ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
「売国奴」「弱腰」等々の罵声が、政府に浴びせられるような事態は、わがニッポン国にとって、決して健康的なものではない.

わがニッポン国に対する中華人民共和国政府の態度は、菅首相―仙谷官房長官の思惑をはるかに越えて、強硬そのもののようだ。
尖閣諸島周辺を自国の主権の範囲内と主張しているのだから、そこで起きた事件を小手先の「船長釈放」などでは、態度の軟化など望むべくもないということが、どうしてわからなかったのか。
侮られ、軽んじられる、わがニッポン国の現況を目の当たりにするにつけ、贔屓の野球チームの優勝などに浮かれている場合ではないという思いが沸々と湧き起こってくる。
先日も書いたが、僕は心の底に、どうしようもなく濃厚なナショナリズムを重く鎮めた、感情の量が多い人間である。
おそらく、地元球団を熱狂的に応援するのも、その心理と密接な関連があるのだろうと自覚しているくらいだ。
しかし、理性はいつも、それを抑えようと躍起になっている。
抑えるだけの理性のあるやなしやに、人間の成熟度が測られると思うがゆえである。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

14億という膨大な人民を、国土いっぱいに満載して沸騰し続けるかの国は、急速な経済成長の最中にあるとはいえ、いまだ一党独裁の、正真正銘の全体主義国である。
したがって、「三権分立」などという概念とは縁遠く、「法の支配」ということ自体を理解できない。
他国も自国と同じ土俵の上にあるという錯覚でしか、わがニッポン国を見ることができないのだ。
そういう国と「戦略的互恵関係」とやらを築くのには、詳細な研究と分析と、そして、たゆまない関係性の構築が、必要であったろう。
しかし、そのすべてをまったく備えていない、きわめて青臭い政権が、わがニッポン国を牛耳ってしまっている。
今回の事態は、その”不幸”が、「外交」という面で、リアルに現出してしまったということだろう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

こういう事態に対し、与党内外から、激しい非難の動きが広がっているようだ。
なかでも与党である民主党議員の言動には、キナ臭いものを感じて仕方がない。

尖閣に自衛隊常駐を=民主議員 (時事通信)

 民主党の松原仁衆院議員らは27日、国会内で記者会見し、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を受け、同諸島への自衛隊常駐を検討すべきだとする提言を発表した。提言は同党議員12人の連名で、(1)同諸島への漁業中継基地の構築の検討(2)海上保安庁が撮影した衝突時のビデオ映像の公開(3)東シナ海のガス田「白樺」での中国側作業の調査―などを求めている。
 松原氏らはまた、那覇地検が中国人船長を釈放したことについて「検察の権限を大きく逸脱した極めて遺憾な判断。議会制民主主義の原則を大きく揺るがす」とした同党議員73人の連名の声明も公表した。


竹島に於ける大韓民国軍のように、尖閣諸島に自衛隊を置き、実効支配をしてしまえ、ということだ。
そんなことをすれば、火に油を注ぎ、かの国が黙っているはずはなく、一挙に、緊張感が高まるのは目に見えている。
そこらへんをそぞろ歩いているオヤジが声高に叫ぶのならともかく、政府を支える与党議員が、感情的なナショナリズムのみに衝き動かされるのは、無責任の謗りを免れないのではないか。

ながい、ながい、「一国社会主義」の時代を経て、近年、国際社会の仲間入りを果たしたばかりのかの国は、デパートの玩具売り場で「あれを買ってくれ」と言って、ひっくり返って泣きわめく、図体の大きい子供のようなものだ。
戦前ニッポンの軍部も、同じようなものだった。
子供には、大人の対応を示さなければならない。
然るに、与党の政治家自身が、「図体の大きな子供」みたいな言動をしてどうするんだと思ってしまう。

先日の大相撲の千秋楽で、土俵に上がった菅首相が優勝力士に賜杯を渡す際、「売国奴!さっさと辞めちまえ!」という野次が飛んだという。
日露戦争講和後の日比谷焼打事件みたいなことは起こらないだろうが、「売国奴」「弱腰」等々の罵声が、政府に浴びせられるような事態は、わがニッポン国にとって、決して健康的なものではない。
政治家は叡智を振り絞って、単純な報復論、対抗論ではない、もっと突っ込んだ、生産的な議論をして欲しいものである。

中国危うい超大国

中国危うい超大国

価格:2,625円(税込、送料別)


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(4) | 20100928094101 | 編集
684|-|20100928054251

このコメントは管理人のみ閲覧できます
685|小林よしのりファン|20100928144535

影響力が大きいブログ作者様へ

領土問題より深刻な国体問題(^_^;)

小林よしのりファンはもちろん、日本人全員「新田均のコラムブログ」
谷田川さんの「小林よしのりウソ・詐欺全集」
って検索しては読んで欲しい(^_^;)

