ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
意外にも朝日とネトウヨは親和性がある(笑)

朝日の今日の社説。
小沢氏へのいわゆる「強制起訴」にかんして、8割がた読みすすんでみて、「市民の判断だから絶対」という、もはや宗教的ドグマの域にまで達してしまっている思考停止ぶりは相変わらず。
しかし、昨年9月の民主党代表選のとき、「あいた口がふさがらない」と読者を煽ったの例の社説と比べれば、やや、トーンが穏やかになっているという感想を持ったのだが・・。
最後近くの以下の部分で、やはり、がっくりときてしまった。

小沢氏は、検察による起訴と強制起訴との違いを強調して離党などを否定した。その時どきで都合のいい理屈を持ち出し、国民に正面から向き合おうとしない姿勢には失望を禁じ得ない。

(2月1日 朝日新聞 社説)


その時どきで自分達の都合のいい情報は拡大・脚色して報道し、都合の悪い情報を闇から闇へ葬ってきた大新聞が何を言うか。
検察による起訴といわゆる「強制起訴」は、明らかに違う。
徹底した捜査の末に、揃えられた客観的な証拠をもとに起訴されるのが「検察による起訴」だろう。
その証拠がきわめて希薄で、「公判に耐えられない」から検察はやむなく不起訴としたのだ。
然るに、「なんとなく怪しいから、裁判で白黒つけろ」と、「疑わしきは罰せよ」と言っているに等しい第五検察審査会の二度目の「議決」が出たから、証拠が乏しくてもなんでも、「そういう制度だから」仕方なしに提起されたのが今回のいわゆる「強制起訴」である。
その「重み」という点では、天と地ほどの違いがあるだろう。
「法と証拠」と、ワイドショーのコメンテーターに影響された井戸端会議のような「市民目線」のどちらをわがニッポン国住民が「基」としなければならないのか。
その答えは、自ずと明らかだ。

それを「都合のいい理屈」と切り捨てる朝日に、満腔の思いで問いかけたいのだが、「市民目線」が絶対だとするその根拠は何か?
市民というのは、すべて賢明で、真摯で、誠実で、公平なのか?
そうではあるまい。
ちなみに第五検察審査会のメンバーの「出席状況」を確認したらいい。
森ゆうこ議員のブログに明らかである。

分かったこと。
①吉田弁護士への旅費・日当支出資料などを見ると7/13と7月にもう1回、8/4、8月は計3回、9/14とその前に1回、10/4。以上8回開催。
②審査員、審査補助員への支払資料は、裁判所の行政文書なので、もはや、検察審査会法を根拠に秘匿できない。
③審査員は半分が8/4に新たに就任。
正式の審査員11人全員が出席した会議は一度もない。2人から4人が欠席。
⑤議決した審査員のうち3人は臨時の審査員(開催日順に宣誓書を提出したことを前提とすると)で、他に一度しか議論に参加したことがない。

ブログ「参議院議員 森ゆうこ」


審査員の「やる気のなさ」がこれでよくわかるだろう。
どのくらいの賢明さで、真摯さで、誠実さで、公平さで、あの「小沢は怪しいから裁判に引きずり出せ」という議決がなされたのだろうか。
「市民」にもいろいろいる。
そりゃ、真面目で誠実な人も多かろう。
しかし、不真面目で、利己的で、嫉妬深く、偏見だらけ、そんな「市民」がこの世にゴマンといるのも確かなのだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

それと、朝日の社説に「国民に正面から向き合おうとしない姿勢」とあるのにも一言。

大きく息を吸い込んで・・はいっ。

それは、あんた達のことだろう!

