ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
この国が民主国家であること、法治国家であることが幻想に過ぎなかったことを、つくづく思い知らされた年.

今日は急な仕事で、大阪に行くことになった。
明日は祝日、高速が千円で帰れるので、トンボ帰りを企図している。
十数時間連続の運転になるから、眠っておく必要があり、また、疲れきっていたということもあって、昨夜は9時過ぎに床に就いたのだけど、3時に目が醒めてしまった。
こういう、生活リズムで毎日を過ごすのもいいかなと思う。
夜更かししていると、どうしても酒が飲みたくなり、ときどき、先夜のように深酒をしてしまい、酩酊状態でわけのわからない書き込みをしてしまう。
煩悩まみれの凡夫たる僕なので、他の方にどういう失礼な振る舞いに及ばないとも限らない。
健康のため、多少ともブランディングされてきた自分の名前のためにも、早寝早起きは三文以上の得になるのかもしれない。
しかし、それは無理だろうなという思いも、頭をもたげてくる。
何しろ、宵っ張りな性質は、なんと小学校時代からである。
両親が、子供に対して、放置気味なところがあったので、僕はそれをいいことに、毎晩夜遅く、深夜放送を聴きながら、漫画を描いたり、本を読んだりの生活を送っていた。
幼いときに身についた悪習を、取っ払うのは、なかなかに難しいものがある。
生活パターンを早寝早起きに切り替えるには、多大なエネルギーが必要となるだろう。

埒もない、個人的なことを書いてしまった。
読者諸兄には、僕の生活パターンなど、どうでもいい話であろう。

岡田幹事長が、さかんに「小沢氏が会ってくれない」とメディアに吹聴しているが、党内の微妙な問題を、安易に党外の者に愚痴るような行為には、首を傾げざるを得ない。
「情報公開」が民主党の「党是」ということなのだろうが、なんでもかんでも「公開」すればいいというものでもないだろう。
こういうところに、「素人政権」の青臭さを感じて、やりきれなくなってしまう。
同時に、現政権の、小沢氏に対する「扱いにくさ」を露呈しているようで、「ざまを見ろ」という気持ちも、なくはない(笑)
自分が政権の中で人がましくいられるのは、誰のおかげか、現政権執行部の誰もが、身にしみてわかっているはずである。
小沢氏は、国会招致、政倫審、一切出る必要はない。
出ても出なくても、叩かれるのだ。
百害あって一利もないことに、人身御供のように身をまかせることはない。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

そんななか、補正予算審議を質にして、小沢氏の国会招致を声高に要求していた野党も、「そんなことをしている場合か」という世間の空気を微妙に感じ取ったのか、審議に応じる方向のようだ。
検察(検察審査会)、メディア、野党各党、そして与党民主党執行部が、それぞれの自己都合で、ひとりの力ある政治家を魔女裁判にかけ、葬り去ろうと画策し、カラスの鳴かぬ日はあっても、小沢攻撃の止む日はない状況にあって、さすがに、テレビ新聞にしか情報源を持たぬイッパンコクミンの間にも、「何かおかしい」という空気が醸し出されてきても不思議はないだろう。
ただ、基本的に、「真実」などという一文の得にもならないことより、自己の視界の範囲内のことどもをはるかに重要とする傾向になりがちなのが人間というものであろうから、おかしいと感じつつ、深く追及しないだけである。
しかし、今年もあと2ヶ月で終わるわけだが、この国が民主国家であること、法治国家であることが幻想に過ぎなかったことを、つくづく思い知らされた年だった。
小沢一郎という傑出した政治家の残すであろう功績の第一は、自らに加えられた攻撃を通じて、このニッポン国を真に支配しているのは、決して、表にあらわれた政権などではないということを炙り出したことだ。
その炙り出されつつある「裏権力」ともいうべき存在に、与党も野党もなくつき従ってきたのが、ニッポン国の戦後史であり、その意に沿わない政治家は、ことごとく、「政治とカネ」のスキャンダルをでっちあげられ、「金権政治家」の汚名を着せられて、葬られてきた。
あるいは、その存在の死命を制するような動きに出た者のなかには、直截に命を奪われた者さえ、いた。(石井紘基氏のように)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