小林よしのり先生の影響力は、よしりん信者にもの凄い力を発揮します。
パターンは…
自分で考える人「小林よしのり氏は今回間違ってるね(^_^;)」

よしりん信者「だったら今までのよしりんのマンガ全部嘘なんですか!!(#`皿´)」

自分で考える人「え(^_^;)、今までのは素晴らしいよ。新田均先生と谷田川さんのブログ読めば今回は小林よしのり氏間違っているのわかると思うけど(^_^;)」

よしりん信者「女系じゃないと日本が滅ぶんじゃ!!(#`皿´)」

自分で考える人「(^_^;)」

ものすごい影響力を持つ[天才小林よしのり氏]は、現在、

朝鮮人が大喜びの、国体破壊に繋がる女系論を掲載中。

朝鮮人の嘘、従軍慰安婦のデタラメを暴き、戦争論、台湾論、沖縄論などの歴史に残る名著を書いた、偉人小林よしのり氏。

小林よしのり氏の影響で、嫌韓流という、朝鮮人の真実を書いたマンガもできた。
小林よしのり氏は、理論的に正しいバランスを持った人であるが、今の彼の理論は、新田均先生のコラムブログを読めば小学生でもわかるほど間違っている。
[新田均のコラムブログ]
谷田川惣氏の
[小林よしのりウソ・詐欺全集]

この2つを読めば…小林よしのり氏は、ハニートラップにあっていると考えると、すべてつじつまが合う。

操られている小林よしのり先生に多くの人に気付いて欲しい。(^_^;)
686|taira|20100928203548

5月4日の五四運動  9月18日 柳条湖事件(九一八事変) これは子供の頃、歴史でも学んだ関東軍のやらせ
つまり5月と9月の、この日は抗日運動家の祭りの日らしいですね!

江川さんツイッターによると
>朝日が、尖閣諸島沖衝突事故からの閣僚などの動きを追う長い記事を載せている。それによれば、前原氏が「逮捕は俺が決めた」と言っているとのこと。それを岡田氏が受け入れ、その後、前原氏は外相となって国連の準備に関心が移り、その間に中国が態度を硬化、と。

そして、この件で一番得してるのがアメリカ(沖縄駐留、思いやり予算の正当化など)  前原はアメリカのポチ
なんか、こうやって並べてみると ある筋が見えそうな気もします。
中国のあれは季節病と、うっちゃっておいても  逮捕なんかすれば、この9月18日近くという歴史的日も考えれば結果は容易に予想がつく。    ただ物的被害も受けており、ただ追い返すというのも癪ですし・・・
判断は難しいですが、なんかアメリカのシナリオに乗せられてしまったという疑念と悔しさも拭いきれない。
親中国の小沢さんへの前原の当てこすりと読めなくもないし。

アメリカからも中国からも舐められ、西南戦争は終わったはずなのに(笑) 黒船来航時の日本に逆戻りです。
というか、我が国は ずっとこの運命を背負っています。
地政学的な位置、資源がなく小さな国   根本的にいじめられっ子にされるべき運命があります。  悔しいけど・・・
体が小さくても勉強が出来たり、スポーツが得意、喧嘩が強いなどあれば一目置かれるけど 
それに相応する防衛力は積極的に行使できないなどないも等しい、核もない  
かつてはあったと思われる技術力も最近は怪しいし、中国、韓国に追い上げられている。
おまけに社交下手、喧嘩下手  
中国はアフリカなどに子分を一杯作ってるらしいのに・・・・  笑っちゃいけないけど笑うしかないですね
アメリカの子分でいても利用されるだけだしってことで、中国、アメリカ 対等外交を目指すのはよかったと思います。

しかし、最近の中国の のさばり、アメリカと中国の影の密約?  中国の一時的季節病かどうかも怪しくなってきたし
三国間の虚虚実実で言えば、まさに三国志です。  日本はどう見ても非力な蜀ですね。
このときは非力な蜀に諸葛孔明がいたんですが・・・
どう締めていいのか分かりませんが、冷静になるべきという自制と怒り、 内輪揉めやってる場合じゃないっていう気持ちと
この国の内部に潜む悪への怒り  嗚呼、、支離滅裂です。

私の推論と似た記事を見つけました
孫崎享氏の総括   http://takao355.blog100.fc2.com/blog-entry-728.html
孫崎さん、最近も岩上さんと対談され絶賛されてた方らしいですね

極東ブログ
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2010/09/post-0f3e.html 
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2010/09/post-4077.html
今回、参考にさせていただきました。
なかなかマスコミとは違った視点で面白かったですよ

それと前回、言いそびれましたが 以前 ご紹介した「株式日記と経済展望」
此処の記事で、 映児さんの一昨日の記事が引用されていました。
私の敬愛する二つのブログが結び合ってるのを見て嬉しくなりました。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/5d0bdc3cbd1df47bad43b8bb983a6765

追伸
※ロシアの大統領が自国のように北方領土に訪れるそうです
この時期に、まるで火事場泥棒のように       中国と示し合わせたのでしょうか?
本当にかつての日本のように、黒船来襲の時代のように、各国に食い物にされかけています。
自分もネトウヨなどと意見は同じにしたくないのですが、大いなる危機を感じます。
理屈などお構いなく既定事実を積み上げると、むこうの領土になってしまいそうな もう一つの国際ルール
687|ichiro.jr|20100928234205

大紀元日本に「中国人が見る中国=「船長の釈放:日本の勝ち 中国の負け」なる記事を発見。国内とは全く別角度の見方である。白人さんから見たらまた別の見解が存在するんだろうがどちらにしてもアジア人が蔑まされるトラップのようにも感じるのです。

http://www.epochtimes.jp/jp/2010/09/html/d28016.html
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天