ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
古ぼけた、独善的、教条主義的な論説しかできぬ朝日は、この地球上から消えてなくなれ!

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

ひとつの政治的イデオロギーなり、宗教的教説に固執する集団や個人が、いわゆる「思考停止」状態に陥ってしまう例は、枚挙にいとまがない。
原理主義は、思想や教説の純化を極限にまで進め、集団を構成する個々人の思考から柔軟さを奪い、硬直させ、またそれを他者への攻撃に転化させる。
思想政党や宗教教団が、そのような傾向を示しがちなのに対しては、是非はともかく、「当たり前」のことであるから、格別な不自然さは感じない。
ところが、「公正・中立」を標榜しているはずの「大新聞」が、そんな原理主義的硬直性を、臆面もなく曝け出しているわが国の現状は、憂うべき事態と言わざるを得ない。

菅直人首相と民主党は小沢一郎元代表に対し、政治的なけじめを強く求めなければならない。
証人喚問に応じるなど国会での説明を促し、離党勧告か除名をする。最低限、それが必要だ。
小沢氏はきのう「政治活動は淡々と続ける」と述べ、離党も議員辞職もしないことを明言した。
真相解明は「司法の場に移っている」とし、国会での説明にも前向きと言えなかった。
検察審査会の議決で強制起訴は決まったが、公判の行方は予断を許さない。
しかしながら小沢氏には、自らの政治資金をめぐる問題で元秘書ら3人が逮捕・起訴された時点で、すでに極めて重い政治的な責任が生じている。
鳩山由紀夫前首相とともにダブル辞任に追い込まれたのに、わずか3カ月後に党代表選に立ち、多くの国民を驚かせもした。一連の政治行動に、選良としての節度を見ることはできない。
有権者の期待を裏切らず、歴史的な政権交代の意義をこれ以上傷つけないためにも、強制起訴決定の機会に議員辞職を決断すべきだった。
今後、法廷で闘うということだが、そのかたわら国会議員の重責を果たせるとは到底考えられない。(後略)

2010年10月8日(金)付 朝日新聞社説


この国には、起訴された時点で、その人物が社会的に抹殺されてしまうという、実に理不尽な慣行が存在する。
「起訴=有罪」という誤った認識の底にあるのは、99%という異常な「有罪率」と、それに立脚した、マスコミの「検察無謬論」的な報道姿勢だ。
しかし、大阪地検特捜部の主任検事が、証拠を自らの有利になるように改竄したことが明らかになり、その「無謬論」が大きく崩壊してしまった後でも、いまだにこうした「起訴=有罪」論を振りかざし、「起訴された時点で政治家はけじめとして離党・辞職しなければならない」という、十年一日のごとき主張を念仏のように繰り返す朝日の言動は、教条主義的ドグマに取り憑かれたカルト集団と、寸分も違うところはない。
有罪と決まったわけでもない政治家の身分を、軽々にああしろ、こうしろという、一種の傲慢な僭越さは、その政治家に負託した有権者の思いを踏みにじるものであり、民主主義を否定する、実に許されざるべきものでもある。
自らがデッチあげた怪しき「世論」「民意」を 絶対とし、唯一、正当な民意の表出である選挙結果を体現した国会議員を軽んじる朝日新聞は、国民、民衆の敵である。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします

それと、小沢氏は、まだ、現時点で起訴されているわけではない。
まだ、検察審査会が二度の「起訴相当」の議決をしたという段階である。
これから、検事役の弁護士が裁判所から選任されて、「強制起訴」ということになる「流れ」であるというに過ぎない。
しかし、検察審査会議決文には、その稚拙な内容もさることながら、周知のごとく、重大な欠陥が存することが指摘されている。

民主党の小沢一郎元幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、小沢元幹事長の弁護団が、検察審査会の起訴議決について、無効確認などを求める訴訟を起こすことを検討していることがわかった。
小沢元幹事長の弁護士によると、東京第5検察審査会の起訴議決について対応を協議してきたが、対応策の1つとして、議決の無効確認などを求める訴訟を東京地方裁判所に起こす方向で検討しているという。
弁護団は、議決の犯罪事実に、告発には含まれていなかった「資金管理団体が小沢元幹事長から借りた4億円の不記載」との内容が加えられていることについて、「重大な欠陥がある」としていて、来週行われる弁護団会議で法的な対応を最終決定するとしている。

(10/08 13:23 FNN)


