ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
弘中弁護士には、小沢氏をさんざんコケにしたマスコミを名誉毀損訴訟でことごとく血祭りにあげることを望む

宮崎学氏の「小沢一郎へのアドバイス」(10/20現在まとめて読めるページ)を、小沢氏本人か、その周辺の誰かが読んだのだろう。
小沢氏の主任弁護人として、弘中惇一郎氏が就任したようだ。
実はこの情報、数日前にあるお人から知らされていたが、「他言無用」ということだったので、口を噤んでいた。
ともあれ、弘中弁護士に今、つよく望むのは、何より偏向マスコミが小沢氏に加えた、「何でもアリ」のバッシングことごとくを、名誉毀損で訴えることだ。
とくに、一昨日に当ブログでとりあげた、辛坊治郎の暴言、あれは確実に、名誉毀損の構成要件を満たしていると思う。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

弘中弁護士は、村木厚子さん冤罪事件で名前をあげたが、他にも「ロス疑惑事件」の故・三浦和義氏や、「薬害エイズ事件」の故・安倍英氏の弁護も担当、無罪に導いている。
どちらも、今の小沢氏同様、「希代の極悪人」として、マスコミが集中バッシングを加えた人物だ。

少し余談だが、三浦和義氏の事件については、僕は10年も前に、その作品を愛読していた本格ミステリ作家、島田荘司氏の1800枚に及ぶ大著「三浦和義事件」を読んで、「三浦氏はシロだった」と確信したが、その後の、彼の不可解な死までの数奇な経緯を追っていくと、出口のない迷宮に入り込んでしまったような気分に襲われる。
しかし、あの一級の記録文学を読んで得たものは、ひとりの一般人に対してリンチのような迫害を加えた、マスコミ、およびこのニッポン国住民そのものの、低劣な「成熟度」の有り様だった。
小沢一郎という、わがニッポン国にとって有用な政治家を、「疑わしいから証拠がなくても裁判所に引きずり出せ」とする第五検察審査会のメンタリティは、あのときの、国をあげての「怪しきは罰せよ」という大合唱と、寸分も違わぬものであろう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

ともあれ、弘中惇一郎氏は、マスコミに対する名誉毀損事件のエキスパートと言ってもいい存在である。
たとえば、以下のような事件も担当していた。

第172回 テレビ報道訴訟とBRC問題

人権と報道・連絡会の第172回定例会が3月11日夜、中央大駿河台記念館で開かれ、約40人が参加した。
テーマは、帝京大ラグビー部事件テレビ訴訟。
98年1月、同部員ら8人が集団レイプ容疑で逮捕された際、テレビのワイドショーは「事件」をセンセーショナルに報道、実名・顔写真入りで部員らをバッシングした。
これに対して部員2人が冤罪を訴え、BRO(放送と人権等権利に関する委員会機構)に報道被害救済を申し立てたが、BRC(同委員会)は事実上、報道を容認。
2人とその家族は日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日の3社を名誉棄損で提訴した。
例会では、代理人の弘中惇一郎弁護士が、2月に原告勝訴の控訴審判決が出たフジテレビ訴訟を中心に訴訟経過を報告、報道被害を救済できなかったBROの問題点についても討論した


記憶に残るこの事件、そうか、犯人とされた学生のなかには、冤罪を訴えている人がいたのか、と驚いてしまう。
それが、どういう事件であったのか、当のBPOのサイトに詳細が載せられているので、参照してほしい。
「問題ない」とするBPOの結論がどれだけクソであるのかは、フジテレビ訴訟での高裁判決で証明されているが、事件の経緯はこれで掴めるだろう。

 委員会決定 第8号 帝京大学ラグビー部員暴行容疑事件報道

弘中弁護士は、しかし、小沢氏強制起訴後の刑事裁判にのみ、かかわる方針であるそうだ。
忙しいのは良くわかるが、せめて無罪確定後、小沢氏をさんざんコケにしたマスコミを血祭りにあげることを、伏してお願いしたいものだ。

三浦和義事件

三浦和義事件

価格:2,940円(税込、送料別)


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(3) | 20101021095030 | 編集
727|-|20101021202834

このコメントは管理人のみ閲覧できます
728|一徹老人|20101021204418

審査会召集に重大な疑義
【検察審査会の構成】
Q9 検察審査員の任期はどれくらい?
A9 任期は6か月で,いつから始まり,いつ終わるかは,第1群から第4群までのうちどの群の検察審査員・補充員として選ばれたかによって異なります。
第1群;前年12月28日までに検察審査員・補充員が5人ずつ選ばれ,任期は2月1日から7月31日。
第2群;3月31日までに検察審査員・補充員が6人ずつ選ばれ,任期は5月1日から10月31日。
第3群;6月30日までに検察審査員・補充員が5人ずつ選ばれ,任期は8月1日から翌年1月31日。
第4群;9月30日までに検察審査員・補充員が6人ずつ選ばれ,任期は11月1日から翌年4月30日。
※検察審査員候補者は,各検察審査会ごとに第1群から第4群までの4つのグループに分けられる。
【審査会議】
Q50 会議の期日の通知は,会議の何日前ころにあるのですか?。
A50 最初の会議の通知は,1か月くらい前にあります。それ以降は開かれた会議の席上で検察審査員の方々の都合も考慮して決めています。
上記により、第1回議決は4月27日で1群と4群の審査員で構成。(召集期日は確認していないが、妥当と思われる)
第2回議決は10月4日であり、2群と3群の審査員で構成され、読売、毎日ノ報道により、吉田弁護士は実際の審議は8月の月始めとある。この審議委員の招集は、上記Q&Aに矛盾する。やはりこのような会議招集は役人仕事からして1月程度の準備は必要。筆者は出来レースと判断します。大至急、調査下さい。
729|トッペイ|20101022003937

三浦氏の事件のついては、当時マスゴミの悪影響で間違いなく真犯人だと思っていました。しかし、起訴されたら、99パーセント有罪になる日本の裁判で完全無罪になったのですから、マスゴミの報道とは一体何だったのでしょうか。三浦氏逮捕のきっかけは、当人のMIXIの記事だったといいます。とすると、面子をつぶされたアメリカ当局は執念深く三浦氏を長年監視していたのでしょう。
自殺についても釈然としません。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天