ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
伝統的「粛清」の手口を踏襲する菅民主党のスターリン主義的体質

わが勝手な「価値観」が、強引に、他者の「価値観」を圧殺する。
そんなニッポンの、憂うべき現状を、怒りとともに見せ付けられた、そんな一日だった。

まず、小沢一郎氏に対する「党員資格停止処分」が強行された。
この暴挙は、民主党という政党の歴史に大きな汚点を残すものとなるだろう。
「小沢氏が何かをした」という客観的事実が何も指摘されないままの「処分」は、その構造に於いて、検察・警察の行う「冤罪・デッチあげ」と何ら変わるところはない。
ある新聞記者が「現政権の小沢氏への処分の仕方は、政敵を陥れるために中国共産党が使ってきた常套手段を思わせる」(大意)と言ったというが、本当にそうだ。
レーニン死後、ボルシェビキの実権を握るために、スターリンが政敵に行った「粛清」のやり方は、その後、全世界の各国社会主義政党内で頻発した権力闘争に於いて、「雛形」として活用された。粛清の対象となる者による「反党行為」はデッチあげられ、「右翼日和見主義者」「階級敵」「反革命分子」「スパイ」など、ありとあらゆるレッテル貼りのすえに、苛烈に処断されてきたのだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

しかも、「全会一致」ってなんだ。反小沢一派で倫理委員会を構成させるこの姑息さは、まさにスターリン主義そのものである。
また、党内の決まりでは「最長6ヶ月」とされている処分期間を、なんの民主的手続きを踏まず、「裁判終結まで」と恣意的に定めている。
「民主」の名にふさわしくない行動をとりながら、民主主義を名乗る点では、朝鮮民主主義人民共和国と共通するものがあるだろう。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

この「裁判終結まで」という決定は、「一般職公務員の起訴休職」に倣ったものなのだそうだ。
一時、「郵便不正事件の村木さんも起訴休職を余儀なくされたのだから小沢氏もそれに倣うべき」という詭弁がまかり通ったが、その意味を込めてのことなのだろう。
村木さんの無罪が明らかになった以上、「起訴」も「休職」も不当なものであったとするべきなのに、「それは致し方ないこと」とするこの論理でいけば、「起訴された者は、その時点で犯罪者と見做す」ということだ。
「推定有罪」を矜持とするこの「菅民主党」が権力を握っているという事態は、ニッポン国住民にとって恐ろしいことであると言わねばならない。
「疑われた」時点で、われわれは「犯人」となるのだ。
ニッポン国じゅうの人間が、「昨夜、人を殺していない」ことを証明する義務が負わされるのだ。
そうしろという者どもが握る政権を、このままにしていてはいけない。なにがなんでも、倒さなければならない。

hataeiji / 秦映児
小沢氏は「処分→不服申し立てと議論を長引かせて、『菅おろし』に連動させる狙いがある」とテレ朝。どーしてお前らにそんなんことがわかるんだ。不服申し立てをするのは当たり前だろう。妄想の域にまで達したメディアのゴミ報道。02/21 16:56

hataeiji / 秦映児
小沢氏の主張を「挑戦的ともとれる内容」とTBS。そんな偏見だらけの「印象」はいいから、きちんと内容を伝えよ!02/21 16:44

hataeiji / 秦映児
刑事事件上に於いても、党内倫理規定に於いても、小沢一郎氏にかかわる事件は冤罪である。何がなんでも小沢氏を処分しようとする現執行部と、何がなんでも無辜のひとに罪を被せてきた検察と、そのメンタリティに大した違いがないという事実に絶句する。http://bit.ly/ijzYvl at 02/21 16:42




そんなに金銭的に豊かでなくてもいいから、つつましくていいから、人間らしく生きていきたい。
豊かな自然と、良き家族、良き隣人たちに囲まれて、幸せに暮らしていきたい。
そう思って、日日を送る人たちが確実に存在する。

たとえば、妻の家族がそうだ。
彼らは、決して豊かではないが、自然の恵みのなかで、ゆったりと生きてきた。
その暮らしが最上と思い、それ以上を望んでいない。

人間というものは、札束で頬を張られたら、誰でも言うことをきくと信じて疑わない種類の人間も存在する。
あるいは、豊かな自然を破壊しても、「便利な暮らし」を手に入れるべきだと考える者たちも、多数、存在する。
それらの者たちの勝手な「価値観」が、自然と共生していく暮らしが良いとする「価値観」を打ち砕いていくサマを見るのは、なかなかに胸が煮えるものがある。

どうか、本日、山口県上関町で強行された、中国電力による海岸埋め立てをきっかけとして、上関原発問題に関心を持ってほしい。
以下のブログを参照していただきたい。

祝島島民の会blog

※昨日の予告「財務省の大嘘」の続編は先送りしました。近いうちに記述します。

共産主義黒書

共産主義黒書
価格:3,150円(税込、送料別)



関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20110223042930 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天