ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
再び「真実を求める会」の真実を求める

いずれ、やってくれるだろうと思ったが、今日、「真実を求める会」が検察審査会に小沢幹事長の「不起訴不当」を申し立てた。

「小沢氏起訴を」市民団体が検審に申し立て

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、小沢氏を政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で告発していた東京都内の市民団体が12日、東京地検特捜部が不起訴処分としたのは不当として、小沢氏を起訴するよう東京第5検察審査会(検審)に申し立てた。昨年施行の改正検察審査会法では「起訴相当」の議決が2度出された場合、検察の判断に関係なく起訴することを定めており、検審の判断が注目される。
(2月12日19時30分 産経新聞)

1月22日に、東京地検特捜部による小沢氏への聴取が行われる前日、忽然とこの世にあらわれて小沢氏を告発。
いつも、告発があってもすぐには動かない検察が、このときばかりは目も眩むような早さで受理し、翌日、小沢氏に「刑事告発がありましたので・・」と宣言、黙秘権のあることを話し、被疑者と変わらない「被告発人」として聴取をはじめた。そのことは拙ブログ「真実を求める会」の真実を求めるというエントリーに書いた。

その後、この会の正体について、いろいろなことが耳に入ってきた。
いちばん、有力だと思ったのが、差別感情・排外意識をむき出しにして、街頭に出、反吐の出るようなヘイトスピーチをわめき散らしている某極右グループと繋がりのある団体である。

この団体による検審への申し立てが予告された、2月5日の朝日の記事の一部を掲げてみる。

小沢氏の不起訴「不服」市民団体、検察審に申し立てへ

陸山会の土地取引事件で、小沢氏本人を政治資金規正法違反(虚偽記載など)の容疑で刑事告発していた市民団体は4日、朝日新聞の取材に対し、不起訴処分を不服として検察審査会に審査の申し立てをする方針を明らかにした。審査会が2度「起訴すべきだ」と議決すれば、小沢氏は強制的に起訴されることになる。
事件をめぐっては1月、行政書士や元新聞記者らでつくる東京都内の市民団体が、特捜部に告発状を提出していた。 (2月5日5時0分 朝日新聞 )


朝日新聞とこの謎の市民団体が接触していることは、ここに明らかだ。
朝日はどうやら、その構成員についても、把握しているのだろう。
前回の小沢聴取のときに検察とこの「真実を求める会」が、絶妙な連携プレーを演じていることをうかがわせたが、そこに朝日などの大新聞が一枚、噛んでいることも、なんとなく感じさせられるではないか。

さて、市民団体の正体であるが、それはいまだにわからない。
外国人参政権法案を企図する小沢氏に、なんとしてでも消えてもらいたいと思われる団体で、代表が行政書士といえばこの団体が出てくるようだが、まさか、あの街頭でヘイトスピーチをわめきたてる極右グループと繋がりのある団体と、検察や大新聞が手を結んでいるというのは、笑えない冗談のような話だ。

この市民団体と各マスコミとパイプがあるのは、明らかだ。
メディア各社だけが、この「真実を求める会」の真実を知っている。
明日、朝日新聞に電話をかけて、きいてみようか?(笑)

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(3) | 20100212235850 | 編集
53|雪村総也|20100213002621

どこの団体なんでしょうね
ここでいう「ヘイトスピーチをわめきたてる極右グループ」とは関係がありそうですよね
あそこの団体さんにはもう少しTPOをわきまえて欲しいと思う今日この頃です。
一時は支持していたのですけどね・・・最近は特に目に余ります。

ただ、あそこのグループは朝日新聞は大嫌いなので関係はない気がします。

もし、わかったら教えていただけるとうれしいです。
54|木村|20100213103734

いつもこのブログを愛読しているものです。
今日の記事、なるほど~と思い、早速朝日新聞社に確認の電話を入れてみましたが、どこの市民団体かは、教えていただけませんでした。
新聞に書かれている限りの情報しかないと。
記事を書いた記者はわかっているかもしれない、とおっしゃるので、記者の方の名前をお聞きしたら答えていただけませんでした。
話がちっとも進まなかったので、「大きな新聞が、いい加減な情報を書くのはどうかと思います! このままだと、おたくの新聞をとるのをやめる人が続出すると思いますよ!」と言っておきました。

日本は一体どこに行ってしまうのでしょうね?
こんなことばかりだと、小沢さんの体調が心配になってしまいます。

eijiさん、これからも、真実を書き続けてくださいね。 応援してます。
55|ロヒくん|20100213221237

「市民団体」と言えば、騒音反対とか景観を守れとか、住民の共感をもとに活動しますが、この「市民団体」は異様ですね。政治主張を持つならその意見を言うべきだし、法的主張をもつならそれを発表すべきだ。それが市民社会のルールでしょう。しかるに、この団体は身を隠し、暗闇から政治家と民主主義を撃つ。都合よく現れて特捜の肩を持つ。検察上部の法律論に対して、特捜の内意を受けて反抗しようとしているのか。特捜の上意討ちと読めないこともない。
その組織と身元はどうか、どういう意見を持つのか、コメント各氏も関心をお持ちだが、新聞はそれを公共的関心と認めないのだろうか。朝日は4段見出しで報じ、肩を持つ報道の仕方ながら、肝心の情報は隠している。銃弾を送りつける人と同じような、暗闇から撃つグループに、朝日はまさか、より添うのであろうか。
危険なにおいがする。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天