一度目の議決文になかった「事実」とされるものが、二度目の議決文に付け加えられている。
ということは、一度目の議決と二度目の議決は異質のものであるということだ。
さらに言えば、「二度目の議決」は「二度目」にあらず、「一度目」でしかない、したがって、「強制起訴とはならない」という可能性も浮上してくる。
こういう要素がありながら、まったくそれを報道せず、(検索したところ、記者クラブメディアでは、FNNと共同しかこの件に触れていない)「起訴だ」「離党だ」「除名だ」とアジるその軽率さはいかばかりか。
もし、「起訴」とならなかったら、どういう責任をとるつもりだろうか。
古ぼけた、独善的、教条主義的な論説しかできぬ朝日は、無用の長物、いや、国民にとって有害な存在と成り果てている。
少しでも、森林資源を守るためにも、このわがニッポン国の地上から、跡形も無く消えてなくなることを、切に望む。

明日は、とうとう、朝日がその存在を無視できなくなった、あの「真実を求める会」の真実を、三たび、求めることにする。

朝日新聞がなくなる日

朝日新聞がなくなる日

価格:945円(税込、送料別)


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(2) | 20101009090219 | 編集
701|taira|20101010003500

この2,3日戦ってきました!
・・・・ネットの掲示板でね  ドッカーン!!!
と、まるで昔の吉本の岡八郎の持ちネタ
「俺はこう見えてもな~  空手やっとるんじゃ!  通信教育でな」
みたいなズッコケネタを枕にしたいと思います。
ご存知のように、小沢さんの強制起訴
その、あまりに舐めきった実態に怒りが収まらず前回も書いたように吐け口を求めて敵地に行っておりました。  此処にお邪魔する前、以来だから久しぶりです
そこでの顛末など誰も聞きたくないだろうし、実に不毛の戦いでした。
ハーバート大学白熱教室のような爽やかなディベートを期待してたのに・・・

嘘、、、、そんな期待は、はなから してはおりません。
そんな久しぶりの不毛な戦いの中でも気づいたことが。
私の主観ですが、此処にお集まりの人。
他の親小沢のブロガーの皆さん、そこの掲示板に書き込みされてる人
皆、そこそこの年配者ではと思うのです。
書かれていることが大人の文章だし、論理性があると思えます。
たとえ、暴言を使ってテレを隠してる系のブログでもです。

私の覗いた反小沢系、どうもそうじゃないんですね。
もちろん私の主観、無意識の偏見はあるかもしれません。
それに反小沢系に集まる連中でも、それなりに論陣を張り、使ってる言葉など見ても、これは大人だと思える人も、もちろんいます。

でも、はっきり言って 総じて幼いんですね。
実際論戦した相手が・・・  昨日までやってた連中以外にも、去年から色んな奴とやり合ってきました。
もちろん彼らが私の、この文章を見たら激怒し お前のほうが子供だと言われるでしょう。  それは必ずしも否定しません。  熱くなると暴言吐きまくりですから。
それに反対者でも、ただ冷笑し傍観してるのが 向こう側の大人の人だとも思います。
大体私に突っかかってくるといった時点で、ある種の層に限定されます。
そう若者ですね。  言葉使い、言ってる内容、知識、、、丸々の子供もいれば大人でも、かなり若い奴ではと思われるのです。
何故に、こんな話をしたかというと 今、若者の右傾化が進んでるそうですね。
外国でもネオナチに走るのは若者が多いと聞きますし。
私の子供の頃は左は若者の代名詞でした。
今は逆、 民主支持は中年、年配  自民というか右に若者が多いのです。
そして検察審査会です。  あの異常な年齢構成の不可思議さの原因は、置くとして、 反小沢と行かないまでも親小沢な若者は少ないように思います。
あの小沢コール、あれには 若者も含まれていたと思いますが一般的にはどうかな~?   ネットでの討論?罵倒で感じた実感です。

それに彼らには理がない。  若いせいなのかとも思います。
明らかに、お前の母ちゃんでベソレベルの小沢批判、、こういった子供もちらほら。
あとは、くちゃくちゃ屁理屈ばかり言ってる、、、本当にぶん殴りたくなるような者。 
比較的、議論できた相手でも 突っ込まれても翌日には、又 同じ事を蒸し返してくる。  結局、反論できるだけのカード、理がないんですよ。
だから、こっちが言い返してもなんだかんだ 社説の丸写しみたいな政治と金を連発してきます。  そして極めて感情的、 小沢さんを小沢と呼び捨て、弁護する私は独りよがり、妄信的ときます。  もちろん頭に来たから貴様らの方だってと言い返しましたよ。
若造や子供相手に何してるのっ?て言うのは自分でも承知。(恥)
ただ彼らは若いからと思ってたけど、結局は今のマスゴミの写し絵なんですね!
60台のみのや、50台の与良、辛抱のヒステリックでガキのようなコメント
結局、あんなのに彼らも影響されてるのですよ。

チビめがねの与良が、相変わらず小沢批判してたので森ゆう子同志が、小沢さんが何で訴えられてるか知ってますかと聞いたとき このチビは何も答えられなかったそうです。
私が、ネットでやりあったときもそう! 
選良として辞めるべきとか、そればっかりで 細かい具体的なことで突っ込んでくる奴は、ほとんどいませんでした。  知らないんですよ!  何で争ってるかなんて!

