ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
朝日をはじめとするマスメディアは、どこまでわれわれの変革への願いに、泥を塗ったら気が済むのか!!

さて、みなさま、お元気でいらっしゃいますか?
お力を落とされていらっしゃる方も多いと推察します。
ニッポンの夜明けが、また彼方に遠ざかってしまったんですものね。
この国は、いつも、名もなき庶民に、より良い選択をすることはありませんでしたが、今回も、例外ではなかったようです。
菅氏を支持した閣僚や議員やマスコミは「ホッ」と胸をなでおろすばかりで、そこに「歓喜」はないでしょう。
もし、小沢氏が勝ったら、はじけるような「歓喜」が、この国のあちこちではじけていたことでしょう。
それを考えると、実に悔しく、残念です。
「保身」が「憂国」に勝った。
今度の代表選は、そのようなものでした。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

さてさて、この「敗戦」を受けて、僕がどういう態度をとるべきかということなんですが・・。

とりあえず、菅新内閣がどのような人事を行うか見なければなりませんが、おそらく、小沢さんを支持した、憂国の議員はパージされるでしょうね。
小沢さんには、有名無実な名誉職が用意されるでしょう。
そういうことになれば、僕ははっきり、菅政権を敵と見なし、徹底的に批判し倒すスタンスに立つつもりです。
かつての、小泉、安倍、福田、麻生政権に対してきたのとまったく同じメンタリティで、菅政権を攻撃します。
民主党の仮面をつけた似非自民党は、本物の自民党より、悪質であるからです。
明日、あさっての菅氏の動向を、注視していきたいと思います。

そして、菅陣営に加担し、「政治とカネ」という呪文を駆使して、小沢氏を追い落とした朝日をはじめとするマスメディアは絶対に許さない!!
われわれ庶民の味方のフリをして、その実、自らの既得権益のみを守るために、事実を枉げ、真実を軽んじ、政党のプロパガンダ記事と見紛うべき記事を書き飛ばしてきた朝日をはじめとするマスメディア・・。
「菅有利」を徹底的に刷り込むことによって、態度未定の議員に「勝ち馬」に乗る心理を煽った朝日をはじめとするマスメディア・・。
これらが「国民の敵」であることを、ありとあらゆる機会に、今まで以上に暴いていくつもりです。
本当に、本当に、許せない。
どこまで、われわれの変革への願いに、泥を塗ったら気が済むのか!!

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

・・・失礼しました。
思わず、熱くなってしまいました(笑)
これからは、「冷静につとめる」ということを、自分に課していかなければならない、と思っていたところでしたのに(笑)
しかし、思うんです。
ここは、怒るところです。
みなさま、お気を落とされていらっしゃるでしょうが、悲しみを怒りに変換させましょう。
多数が正しいとは限らないということは、とんでもない格差社会を招来し、奴隷的対米従属政策で、わが国の富を他国に流出せしめた、あの小泉政権を圧倒的に支持した、当時の有権者を思い出せば、明らかです。
正しい道をゆく者は、いつも最初は、少数派です。
まだ道半ば、これから、爆発的に支持を広げていけばいい。
捲土重来、臥薪嘗胆、明けない夜はありません。
冬は必ず、春となる、です。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(4) | 20100915092051 | 編集
649|憂国の小沢サポーター|20100914232956

【カン内閣,そしてマスゴミは組閣の前に国民に対して疑惑の検証と説明責任をはたす必要があろう】

民主党所属議員
民主党員
民主党サポーター
各都道府県連ならびに
連合各位


最終的な結果はまだのようですが,『阿修羅掲示板』には下記のような数字(①~③)が出ていました。
①有権者数『342,493』
②投票総数『229,030』
③無効票 『838』
======================
④投票率『66.87%』

これだけ関心が高いのに投票率が『66.87%』というのは理解出来ません。私の身近でも疑問の声が出始めています。

⑤棄権者数『113,463』
があまりに多いです。この数は全体の【33.13%】。実に3分の1の党員,サポーターが棄権したことになりますが,それぞれ党員は『6,000円』,サポーターは『2,000円』の会費を納めています。中には今回の代表戦に合わせてわざわざサポーターや党員になった方も多数いたはずです。
それらのことを考えるとあまりにもおかしな結果と言わざるを得ません。身近では棄権をしたという人を知りません。
皆さんもお知り合いの党員,サポーターにお確かめください。各支部でも責任を持ってこまめな検証する必要がありましょう。
私だけでなく,多くの方々が疑問を呈されることと思います。
街頭演説またネットでの盛り上がりと結果の間には大いなる違和感があります。
いずれにしても,
これらについての検証,納得のいく説明なしには,今後も民主党を支持するわけにはまいりません。

⑥選挙の管理体制(受付,保管,開票)に不正の入り込む余地はなかったのか。
⑦開票はどのように行われ,寄せられた投票用紙は開票までどのように保管されたのか等について,
党本部はまずは⑧党員,サポーター,さらには⑨国民,⑩海外のメディア等に対して納得のいく説明をする責任がありましょう。

前回の結果がどのようなものであったのか,データがないのですぐにはどうこう言えないのですが,前回のデータがあると,今回の結果がリーズナブルなものであるか判断出来ようといういうものです。
どなたか分析してくださると助かります。

