ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
今日も世論操作に余念のない大マスコミ

今日は新聞の休刊日。
最近、目を通してむかむかすることが多かったので、ひさびさの穏やかな朝だった(笑)
しかし、夕方にきた夕刊を拡げてみたら、やっぱりむかむかorz・・・。

今日、衆議院議員の資産が公表されたが、夕刊社会面では、小沢幹事長の資産を大きくとりあげている。あらたに小沢氏が取得したという南青山のマンションについて詳しく述べられているが、どうもこの内容も「いったい何が問題なんだ?」と言いたくなる。

陸山会によると、小沢氏が個人資産にするつもりで00年12月、3320万円で売買契約を結んだ。その後秘書の居宅などが必要となり陸山会が買い取った。法人格がない陸山会は不動産登記上の所有者にはなれないため、登記簿上はずっと小沢氏個人が保有していたように見えるという。
説明では、部屋に住んでいた台湾出身の秘書が昨年3月に退去したため、同6月に再び小沢氏が購入。資産報告書に初登場することになった。
確かに、公開されている陸山会の政治資金支出報告書を見れば、01年12月にこのマンションを取得し、事務所兼宿舎とされてはいる。ただ、マンションはオートロック。本当に秘書の住居だったのか、外から見ただけではわからない。(朝日 2月8日 夕刊より引用)


陸山会に秘書の住宅の必要が生じたので、小沢氏が、ちょうど俺の持っているマンションがあるので、それを使えばいい、となるのはきわめて自然。
マンション取得は用途もふくめて正式に報告されているし、必要がなくなたっとして買い戻したことも、今回、報告されている。

この記事のタイトルは「『小沢資産』見えにくい 政治団体と物件取引 公私の境目ぼんやり」となっている。
どこが、見えにくいのだろう?ぼんやりなんだろう?明確な取引で、境目をはっきりさせているではないか。
陸山会と小沢氏個人のやりとりだから不透明だと言いたいらしいが、不透明なのは記者の目ではないのか?
またぞろお得意の「道義的問題」を持ち出すのかもしれないが、誰も被害者のいないこの取引に道義的問題があるかないかは、人それぞれの価値観で大きく違ってくるだろう。

「はあ?」と言いたくなるのが最後のくだり。
>ただ、マンションはオートロック
だから、それがどうしたって言うんだよ~!!オートロックのマンションが怪しいというのなら、日本中、怪しいマンションだらけになっちまう。
本当に秘書の住居だったのか、外から見ただけではわからない
当たり前だろう・・・(脱力)外から見て、中にどういう種類の人が住んでいるかわかる住居ってどういう住居なんだよ・・・・(泣)

同じ「資産ネタ」で、昨年、初当選した民主の「小沢ガールズ」(しっかし、下手な命名だね)にも矛先を向けている。

「両親の介護のために10年以上のアルバイト生活」「年収は80万円」。そんな経歴がテレビや雑誌で話題となった比例東海の磯谷香代子氏(44)。ところが、公開された資産には、相続した土地のほか、大企業などの株が並んでいた。
トヨタ自動車(6千株)、住友金属工業(6千株)、劇場経営の御園座(みそのざ)(千株)、キユーピー(200株)……。株価の総額を計算すると、当選時点ではおよそ2700万円になった。
議員会館の事務所に行き、株保有の経緯などを尋ねた。だが、磯谷氏は「取材は一切受けない。不公平にならないように資産の取材も断ります」と話すと、手を振って記者に退室を促した。
(朝日 2月8日 夕刊より引用)


別にいいじゃん。嘘をついて、経歴詐称して議員になったというわけじゃないし。
介護してたっていうのも、年収80万円っていうのも、別に嘘だったわけじゃないんだろ?
ただ、資産を持ってたというだけ。

彼女を知っている人が、こんなことを言っていた。

「資産家って言ってもねえ
山見てみ、ホントの山だよ。
それも、親の代からある山。
ずっと親の面倒見ながら
コツコツお金も貯めてきたんだよ。
それに本当につましい暮らしをしてきた人だよ。
それも自分でわざわざ貧乏と言っていた人ではない。
ずっと身に付いてきた暮らしぶりを見て人が言ったのだよ。
2700万で資産家というのもどうかとも思うし。
実質使えるお金なんて
それこそ年収程度だったわけだし。」


「フリーターは明日のコメにも困るような人でなくっちゃ、いけないの?」」と、憤っている方もいた。
小沢氏だけではあきたらず、「ガールズ」まで「ダーティ」イメージに塗りつぶそうなんて、どこまで「ひつこい」朝日なんだろう。

それに、どうなんだろう、「なんかおかしい」って「疑い」だけで構成されている記事って。
引用した小沢氏のマンションに関する記事だって、「なんかおかしい」って思うだけで取材して、結果、何も出てこなくて、ただ「なんかおかしい」ままで終わってるだけ。
「客観報道」がなされるべきなのに、こういう「主観報道」が大手を振ってまかり通る大マスコミって、絶対に歪んでると思う。
記者の取材力や調査力っていうのも、劣化しているんじゃないだろうか。
朝日の社会部のオエライさんは、「検察リーク」指摘に反発して、「長年東北ゼネコンを取材してきた経験の蓄積から記事を書いている」云々と大見得を切っていたけども、ちまちま検察官のリークで抜いた抜かれたやってるんじゃなくて、自分らのその「長年の経験の蓄積」とやらを生かして、大スクープをものしたらどうなんだと言いたい。
逆にその「長年の経験の蓄積」にもかかわらず何も出てこないっていうのは、小沢氏の潔白を示して余りあると考えるのが普通なんじゃないかとも思うが。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20100209010338 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天