しかし、その存在の最先兵となって、支え続けてきた記者クラブメディアが弱体化を見せはじめ、逆に、スピンのかけようがないネットで、奪われ続けてきた「発言力」を獲得した、自立した個人の群れが、「おかしいものはおかしい」と声をあげはじめたことは、闇の中に一条の光を見る思いがする。
1000人をあつめた、10/24のデモは、その意味で、歴史的なものとなった。
数十年後に、この日のデモが「日本の真の民主主義を勝ち取るきっかけとなったもの」と教科書に書かれるような、そんな世をつくっていかなければならない。

そのための第二歩ともいうべきデモが、来る11月5日に予定されている。
九州在住のために参加するのは難しいが、どうか首都圏に住む心ある読者諸兄は、地方在住者の熱い思いを汲んで、できるだけの参加をお願いしたい。
ブログ「カナダDE日本語」で、簡潔に示された案内を、以下に転載させていただく。


日時: 2010年11月5日(金) 18:45 18:30集合 19:00 18:45デモ行進開始

場所: 明治公園 地図
    東京都新宿区霞ヶ丘町6
   (公益財団法人 東京都公園協会サイト)
    都営大江戸線 国立競技場駅(E25)下車 徒歩2分
    JR中央線 千駄ヶ谷駅下車 徒歩2分
    東京メトロ銀座線 外苑前駅下車 徒歩15分

主催者: 権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会
      公式ブログ http://kennryoku-teikou-kok.cocolog-nifty.com/blog/
November 5 Second Demonstration Against Prosecutors and Committees for the Inquest of Prosecution (OCIP)

This Friday the 5th November, we are going to have second Demonstration Against Prosecutors and Committees for the Inquest of Prosecution (OCIP) which made false charge and now human right is severely infringed. Citizens of Japan can not stand on this situation anymore, so last time on October 24 in Ginza district of Tokyo, more than 1000people gathered by calling on Internet,Twitter and blogs had massive demonstration from Mizutani Park in Ginza to Hibiya Park. It is also the topic among internet users and information conscious people that mas media bias gives citizens wrong messages that has politically intention for ruling silent sheep not to awake and recognize truth and false on any kind of matter which involves this country.

Demonstration will start from 18:45 , Meiji Park near Sendagaya staation Jr line


さて、そろそろ、大阪に向けての出発の準備をしなければならない。
もう少し、日が接近していたなら、大阪から新幹線に乗って、デモに参加するのになあ。
それでは、行ってきます。

政治家石井紘基その遺志を継ぐ

政治家石井紘基その遺志を継ぐ

価格:3,990円(税込、送料別)





関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(4) | 20101102061133 | 編集
747|老人党員|20101102081455