何度か、朝日に、読者のひとりとして、電話をしたことがあるが、その度ごとに、とった朝日の態度はどんなものだったか。


もう、新聞をとるのはやめようかと思っている。
月に4000円もの対価を払うだけの媒体であるとは、とても思えなくなってきた。

今日、朝日の2面に記者の署名記事が載った。(以下、引用)

「当局のリークで書いている記事もあるのかい?」
事件取材に携わっていると、そんな質問を受けることがあるが、いつも自信を持って「ありません」と答えてきた。今回も答えは同じだ。
(以下、略)           (社会エディター 梅田正行)


そのあとに、どんなに記者が長年にわたる取材を蓄積したかなど、苦労話をくだくだしく述べているわけであるが、そんなことはどうでもよく、注目すべきは、社会部のエライさん記者が、「検察のリークはない」と断言している以上の部分である。

そこで湧き上がった疑問をもとに、朝日のサイトの『お問い合わせ』にあった電話番号に電話してみた。
女性の取次ぎのあとに出てきた中年の男性に、「密室で行われているはずの容疑者の供述が報道されているのは、リークがなければ不可能ではないか」とただすと、「意見として承っておきます」との返事。
「いや、僕は質問してるんです。素朴な疑問です。容疑者の供述内容を知り得る立場にあるのは、検察官以外にはあり得ないはずですよね?」
「ここは質問に答えるところではございません」
「え!?じゃあ、答えてくれるところを教えてください」
「そういう部署はございません」
「は!?では、朝日の読者は一方的に記者の言い分をありがたく押し頂くだけの存在なんですか?」
「朝日が自社の意見を述べているのは社説ですから、その内容がすべての質問の答えです」
「はあ??でも、この梅田さんの署名記事は社説じゃないじゃないですか」
「・・・お客様の意見は梅田に伝えます」
「意見じゃなくて、質問だよ。検察のリークがなければ不可能な情報が報道されているのにリークがないなんて、おかしいって言ってるんです」
(略)

・・みたいな、不毛なやりとりのあとに(笑)、僕は新聞という紙媒体が、もはや時代おくれになりきっていることを感じずにおれなかった。
利用者の疑問に答えない企業って、今の時代、まず考えられないじゃないか。
買った製品に不審な点があれば、消費者はメーカーに問い合わせる。
メーカーのほうも、誠心誠意、それに答えようとする。
僕は月4000円も払って購っている商品に、「不審な点」を見つけ、そのことについて質問の電話をかけた。
しかし、「それには答える部署がない」という。
読者が「月4000円もの対価を払っている顧客」という意識が、この業界には薄いままのようだ。

ネットも何もない時代には、新聞社はある意味、情報伝達の手段を独占する「特権階級」だった。
読者は顧客というよりもあくまで読者であり、一方的に流される情報をありがたく押しいただく「情報弱者」でしかなかった。

今、情報はネットの中に溢れている。
たしかにそれは玉石混交であり、「真実」を見極める目が必要だ。たとえば「在日特権」のように、レベルの低い捏造情報も無数に存在する。
そういうネットのゴミ情報にくらべて、新聞の記事はまだましだろうという幻想が、まだ僕の中にあった。
しかし、そのネット情報のおかげで、その幻想が今日、完全に崩れ去ったようだ。
双方向が当たり前になってきつつある今、いまだに「特権時代」の姿勢を崩さない新聞社に、未来はないであろう。
坂を転げ落ちるような、ますますの部数減が予想されるところだ。

当ブログ「カビが生えた大新聞の特権意識


自分らのユーザーに対してさえ、けんもほろろの態度で、質問には屁理屈や韜晦ではぐらかし、こちらが納得しないと、「完全無視」で本当に黙り込む。(マニュアルにあるらしい)
読者との対話を拒否しておいて、他者のことを「国民に正面から向き合おうとしない」などと、どんな口が言わせるのか、いっぺん、見てみたいものである。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

