ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
自民党という名の「55年体制の亡霊」がこの地球上から消滅する日はいつなのか

本日昼間、国会中継をチラと見たが、レンホー大臣が国会内でファッション誌の取材を受けたのが問題だのどーだのと、どーでもいいことをウダウダとやっていて、あー、ダメだ、この国は滅んでしまうと絶望的な気分に襲われた。
円はもうすぐにでも一ドル80円を割りそうな事態に立ち至っているというのに、実にくだらない問答をいつまで続けているのを見ると、質問している自民党議員に軽い殺意に似たようなものさえ覚えてしまう。
やる気のない選挙支援で、町村のような金権政治家に、逆に「政治とカネ」攻勢を許して当選させるという醜態を晒した菅政権も菅政権だが、そんな敵失を自分らへの支援と勘違いして、レンホーがどうの、証人喚問がどうのと、相手の足を引っ張ることに時間を費やしている自民党の面々は、分子レベル、原子レベルまで分解されて、この大宇宙に溶け込んでしまえばいいのにと思う。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。


こんなくだらん政党は、早いところ、潰すべきだったんだ。
菅政権発足時、小沢氏に一旦死んだフリをさせて、支持率が回復した後に、隠密裏に参議院選挙指導を任せていたら、選挙に大勝はしなかったとしても、過半数割れはなんとか阻止できたかもしれない。
そうしたら、進行中だった小沢氏の自民党殲滅作戦がどんどん進行していって、今頃、存在していたかどうかもわからなかったはずだ。
そんな小沢氏を干しあげて、何も仕事をさせなかった結果が、今の菅政権の窮地であり、自民党の無駄な増長なのだ。

政治はすべて官僚にまかせて、自分たち政治家は、国会内でくだらない政局に明け暮れる。
そんな時代は、もう終わらせなければいけない、ということで達成されたのが、昨年秋の「革命」だったはずだ。
旧秩序は、新秩序によって、徹底的に破壊し尽くされなければ、新しい世の到来は覚束ない。
「大政奉還」で無血革命を志向した坂本龍馬より、徹底した徳川への武力討伐を主唱した中岡慎太郎のほうに、「革命の純化」という点でシンパシーを感じる僕は、平成維新と呼んでもいい昨年秋の政変は、自民党という旧秩序の徹底的殲滅で完結されなければならなかったと今も信じている。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。


しかし、旧秩序は生き残り、その息を吹き返しつつある。
そして、「新秩序」の建設はその担い手とともに動きを止めることを余儀なくされてしまった。

くだらない問題で与党を揺さぶり、十年一日のごとき「政局騒動」を、凝りもせずに国会で演じ続けている、この自民党という名の「55年体制の亡霊」を、完全に地球上から消滅させるには、あとどのくらいの時日を要さなければならないのだろう。

ところで、北海道5区の補欠選挙、メディア各紙は「小沢氏の『政治とカネ』」を敗因として第一に挙げているが、これは、「郵便ポストが赤いのも」の類だろう。
なんでもかんでも「小沢が悪い」としてしまえば、八方丸くおさまるとでも思っているらしい。
しかし、以下の「北海道新聞」の、「世論調査」を見てほしい。
「投票するのに参考とすべきこと」の第何位に「政治とカネ」が挙がっているか、よく確認すべきだろう。

社会保障を重視58% 本社世論調査(10/18 06:43

24日投開票の衆院道5区補欠選挙に向けて、北海道新聞社が16、17日に行った世論調査で、補選に「大いに関心がある」と「少しは関心がある」を合わせた関心派は79%だった。8~10日に実施した前回世論調査の77%から微増したが、過去の選挙の調査結果と比べ、低水準となっている。
1996年の小選挙区制導入後に、衆院道5区の選挙で公示後に実施した世論調査を見ると、2000年の関心派は今回と同じ79%だったが、03年以降は上回っている。実際の投票率は96年を除き、関心派の割合よりも13~18ポイント低くなる傾向がある。

 また、投票する候補を「決めている」「だいたい決めている」を合わせた決定派は72%で、前回調査の58%より増えた。「選挙で重視する政策や問題」(二つまで選択)は、1位が「年金、医療、介護など社会保障」の58%、次いで「景気・雇用」56%、「教育・子育て」33%と続いた。4位は「尖閣諸島問題など外交・防衛」の20%、5位は「政治とカネ」は14%で、順位は前回調査と同じだった。



関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(2) | 20101026095939 | 編集
734|肥後在住の憂国の志士|20101026080554

今回の選挙の敗因は、菅政権の政治全般にわたる無為無策ぶりが有権者に否定された結果だと思います。
大手マスコミ各社は大勝などと言ってますが、3万票余りの差ですよね。
単純に言えば、1万5千票余りが民主党候補に流れれば勝てたということなので、小沢さんがいれば結果は変わったのではないでしょうか?
それにしても、古い自民党政治の象徴ともいえる町村氏が、政治とカネで民主党批判をするなんて、ブラックジョークでしかないですね。
736|一徹老人|20101026155936

桐蔭Webによると:横浜キャンパス、六本木キャンパス(主に社会人を対象とした法科大学院)の選択は、出願時点で決定し、以後の変更は認めない。
 ※通常授業の履修は、選択されたキャンパスのみとする。
 ※集中授業等については、指定されたキャンパスでの履修となります。
 ※図書自習室をはじめ、通常授業の履修以外での施設利用については、横浜キャンパスでも六本木キャンパスでも利用可能です。

昼間の授業で履修できる方は横浜キャンパス。 (月から土16.30)夜間の授業はpm7:より六本木
教授陣はq担当専任教授MC●●、客員SY●子(日本経済新聞出版社と共同監修の著書あり)、吉田繁寛である。

さて、吉田繁寛のもつ、カリキュラムを列記してみる。
前期授業4月日~7月21日、前期定期試験7月24日~7月31日(客員であることから当然に他学科の試験監督も駆り出されたであろうし、採点もあろう)、夏季休業8月2日~9月20日、並行して前期集中授業及び前期追試試験がなされる。
129月27日~10月2日(履修登録期間)
その他の事項については、平成9年度桐蔭横浜大学法科大学院に対する認証評価結果もWebにて参照頂きたい。

以上であるが、吉田繁寛が客員教授の任を負いながら上記の日程の中で吉田繁寛が審議会補助弁護士として、十二分に関与したとはいいがたい。
結論として、●吉田繁寛の補助弁護士の任を受けてからの業務日報の情報開示させる必要がある。
●勤務時間と業務報酬の照合(会計検査員の出番と考える。)
●本事案の審査員への説明が、米澤弁護士の考えを踏襲していることから、法科大学院生への実習科目(模擬裁判、エクスターンシップ)の資料(パワーポイントによる)でも、使用していると想定するが・・・
●(模擬裁判、エクスターンシップ)は、集中授業として行われ、相互に連携しながら机上の議論では分からない実践的なイメージをつかみ、さらに総合演習科目の理解が深まるように工夫されているという。
●桐蔭学院、大宮学院、大東文化大学は第2弁護士会がバックアップし、刑事事件記録簿を、これらの実習に活用できるよう要望をしてきた事実に注目。(3つの大学は同質)
●よって、米澤及び吉田が連絡しあって、手抜きやあらかじめ審査員を潜らせる(3つの大学には社会人大学生もいることから)ことも想定できるが、邪推まで?
●いずれにせよ、マスコミまで合わせて、一派ひと限り、同じ穴のむじなと想定する。
●今後はマスコミに対しデモをおこし、マスコミに調査させるのも、一考である。マスコミの良心に期待してみたいものだ。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天