安倍晋三や麻生太郎は過去にいったい何をたくらんでいたのだろうか?小沢事案もその一端であり、第1及び第5審査会の連中もその残党どもの仕事と想定するが、今後も、彼らに対して警戒を怠ってはならないと思う。さて、警視庁外事3課のPDFの大半は保存日が5月上旬のゴールデンウイーク中になっており、この時期に印刷した文書などが一斉にPDFに変換されたとみられることが判明したという。安部、麻生を取り巻く高級官僚について当時の報道で気になることがある。私は、ネットに流出したこれらのPDF文書を目にふれたわけではないが、5月と言えば鳩山さんの普天間基地問題で大揺れのころ、連休を利用して、旧政権の残滓が、行った所業に違いないと思う。しかも、このPDF文書、一太郎というかなり古いソフトで(現在はマイクロソフト系やアドビ社系が主流で1)作成されたといい、このソフト操作は50代以上の世代が使ってきたもので、ワープロソフトは当時、役所内で主流として使われてきた。安倍晋三や麻生太郎の残滓をくむ、役人が故意にこれらの資料を流出させたとしても、不思議でない。少し早いが本年の流行語【共謀罪】についてのニュースを下記にあげておく。清和会の警察官僚とそれを取り巻くマスコミの跋扈だけは、御免こうむりたい。与党であれ野党であれ、国家の貞をなしていないことを憂う。
〔略〕共謀罪
新設はもとより刑法全面重罰化・潜入捜査・盗聴拡大・監獄法など治安立法攻撃は更に続く。既に6月8日自民党政務調査会はおとり捜査・潜入捜査、司法取引、盗聴拡大を打ち出している。警備公安畑から警察庁長官に就任した漆間(うるま)は、今春の有事法制制定・警察法改悪を踏まえ「反テロ予防体制」の構築を自らの任務として打ち出している。恐らく元警察庁長官・山田英雄公共政策調査会理事長が6月警察政策学会で打ち上げた、治安対策基本法制定、危険人物の一時拘束、盗聴法改悪、破防法改悪、スパイ罪制定、警察緊急権の有事立法、各種治安機関の警察庁への統合など、有事治安法構想がその内容である。
〔略〕〔安倍晋三が抜擢した〕三谷氏は、警備・公安畑を歩み、外務省や防衛庁に出向経験がある。森喜朗首相の秘書官を務め、政界・官界に顔が広い。
〔略〕談合情報がいくら出ても調べようともしない下関署に疑問が強まっている。安倍事務所は清和会の警察官僚と関係して山口県警の人事にまで影響力をもつといわれており、それに逆らえば警察が動くというのが常識と語られている。商業マスコミも江島、安倍絡みとなると、黙して語らずで、買われていると評価されている。
748|kazu(Gevarista)|20101102112906

 お仕事大変ご苦労様です、忙しい仲このようなブログを発信されていることに重ねて敬意を表します。
Mixiでも書いてますが10.24参加してきました、11.5も北国から参加します。
 同志・友人の思いを背負ってデモしてきます。

 健康に気をつけて御精進ください。
750|トッペイ|20101102221122

警察ジャーナリストの黒木氏が自殺?ありえない。母親が手術に成功してほっとしたあとに自殺などするもんでしょうか。黒木氏は警察の闇を追及し、畠山静香事件では相当真実に迫った取材をしていました。
小沢さんの愛弟子、三宅雪子さんも転落事故?裏権力も相当焦っているようですが、いいかげんにしろと言いたい。
751|taira|20101103033424

久しぶりに怒髪天をつく気のする情報です!
最も対外的には中国、ロシアの足元見た行動に、大抵 腸はボイル状態ですが。

有田芳生さんの『酔醒漫録』からです。
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/
>〈「検察審査会」メンバーはホントに存在するのか?〉という記事に東京第1検察審査会総務課課長へのインタビューがある。「議事録を見せてください」との質問への回答である。「議事録といったものはつけておりません。会議の実施日時や参加者を記録する会議録ならありますが……」。「議事録がない!てことは、審査員の誰が何をしゃべったか、一切記録に残っていないってこと?」とさらに問うと「そうなります」と課長は答えている。こんなバカなことはない。「議事について」の記録を作っていないならば、それは検察審査会法「第二十八条」に反している。

もう呆れて物が言えません・・・
どこの会社の小会議でも議事録なんか取るのは初歩中の初歩。
それすらとってないとは、、、、これだけ重要な意味を持つ国内的な会議で。
それに前回の小学生でも間違わないような平均年齢の度重なるミス。

感情に任せて言ってるのでなく絶対におかしいです。
ますます八百長臭い!
今回のこの出鱈目さも大いに広まって欲しいものです!
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天