この朝日の社説子のように、他人への批判、叩き、いちゃもんが、すべてそのまま自分に当てはまるという実例を、つい、最近見たばかりだ。

それは、多くのニッポン国住民が熱狂したサッカー・アジアカップ、「日本VSオーストラリア戦」のあとのこと。
ご存知のように、在日韓国人4世で、ニッポン国に帰化した李忠成選手の、何度見ても美しいボレー・シュートが決勝点となり、日本が優勝杯を手にしたわけであるが、その結果を素直に喜べない、ほんの一握りの、日本人の「層」があった。
その「層」を構成するのは、日頃は「愛国」を口にしているのであるが、決勝点をあげた選手が、結果的に朝鮮民族であったことに異常にこだわり、なんと「こんなことなら負けた方が良かった」など反日的なことを口走る、実に矛盾多き者どもであった。

「李はおまえらよりずっと日本の為になるな」 ネトウヨ「・・・。」

このブログ「てきとう」の記事で紹介された、ネトなんとかの連中が書いた「本音」には、心の底からあきれかえってしまう。

22 : メロン熊(茨城県):2011/01/30(日) 15:23:05.83 ID:OfgCmsSdP
■これがネトウヨだ!!!!!!!!!!※マスコミ用■

14 名前:名無しステーション[] 投稿日:2011/01/30(日) 02:23:47.72 ID:oNNdBqVK
あとあじ悪い試合だ・・・・・・

16 名前:名無しステーション[sage] 投稿日:2011/01/30(日) 02:24:55.38 ID:3RqF176u
全員日本人で戦えよ
引き分けの方がマシだった

17 名前:名無しステーション[sage] 投稿日:2011/01/30(日) 02:25:05.99 ID:Xcv9Sm6X
なんでチョンが日本代表なってんだよ なんか逆転されたほうがスッキリする

18 名前:名無しステーション[sage] 投稿日:2011/01/30(日) 02:25:07.46 ID:j0vX7pjb
国籍は日本だが血は朝鮮だよ、汚い血だ

28 名前:名無しステーション[sage] 投稿日:2011/01/30(日) 02:26:11.98 ID:XPC2kH/d
チョンが入れたんじゃ全然うれしくない

33 名前:名無しステーション[] 投稿日:2011/01/30(日) 02:26:28.58 ID:4pAJy3Zh
なんか微妙な気持ちになる(´・ω・`)

47 名前:名無しステーション[sage] 投稿日:2011/01/30(日) 02:27:24.85 ID:aJ4efONj
本当に残念だわ
せめて日本人が一点入れとけよ

48 名前:名無しステーション[] 投稿日:2011/01/30(日) 02:27:54.82 ID:n3TCRyL/
李かよ やばくね?つまらん

49 名前:名無しステーション[] 投稿日:2011/01/30(日) 02:28:10.40 ID:bp6yLAb1
なんか気持ち的にすっきりしないな

140 : だっこちゃん(チベット自治区):2011/01/30(日) 18:38:42.92 ID:85dTQCBh0
一人の優秀な在日(帰化済み)が出ても残り64万の在日の大半が無職 無税 生保 低モラル 犯罪者 棄民 逃亡者 嘘つき 乞食 なのは変わんないけどな

144 : ライオンちゃん(北海道):2011/01/30(日) 18:44:19.82 ID:Yk65yjny0
>>142
それ書いてるネトウヨもそのまま当てはまるのが笑えるところだよな。



誰か言ってたが、世界中の卑劣な奴を集めて卑怯者ワールドカップをやったら、日本のネトウヨはダントツで優勝が狙えるレベルだろう。

完全匿名で自ら傷を受けることのない安全地帯から自分のことは棚にあげて他者を叩きまくる。
ネトウヨと朝日社説子の行動パターンは、なかなか酷似していると思うがどうか?
そう言われたら、どちらも嫌でたまらないだろうけれど(笑)。

【送料無料】田中角栄の時代小沢一郎の知恵

【送料無料】田中角栄の時代小沢一郎の知恵
価格:1,575円(税込、送料別)

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20110202044932 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天