ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
東ヨクバル氏のことなど

小沢の“援護射撃”和美3000万、衣里子2200万円也!

総務省は29日、2009年分の政党交付金使途等報告書を公開したが、民主党は70億7600万円を都道府県連や、国会議員、衆院選候補者(いずれも当時)らが代表を務める支部に配分した。代表や代表代行などを務めた小沢一郎氏(68)の意向が反映したとみられるが、新人候補者や国替えした議員、選挙区事情などを考慮して支給したようだ。

党本部から都道府県連を除く各支部への交付金は、昨年1年間でおおむね1千万~2200万円。参院の支部は1千万円のケースが目立ち、09年衆院選時点で衆院議員が代表の支部は1500万円が多い。

 このうち太田和美衆院議員(31)が代表を務める福島県第2区総支部は6回、計3千万円が支給された。支部では最高額で、衆院選公示の迫った8月14日には半額の1500万円が投入された。

 太田氏は06年、千葉7区の補欠選挙で初当選。09年衆院選は小沢氏の提案で福島2区に国替えして出馬した。自民党現職(当時)との接戦が伝えられる中、党本部の“援護射撃”とみられる。

 これに次ぐのが2700万円で、東京都第9区、神奈川県第3区、愛知県第15区、熊本県第2区、第3区、鹿児島県第2区の各総支部。いずれも新人候補者が代表で、8月14日には各500万円が支給されている。

 このほか、小沢氏が出馬を要請した福田衣里子衆院議員(29)が代表の長崎県第2区総支部は2200万円。鹿野道彦農相や、与謝野馨氏(現・たちあがれ日本)と激しく競り合った海江田万里経済財政担当相など返り咲きを狙っていた元職組の総支部にも2千万~2200万円が支給されたケースなどがある。

 小沢氏の岩手県第4区総支部、菅直人首相の東京都第18区総支部はともに1500万円だった。


選挙は、戦争と同じだなあ、とあらためて思う。
兵力を投入しなければならないところには集中させる。
当たり前すぎるくらい、当たり前のことだったが、菅政権執行部は、大小の敵の陣地に、等数の兵力を振り分けた。
各個撃破されたのは、当然の結果だっただろう。
小沢一郎という有能な将軍を遠ざけ、宦官のようなヤカラが戦争をするから、ああいうことになったのだ。
中国史などで、何度も現出した光景だ。
参議院でさえ、勝っていれば、小沢氏さえ、排除されなければ、何度もそう思うが、すべて後の祭りである。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

東国原知事 在任4年間で「バイト代」4億円

「県知事として限界を感じた。国のシステムを変えることが宮崎のためになると思った」
29日宮崎県の東国原英夫知事(53)が、12月の知事選への不出馬を正式に表明した。
今後の進路は「白紙」と明言を避けたが、周辺には来春の都知事選や、自ら党首になって新党を結成した上で次期衆院選への出馬まで吹聴しているという。
うぬぼれた男である。
大体、この男が在任4年間で残した成果はあるのか。
自称「宮崎のセールスマン」として、マンゴーなどをPRした以外は実績ゼロ。
そのくせ、宮崎の知名度アップを言い訳に、公務とは無関係のクイズやバラエティー番組に年100回以上も出演し、がっぽりタレント収入を稼いできた。
就任1年目の07年に手にしたテレビ出演料や印税、講演料などの雑所得は2860万円。
2年目の08年には一気に4329万円にハネ上がった。
この年の知事給与(1436万円)の実に3倍もの金額である。
「さすがに『テレビに出過ぎ』という県民の批判を気にして、3年目には出演本数を減らしましたが、それでも雑所得は3142万円に上りました。恐らく今年の雑所得も3000万円を下回ることはない。在任中にザッと1億5000万円のタレント収入を手にした計算になります」(宮崎県政関係者)
政治資金も荒稼ぎだ。
東国原の関連政治団体は「東国原英夫後援会」「21世紀宮崎改新の会」「そのまんま会」の3つ。
公表された07、08年分の収支報告書によれば、3団体がカキ集めた政治資金は総計1億1475万円。
うち6割にあたる7086万円は、知名度をバネにした資金集めパーティーが収入源だ。
「忙しいタレント活動の合間を縫って、毎年2カ月に1回のペースで宮崎市、西都市、都城市、日向市と、県内各地をパーティー巡業。
目を引くのは、収入から会食費や案内状印刷費など諸経費を差し引いた利益率の高さ。
例えば、08年9月に宮崎観光ホテルで1209人を集めたパーティーの総売り上げは約1209万円。
この利益はなんと775万円。
「利益率は64%に達します。パーティー会場で握手や記念撮影に応じれば、経費の2倍近いカネに化けるのですから、オイシイ話です」(前出の関係者)
09年には宮崎に飽き足らず、東京、福岡でもパーティーを開催。
こうして在任中に集めた政治資金は2億5000万円は下らない。
タレント収入と合わせて4億円の“バイト代”である。
肝心の本業といえば、昨年の国政転出騒動後はすっかりヤル気を失って、「職員のレクにも、ソファに寝転がってスポーツ紙を開きながら応じる」(宮崎県庁関係者)という体たらく。
宮崎をネタに稼ぐだけ稼いで、口蹄疫パニックも冷めないうちにポイ。
そんな男が「国のシステムを変える」なんて、ちゃんちゃらオカシイ。


たしかに、知事選に打って出る前の東ヨクバル氏は、三流以下のタレントだった。
芸は無きに等しく、ただ、「たけし軍団」の一員として、たけしの庇護下にあって、やっと芸能界の片隅で息をしている印象。
代表的な出演番組などは皆無で、6~7年前公開の映画のDVDとか借りると、脇役の、そのまた脇役みたいな位置で、ひっそり登場したりしているのが笑える。
それが、知事選に当選して以後は、知名度が飛躍的にアップ。
それにつれて、記事中にあるようなカネも集まってきた。
この御仁にとって、政治とは、芸能活動の一環、というか、売名のための手段に過ぎないのではないか。
それに、名誉欲がついてまわる、唾棄すべき心情が底にあるのではないか。
どうも、信が置けない御仁である。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(1) | 20101001033049 | 編集
692|村石太星人|20101003103818

東国原宮崎県知事 公平にみて 県人への成果は どうだったんだろう。愛知県知事の動きは 把握していませんが 名古屋市長は 市長VS市議会という 市民税を減税すると 戦っています。愛知県と名古屋市は ドラゴンズとグランパスで 盛り上がっています
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天