ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
石破、古舘、オマエが言うな~!

先ほど、テレ朝の「報ステ」で、自民党の石破政調会長が、菅内閣の高支持率に対し、「小泉政権のときと似ている」と発言している映像を見た。

小泉が『抵抗勢力VS改革派』というわかりやすい対立構造をつくり、世論を煽ったのと、菅が『親小沢VS反小沢』というわかりやすい対立構造をつくって、世論に迎合したのが、よく似ているという意味だろう。

軍事オタクにしては、タマには鋭いことを言うな、とは思った。
しかし、その小泉政権を思い切り支えていた人間が、何を評論家めいたことを言ってるんだと、すぐ反発した。

ある人が言っていたが、自民党という政党は、政策や理念を実行しようとしている政治家の集まりではなく、何処と組んでもいいから、とにかく『政権をとりたい』政治家の集まりなんだそうだ。
だから、言うことも、てんでんばらばら・・・「権力欲」が結集軸なんだから、石破のような、主体性のない無責任な発言も、平気でできるのかもしれないが、「オマエが言うな」との思いは、さすがに禁じえなかった。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

まあ、政権をとり、維持すること自体が、目的化しているのは、今の菅政権も似たようなものだ。
民主党の「自民党化」はこういうところでも、顕著になっている。

ともあれ、菅内閣の高支持率を報じるテレ朝の「報ステ」で、古舘が言った次の言葉に、思わず、のけぞってしまった。

「私たちも世論調査を絶対の物差しとするべきではないし、政府もソレに振り回されてはいけない」

どの口が、そんな戯言を喋らせるのか、思わず、画面の古舘の顔に、見入ってしまった。
自分らが、今まで、誘導的な世論操作調査を行って、その結果を金科玉条のようにふりかざし、ひとりの政治家を叩きに叩き、ひとつの政権を潰しておきながら、よくもこんなことが言えたものだ。

この古舘の「オマエが言うな」度は、石破のそれを、さらに凌駕していた。
賢しらで、もったいぶった、底の浅い発言を、これ以上、野放しにしてはいけないと思う、秋の夜長であった。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

夕方から急な仕事で、大分県中津市を一往復して帰ってきた関係上、今日の記事を端折ることになったことをお詫びします。

朝日新聞がなくなる日

朝日新聞がなくなる日

価格:945円(税込、送料別)

インターネット革命は予想以上に迅速で強烈だった!学生が新聞を読まなくなり、新聞を購読する世帯が激減した。若者の多くはインターネットだけで国際情報まで簡単に仕入れてしまうのである。新聞、雑誌、書籍に限らず日本の活字メディアは、生き残りの道を模索する作業に遅れをとっている。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20100921092935 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天