livedoor.com/article/detail/5398207/

「三国鼎立」ではないが、ぜひぜひ、ここは「第三の勢力」が決起してほしい。
「蜀」にあたる、小沢氏を中心とする「減税派」が、この閉塞状況に風穴を開けることを、切に望む。

【送料無料】ヤクザマネー

ヤクザマネー
秘密のディーリングルームで、連日3億円の資金を運用する男。銀行に融資を断られたIT起業家が群がる、高金利のカネ。
上場企業から流出した巨額マネーの行方。
ヤクザの資金運用に協力する、元証券マンたち。
秘密パーティーに集まった有名芸能人と大物政治家。
ヤクザマネーの全貌に迫る。



関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20110310011511 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天