そしてまた,マスコミはどのような検証をするでしょうか。彼らにも検証の責任がありましょう。

我々民主党サポーターは,早くすっきりしたいものです。
ご賛同いただいた方々は広く拡散をお願いいたします。
650|taira|20100915000202

お疲れさまでした。
それに昨日は、こんな人気ブログの本記事に、しかも あの歴史的決戦の前日のものに私の投稿を引用していただき、さらに過分な お言葉までいただきまして 感激しております。

一日中、打ちひしがれたというほどではないものの しばらくは虚無感でボーッとしておりました。
期待が大きかっただけに、その反動もそれなりに・・・
そうですね、、、 子供のころ、阪急が巨人に何度挑戦しても勝てなかったときの虚無感
近鉄が日本一目前まできてたのに、勝てず ついに近鉄、西本監督ともに日本一になれなかったときに味わった青春期の虚無感
目に見えぬ大きな力に阻まれた無力感、運命とかいったものにまで思考が拡がります。
関ヶ原の再現はなりませんでした。  というか三宅雪子さんの呟きによれば小沢側のほうで寝返りがあったとか・・・・     
サポーター票で、かなり差がついていたから その寝返りが直接の敗因にはならなかったので、そのこと自体はどうでもいいのですが。
植草さんの分析で表面上の開きほどサポーター票に開きはないとは分かったものの それでも管側に負けていたこと、それに態度保留の議員が あの演説後に 管側に入れたほうが多いらしい事に深い失望を覚えます。

どう考えても、直前の演説でも小沢さんでしょう!  具体性、決意のほど、この国の形への言及、哲学
何故、あれを聞いて そういう投票行動に出るのかな?って感じです。

お笑いとしてなら管さんの演説は評価します。
本当に笑っちゃいますよね!  パクリ芸に、磨きがかかってきました。
私の知るとこrだけでも3ヶ所のパクリ・・・  ➀私にも夢があります  ②この身を賭けて(小沢さん・・・命を賭けて)  ③バトンを渡す(小沢さん・・・松明を渡す)
あんな大真面目な顔で、少し言葉を 変えただけで臆面もなくパクるとは・・・

それとただ職業を延々と羅列した無意味な演説

故人の遺志を継ぎたいとした部分は、それなりに感動的でしたが あれは枝野君が作ったらしいですよ。
それに特別会計を追及した石井こうきさん を讃えるのもいいが、あの人は タブーに踏み込んで暗殺された人
小沢さんが言ってこそ値打ちが出るのに 官僚の言いなりになった管さんが言うとは・・・

そこまでパクるなら、小沢さんの目指した 政治、 政治主導 アメリカと対等、共生社会などもパクってほしいものです。

しかし、あの演説、、、及び それまでの街頭演説での実際の小沢さん支持の熱気、 小沢さんの意見の具体性 など考慮しても管さんとは???  今の民主の新人議員には本当に深い失望を覚えます。
所詮 議員になりたかっただけの連中、自民に公認してもらえなかったので民社にした程度の連中

小沢さんアレルギーとは何なのでしょう?
管さんがオープンな党運営 を力説していました。
誰もがものを言える雰囲気とか、、、要は 自分達の居心地のいい環境というのは意地悪すぎる見方でしょうか?    居心地の良さを、民主本来のマニフェストよりも優先させた!
小沢さん自身は穏やかな方ですが、持って生まれた迫力、有無を言わさぬ信念みたいなものが、おありです。
そういうのが上に居ると煙たいというみたいなのが、けっこう本音ではと邪推します。
だから民主党は、同好会などと揶揄されるんでしょね。
自分自身も体育会系的なものは嫌いですが、その指導者が邪心のない方であれば別です。
小沢さんが入ったからこそ、体育会系的規律も出来 戦う集団として勝てたのだと思います。

もう民主はどうでもいいです。  
今回、民主の良心みたいに思ってた馬渕、長妻の両氏も管支持だったこともショックでした。
私も小沢さんが居る限り、民主は 一応 見捨てませんが 心の中では民主はやめ
小沢党の支持者です。
652|肥後在住の憂国の志士|20100915133703

今回の代表選を歴史の大転換期になるかもしれないという期待感を持って見ていました。
マスコミは大勝などと言っておりますが、その影響を受けやすい党員・サポーター票ですら、割合は約4:6とポイント程の差は出ませんでした。
負けたことは悔しいですが、この結果を前向きにとらえようと思います。
続投が決まったとはいえ、すぐに行き詰まるのは間違いないので、そのときこそ小沢氏の出番となるでしょう。
ちなみに、わが故郷熊本の国会議員は、小沢氏が2票、菅氏が1票でした。
653|憂国の小沢サポーター|20100915175752

既にご存知かもしれませんが,昨日の『民主党代表戦』の党員,サポーターの得票結果について,選挙管理委員長の“小平忠正”議員のホームページに一覧が公表されておりますのでご覧ください。
その時,『都道府県統計ランキング』↓の先般の参議院選の投票率が参考になろうかと思います。
http://todofuken.ww8.jp/tm/kiji/13114

そして,これらから何が読み取れるのか考えましょう。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天