ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
三閣僚の「遅刻」で鬼の首をとったかのようにはしゃぐ産経

やはり、新聞の報道は公正・公平な、客観報道がなされるべきであります。
国民の知る権利の「知るべきもの」は、あくまで「事実」であり、伝える者の主観や意見ではありません。
その事実をどう捉えるかは、あくまで受け手に委ねられねばならず、送り手が判断することでは、決してないはずです。
受け手が送り手の捉えかたを知りたければ、「社説」を読めばいいのであり、記事の中に送り手(記者)の意見や感想を混ぜ込むのは御法度なのではないかと僕は思います。

産経新聞という新聞があります。
僕は、果たしてこれが「新聞」と言えるものなのかどうか、いつも記事を読むたびに考えさせられます。
それは、記事の内容が、いつも客観報道とは対極にある、主観報道としか言えないものであるからです。

【3閣僚遅刻】「驕りの象徴」 前原、仙石両氏はヘラヘラ謝罪 原口氏はツイッターで経緯説明
平成22年度予算案の審議を始めた3日の参院予算委員会に前原誠司国土交通相、仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相の3閣僚が遅刻した。開会時間の連絡ミスが原因とされるが、その底流にあるのは、民主党の「驕(おご)り」の構図だ。衆参両院で過半数を持つ与党は、たいていの問題は「数の力」で乗り切れる。民主党首脳に関連する一連の不祥事についての説明責任を果たさないのも同じ構図。国会運営では何でも思い通りになるという国民をバカにした姿勢が、今回の遅刻事件に象徴的に表れたと言える。(酒井充)


この文章で前提となる「事務方の連絡ミス」が民主党の驕りのせいだとする論法がよくわかりません。
連絡ミスが起きたのは、あくまで事務方の錯誤のせいではないのでしょうか?
よくわからない決め付けをもとに「国会運営では何でも思い通りになるという国民をバカにした姿勢」という超主観的な断定を引き出してくる、ウルトラC的な手法は、少なくとも事実のみを伝えるべき「新聞記事」と呼ぶべきではないでしょう。
民主党に敵意を持つのは勝手ですが、個人的(個企業的)嫌悪をにじませた文章を「新聞記事でござい」と天下に示すのは、報道倫理的にも最低な行為というべきで、それは犯罪的ですらあると思います。国民をバカにしているのは、どっちだ?と言いたくなります。

 原口氏は午前8時52分ごろ、愛好するミニブログの「ツイッター」で地域活性化策に関する書き込みを行っていたことも発覚した。記者団に「ツイッターで遅れたのではない」と強調したが、「閣僚が予算委に出席せずにツイッターに書き込み」との事実は残った。


また、これもおかしな言い方です。
「閣僚が予算委に出席せずにツイッターに書き込み」との事実は残った?だから、それがどうしたというのでしょう?
原口大臣がいかにも、委員会出席を知りながら、ツイッターに夢中になっていたがために遅れたみたいな印象を植え付けようとする魂胆がミエミエです。
僕は大臣をフォローしているから知っていますが、彼が、遊びやヒマつぶしでツイートをしていると思ったことはありません。
津波警報のときは細かく情報を出されていましたし、このときだって「地域活性化」についての真面目なツイートではありませんか。
ツイッターというツールが、嘘デマ扇動報道をしているマスコミにとって煙たい存在であり、潜在意識のレベルで本能的に敵視しているのでは?と思ってしまいます。
「連絡ミスによる遅刻」以上でも以下でもないことを、これほど針小棒大に書き立てる産経の、その新聞としての価値はゼロに等しいでしょう。

また、MSNは、どうしてこんな五流以下の新聞社の記事を採用しているのでししょうか?
「イメージの低下」を心配せずには、おれません。
もとより、MSNのサイトをポータルとして使う気はありませんでしたが、これからも永久にないでしょう。


中国人留学生の引越しをした。

北九州市には外国人留学生が多く、深夜のコンビニや飲食店、忘年会二次会で行ったスナックのボックス席などで、異国で働き学ぶ彼らと遭遇する機会が多い。

今日のお客様である彼は、理科系大学院をこの9月に卒業し、京●ラという大企業に就職が決まっている秀才で、なるほど、頭の良さそうな顔をしている。

それにしては、引越し代金を25%も負けろと要求するところは、これまで経験した中国人のお客様の例と変わりはなく、これは民族性なので仕方のないことでは、あると思うことにした。

結局15%引きで話は決まったが、納得できるギリギリの範囲まで負けさせられたわけで、鼻白む思いがしないでも、ない。

また、このお客様も例に漏れず、家の出入りには、「土足のままで作業して良い」と言う。
「あとで拭くから、心配いらない」と。

日本人は靴を脱いで家に入る民族であるために、土足のままというのは、精神的に抵抗があることを縷々話してみたが、あまり理解は得られなかったようだ。

しかし、文化の違いがあることは、きちんとわきまえなければならない。
こういうことを以って他国の民族を卑下する言動を行う者には、厳しい批判が必要だろう。

本日のナニコレ写真

6.jpg
「出た?!」ってお化けじゃないんですからw
ひなびたところでしたので、十年に一度くらいの大事件だったのでしょうか?


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(1) | 20100304010851 | 編集
86|マスコミ妄信者|20100304102958

産経新聞は産経記者のブログであったとは.マスコミの公正な報道を妄信してきた人への裏切りである.
事務連絡のミスで委員会に遅れた大臣に民主党の驕りだとか,ツイターをしていたとか,言いがかりも甚だしい. 平成の脱税王呼ばわりも,脱税しようとして脱税した印象を国民に植え付ける意図がミエミエである. 収入を全く知らない人がどうして脱税しようとしたと言えるのか.
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天