ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
晩節を汚す与謝野馨の下品な質問

今日から少し、記事のスタイルを変えようかと思っている。
今まで一記事ひとつのテーマでどどどーっと、やってきたが、このやりかたは、たとえばハンバーグというおかずひとつで三杯も四杯もご飯を食べるようなものだ。毎日こういう食生活をしていると、さすがに精神的な疲れを感じてきて、食欲そのものがなくなってしまう。
読書に例えても、7巻も8巻もある大長編小説を読むには、入院したときとか、パクられて塀の中にいるような、時間が有り余っているときに限られている。仕事を持っている日常の中では、とても読破などできる話ではない。
この間、事故で入院していたときでさえ、「大菩薩峠」を読もうと挑戦したが挫折し、結局読んだのは、エラリー・クイーンの国籍シリーズ3冊と、例の村上春樹の「1Q84」だけだった。
しかし、なんだ、あのわけのわからん小説は。主人公の青豆は、まあ、ストイックでちょっとエロくて魅力的だったが、もうひとりの・・・。ま、まあいい、そんなことは。話が逸れてしまったではないか。
毎日、いろんなニュースが飛び込んできて、いちいちとりあげたいのだが、それぞれを深く掘り下げていたら、とてつもない長さにもなるし、だいいち、体力がもたない。
これからは、韓定食のように少量のおかずを盛った小さな皿が何種類もあるような食生活、短編集ばかり読むような読書の仕方、そんな感じでエントリーを構成していきたいと思う。



★今朝、「真実を求める会」について、朝日に電話をしてみたのだが、土曜日ということで、受付が休みだった。
話が出来たら、今日のエントリーでその内容を書くつもりだったのに、とても残念だ。
ただ、朝刊の記事には、その団体の実体が、多少踏み込んで書かれていた。

「小沢氏不起訴は不当」検察審査会に市民団体申し立て 
(抜粋)提出したのは、元新聞記者、行政書士、元教師ら約10人でつくる団体。当初の告発に含めていなかった2007年の陸山会から小沢氏への返済金4億円の不記載についても同日、小沢氏を共犯として特捜部に追加で告発状を提出した。


「元教師」というのと、「10人」という人数が新しい情報として付け加えられたのだ。
きっと、前回報道したときに、「この団体は何者だ?」って疑問を持った僕のような人間から問い合わせが殺到したんじゃないだろうか(笑)それで、これは多少、前よりは詳しく書いとかないとマズイということで、こういう仕儀と相成ったわけだろう。
しかしな~、これでも何がなんだか、わからないんだよね。
「真実を求める会」さんよ、一国の与党幹事長の手をを何がなんでも後ろにまわしたいのであれば、きちんと素顔をさらして自分らの正体を明かしてみろよ。
そして、各マスメディアさん、なんで、この人らの正体を隠すんだ?
後ろめたいことがあるとしか思えないぞ。



★昨日、国会の「政治とカネ」集中審議とやらを少しだけ見たんだけど、自民党の救いようのない劣化を見せつけられることに人生の貴重な時間をとられるのが勿体なくて、途中でやめてしまった。
だから、与謝野氏の質問の場面は見なかったんだけど、あとでニュースで見たら、まあ、ひどかったね。
「最近、やくざ映画をよく観るんですが、そういうシーンがよく出てくるんですね」
ようするに、秘書に罪をかぶせて、政治家は知らん顔ということをやくざの親分と子分の関係になぞらえて言ってるんだけど、思ったのは、
与謝野さんって、やくざ映画を観る人なんだ・・
ということだ。
たしかに、僕も好きだ。深作欣ニの「仁義なき戦い」シリーズは何度繰り返し、観たことか。
卑劣さ、欲深さ、弱さ、臆病さ、凶暴さ、そういう人間の負の側面をリアルに描いていて、本当に面白い。
他の実録ものもほとんど観たおかげで、広島のみならず日本各地の「戦後やくざ抗争史」に詳しくなったくらいだ。
もしかしたら、与謝野さんと話が合うかもしれない。
「与謝野さん、第二作・広島死闘篇の北大路欣也、良かったですねえ~」
「そうだね。でも私は『仁義の墓場』の渡哲也が好きだね」
「ああ~!『それでも石川力夫は生きていた』ってやつですよね!」
などなど、マニアックな会話が出来るかもしれない。
そしてふたりでなごやかに『県警対組織暴力』のDVDでも観るかもしれない。

おっとと、また話が微妙にずれてきた。修正します。
とにかく、言いたかったのは、一国の首相をやくざの親分に見立てるなんてド失礼なことは、今までのどんな野党でもしなかったろうってことだ。
そういう言葉や「平成の脱税王」なんて言い方で首相の感情に火をつけておいて、最後には首相の身内(弟)からきいた愚痴という伝聞に過ぎない事柄で挑発。そりゃ、首相がキレるのも、良くわかるよ。
なんか、最近、自民の古ぼけた「昔の名前でいまだに出ています」的なひとたちが、自分の存在を重からしめたいためかなんか知らんが、次から次にしゃしゃり出てきているみたいだけど、「質問」なんてガラじゃないし、そういう能力もないと思うんだよね。
与謝野さんって麻生政権下で、いろんな大臣職を兼ねて、頑張ってたじゃない。病身なのに大変だなあって、僕は、内心、同情しながら見てたよ。寡黙で、もくもくと実務をこなす人って印象があったのになあ。
自民の新人がするような下品な質問で、お祖父様、お祖母様の名前に傷をつけないように、晩節を汚さないようにって心からそう思うよ。

ところで、首相がキレたとき、「総理、冷静に。挑発に乗らないように」って忠告してた民主党の人って誰なんだろうね。さすが、大人だなあ。
僕がもし首相だったら、単純だから、挑発に乗りまくって、言いたいこと言ってやったかもしれない。
オリエント貿易から迂回献金を受けていた与謝野さんには言われたくない!!
って、はっきり言ってやったかもしれない(笑)

自民・与謝野氏に巨額の迂回献金
きっこのブログ

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(2) | 20100213234755 | 編集
57|智太郎|20100216175450

 こんにちは・・_(_^_)_です。ゴロンしてました・・無職になってしまった智太郎です。・・母の楽しく通所する(月・水・金)介護支援センターに元外務省の官僚だった男性が入所して来た時の事を母から(介護職員を通して)詳しく聞いた話:外務省で事件となった「機密費」:「外務報償費」?(>_<) 難しいですが分かりやすく聞いた話を「政治とカネ」の問題を通しながら・・・と言う主旨で記事にしました。毎度のユニーク:おもしろ画像写真では、「某介護支援センターにてピースする母」「活躍貢献する母・自分の5歳の時の写真」「日本の裏金で怪しい小沢幹事長・岡田外務相大臣」写真画像を貼りました。<m(__)m>・・どうぞ!遊びに寄って楽しく見てやって下さい。・・1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。
59|マスコミ盲信者|20100217112949

Add your Comment, please
人は誰しも猫を被って行動する.しかし,自制を失った時などに本性を顕わす.
その良い例が,与謝野氏の発言であったと思う.
正に,晩節を汚した与謝野氏とは絶妙なる批判であると思う.
鳩山首相は野党時代に秘書の責任は議員の責任と声高に主張したとの非難を受けているが,鳩山首相が母からの資金援助を全く知らなかったことの証しであることは,痛快である.収入を認識しながら過少申告をした人に対して脱税した,と言えても,収入すら認識してない人には脱税しようと思っても脱税のしようが無い.自分の場合に当てはめてみれば良く分かる.
鳩山氏の本性が見えたように思われる.
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天