与良は最近も小沢さんの記者会見が短いのを「ずるい」とまでぬかしました!
奴の所属する記者クラブメディア、、、 小沢さんが定期的に収支をマスコミに対し公開してるのも報道せずに説明責任、 そしてやってもいない事を、やったとして小沢独裁などという。
よく今のマスコミ、大本営発表だとか北朝鮮といわれます。  私も言ってます。
それでも多少の誇張かなと思ってましたが・・・・・
全然!!!  まるまる100%この国は北朝鮮ですよ!
小沢さんというフィルターを通して見ると、一見 普通の、この国が、いかに壊れてるかが分かります。
おい! 与良   どっちが、ずるいだ!  ぶん殴るぞ!・・・そんな気持ちです。

泣かない小沢が憎らしい  そんな本が、あるらしいですね!
映児さんも御愛読とか?   泣かない小沢が泣いている・・・(涙)
小沢さんが、あの強制起訴決定後の記者会見で泣いていました。
もちろん、涙は見せません。  でも、声が震え涙声だったのです。
私も心も震え、胸が痛みました。  そして、じわじわと怒りも・・・・

しかし、こういう状況で 森さん、三宅さんなどの呟きを見ると、より一層 心を奮い立たせ小沢さんを応援しようとしてるのが見て取れます。
おそらく他の小沢支持の議員もそうでしょう。
思うに、小沢支持の議員で利で動いてる人は少ないのではないのでしょうか?
偏に小沢さんの人間性にほれ込んでいる。  西郷さんを多く慕った部下のように。
だから逆境に遭えば遭うほど結束力が高まる。
私もそうでした。  去年から敵地に行きキチガイ扱いされるほど、より小沢さんを支持する気持ちが高くなっているのですね。  
正直、昔から小沢さんは好きでしたが、此処まで熱烈になったのは、この1,2年です。
キリストの信者が、キリストが受難に遭うほどに信仰心を高めていった過程に似てるようにも思います。
宗男さんもそうです。  牢に入る日が近づいています。
この前、動画で佐藤優さんとの秘話には泣かされました。
外務省からの刺客みたいな形、つまり鈴木つぶしの任を負って鈴木さんに近づいたそうです。  しかし鈴木さんの人間に惚れ込み、この人は裏切れない。
外務省の立場なんてどうなってもいいと思ったのです。
そして鈴木さんは返します。  この人生で佐藤さんに出会えたことは宝だ。
本当に臭い浪花節のようですが、彼らの人生を知る者にとっては胸に迫るものがあります。  しかし、その鈴木さんとて、こんなに好きになったのはつい最近です。
ネットなどで、いかに彼が理不尽な目にあったかを知ったからです。
  
ネットで喧嘩しても所詮は自己満足  
デモでもしたい、、、そんな気持ちでしたが
今日、そんな私でも 微力ながら力になれるものを見つけました。

【小沢一郎議員の民主党議員としての地位保全を求める署名】
http://www.shomei.tv/signature/signature_list.php?pid=1619
当初、3万人目標とのことです、、らしかったのが、100万に迫る勢いです。
100万ともなれば、そこそこのインパクトがあるのではと思います。
腐った記者クラブ以外の、流れに敏感な週刊誌あたりには影響を与えれるかもしれません。   
週刊朝日はともかく、今まで小沢叩きをやっていた週刊ポスト、、、最近論調が変わっています。
最新号は【緊急寄稿】大新聞「勝利宣言」社説はまるで「大本営発表」だ 人民裁判と暗黒ニッポン 上杉隆(ジャーナリスト)とのこと。
署名で、さらに流れが変えれるかもしれません。
皆さん、よろしくお願いします。  ・・・・・って私が主催者ではないですけどね(笑)
702|トッペイ|20101010015927

アサヒルゴロツキ新聞が、無責任で扇情的なイエローペーパーなのは昨日今日に始まったことではありません。日露戦争の講和で賠償金を取れなかったことを不満に思った大衆を煽り、時の桂内閣を攻撃し、逆上し大衆が起こした騒擾事件、あるいは、ありもしない米騒動をでっちあげ、このときも怒り狂った暴徒に
鈴木商店が焼き討ちに遭い、その後倒産しています。
ちなみに日比谷焼き討ち事件で現場で暴れていた一人に小泉元首相の祖父がいました。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天