ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
「真実を求める会」も「第五検察審査会」も、小沢抹殺のためにデッチあげられたヤラセ団体である!

「小沢一郎政界抹殺プロジェクト」が起動したのは、いうまでもなく、昨年3月の「西松事件」からだった。
ほぼ「死に体」だった麻生自民党政権の「起死回生」をはかって、旧体制側が仕掛けた乾坤一擲の勝負。
そして、当初は、必ず小沢氏をあっせん利得罪で起訴できるという「自信」も、東京地検特捜部にはあっただろう。
しかし、秘書の大久保氏を逮捕しても、各関係先を捜索してみても、何も出てこなかった。
この旧体制権力の意を受けた検察の読みのハズレが、あれほど恐れていた「政権交代」と、せっかく、せめて「代表」の座からひきずり下ろせたと思っていた小沢氏を「与党幹事長」という権力の中枢に座らせるという結果を許してしまったのだ。
ちょうど一年前、鳩山政権発足から年末までの3ヶ月間、鳩山-小沢体制が次々と打ち出す「革命政策」に、存亡の危機を見た旧体制権力は、「小沢一郎政界抹殺プロジェクト」を、再起動させた。
もはや、真偽はどうでもいい、小沢一郎に関する「政治とカネ」の疑惑を、何もなければデッチあげてもいいから、派手にぶちあげ、大騒ぎを演じて、徹底した「小沢=悪」の世論を構築していく。
そして、その偽造された世論の後押しを受ける形で、小沢一郎の政治生命を奪う。
官僚、検察、旧与党、記者クラブメディア、そして米当局の最終的な目標はそこにあり、それに向けた周到で陰湿なトラップが、用意されたのだ。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

「真実を求める会」も「第五検察審査会」も、そのためのツールとしてデッチあげられたヤラセ団体に過ぎない。
まず、小沢氏を刑事告発し、不起訴処分となったあとに、検察審査会に不服申し立てをした「真実を求める会」。
これは、参考人だった小沢氏を刑事被告人とするためと、そして、いずれ検察審査会に提訴するときに備え、その正当な資格(告発者)を有する者を確保するため、この「一石二鳥」を狙って検察当局が準備した、そのためだけの、実体の希薄な「市民団体」だと推測する。
昨日のエントリで引用した朝日の記事に、この会を構成する60代男性10人の元職業のひとつとして、「新聞記者」という記述がある。
検察とタッグを組んで、小沢氏を貶めるために、あることないことを書き散らした「大新聞」の役割を考えてみると、これがいかにも、胡散臭い。
この人物は、元3kの政治部記者で、右翼系CSチャンネルにたびたび登場し、右翼系総合雑誌にも執筆。
時折、テレビ朝日のTVタックルや、朝生に出演して、やたらデカイ声をがなりたてて、他の出演者の発言を妨害しているあの御仁であるらしい。
その真偽はともかくとして、検察とメディアのズブズブの関係からデッチあげられた団体であることは、想像に難くない。
検察肝いりの団体に告発させ、それを受理する形で、小沢氏を刑事被告人の立場で聴取する。
もともと起訴できないとわかっていながら、聴取→不起訴という自作自演を演じ、それをメディアに報道させる。
そして、この傀儡市民団体に、検察審査会に対する不服申し立てを行わせる。
すべて、プロジェクトの脚本に忠実に沿って行われたのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします

そして、あとひとつのヤラセ団体が「第五検察審査会」である。
「え?検察審査会ってクジで不作為に選ばれた人たちではなかったの?」
そういう声が聞こえてきそうだが・・・おっと、ここで急な仕事が入り、明日は5時起きとなってしまった。
なかなか、遅遅として母として進まぬブログ更新、まことに申し訳ないと思っている。
仕事を抱える身であることをご理解いただき、この続きは、また明日ということにさせてもらう。


絶品ぜよ!


本日のお奨めアルバム
「モンスター」、「買い物ブギ」
などの歌謡曲カヴァーが最高

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(6) | 20101012092429 | 編集
709|yokotakanko|20101012113258

地の底から立ち上がるように、組織されたわけでない、無名の人たちの動きがはじまっています。
今はまだささやかなものですが、それぞれ無名の自立した個人が、勝手連的に連携することにより、未来を切り開く希望をたぐりよせる確かな力となりつつある気がします。
ここで提案です。わたしも自分のブログに勝手に小沢支援のNET署名のタグをはりましたが、わたしのブログの何十倍の読者をお持ちの貴ブログでもこのNET署名のタグをはり支援の輪を形成しませんか?
【小沢一郎議員の民主党議員としての地位保全を求める署名】 http://www.shomei.tv/project-1619.html こちらで貼り付けタグの埋め込みコードも取得できます。
無名の人間の声を集結させ、無数の蟻の一穴を作り、日本を情報支配するマスコミの強大な城壁を突き崩していきましょう!WeShallOverCome!
710|taira|20101012195910

>元3kの政治部記者で、右翼系CSチャンネルにたびたび登場し、右翼系総合雑誌にも執筆。
時折、テレビ朝日のTVタックルや、朝生に出演して、やたらデカイ声をがなりたてて、他の出演者の発言を妨害しているあの御仁であるらしい

こんな奴は世界広しといえど1人しかいませんね!
山際澄夫!  お前だ!  あの野郎・・・・ メラメラ(怒)
711|-|20101012231733

このコメントは管理人のみ閲覧できます
714|shimin|20101014184147

山際澄夫(EX酸刑)ではなく、
西村修平(EX國民新聞社)ではないでしょうか?
 ↓(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E4%BF%AE%E5%B9%B3

存分に国粋右翼臭プンプン
在特会との親和性もアリアリ
716|きじにゃあ|20101016185331

検察審査会から発表された「平均年齢」のデータから、「審査員選出の作為性の有無」、「データ捏造の可能性」について、ツイッターで有志と議論しながら、統計的方法で検証してみました。

3通りの疑惑を切り口に検討した結果、「審査員選出の恣意性」と「下手糞なデータ捏造の可能性」が強く疑われる結果が得られています。

以下に、「審査員の年齢に関する疑惑とその根拠」および「検証手法および結果」をまとめたので、ぜひ御覧ください。

【きじにゃあのツイッター備忘録】 「疑惑の検察審査会」
http://kijinyaa.exblog.jp/14220964/
717|きじにゃあ|20101016185813

「真実を求める会」について得られた情報を、以下にまとめてあります。ぜひ御覧ください。

【きじにゃあのツイッター備忘録】 「真実を求める会の正体?」
http://kijinyaa.exblog.jp/14158852/
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天