ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
辛坊治郎の暴言は絶対に許さない

おはようございます。
昨夜は9時頃に就寝し、朝7時前に起床。
10時間近くは寝ていたことになります。
最近は、とみに体力が減退していることを痛感しています。

辛坊治郎の「検察審査会を批判する識者はたわけ。小沢からカネを貰っていることを明言させていただく」という暴言には、本当に呆れましたね。
ブログやツイッターで、素人が、こういう主観的な断定をするのは、まだ、許されるかもしれない。
それでも僕は、なるべく、そういうことは慎まなければならないと、常日頃、思っています。
然るに、長年、民放でキャスターをつとめた、いわばその道の「プロ」が、公共の電波を使って、こういう明らかな誹謗中傷をするその下品さ、悪辣さはどういうことでしょうか。
どういう勢力のどういう意向を受けて、こういう野放図な言動が許されているのでしょうか。

以下の映像は読者それぞれがダウンロードして欲しいと思います。
これは、重要な証拠物件です。




今日はもう時間がありません。
続きはまた。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(3) | 20101018083115 | 編集
718|-|20101018213918

このコメントは管理人のみ閲覧できます
719|タカオとタカコ|20101018220014

本当に仰るとおりです。この辛坊とかいう茶坊主だけは絶対に許すわけにはいかない。どこかの勢力の操り人形に過ぎないのだろうが、この男については徹底した抗議行動を起こすべきである。なお、辛坊の発言内容は「ろくぶんぎ」さんが10月17日の記事で文字起こしされてます。http://ameblo.jp/gyakusetu-turedure/entry-10679688529.html
720|トッペイ|20101019032521

シンボウは、中川昭一さんが亡くなったときにも、よくもおめおめと日本に戻ってきたなと暴言を吐いていました。こんな発言を公共の電波を使って垂れ流すことは断じて許せない。
小沢サイドは、名誉毀損で告訴することも視野に入れるべきです。
もはや、許容できる範囲を超えています。黙っているべきではない。電波芸者の分際で調子に乗りすぎだ。何様のつもりだ。国賊が。
動画を見て怒りに打ち震えています。興奮してすみません。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天