ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
●いよいよ決戦の時迫る・・この国の行く末を真剣に憂う集団が勝つか、権力に縋り、保身に走る集団が勝つか●

決戦まで、あと二日・・。

菅直人を支持するマスコミも、小沢一郎を支持する大部分のネット民衆も、希望的観測で、自らが支持する方を有利、としているが、こればかりはフタを開けてみないとわからない。
いろいろな情報、憶測が飛び交い、小沢一郎を熱烈支持する読者諸兄も、一喜一憂の毎日だろうと推測する。

ここへきて菅陣営は、昨日の記事にも書いたごとく、なりふり構わぬ暴挙に打って出ている。
一年生議員は、死命を決するような「解散」をちらつかせる電話を菅陣営から受け、小沢支持を表明した議員は「次の選挙は入れない」とか「交通事故に気をつけろ」といった恫喝の電話に悩まされている。
「小沢総理」の誕生で、失うものがたくさんあるヤカラは、きっと、不安で居てもたってもいられないのだろう。
夜も、ろくに眠れないのかもしれない。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

「窮鼠猫を食む」という諺にあるとおり、追い込まれた者の発揮する力は、ときとして絶大だ。
漢の名将、韓信が用いた「背水の陣」は、兵をして、進むも死、退くも死ならば、むしろ進んで死中に活を求めさせるという、究極の戦法だった。
生きるか死ぬかで我を忘れた者どもの力は、決して侮れない。

われわれ、小沢支持派は、「負けることもある」という事態への予見を、しっかりと腹中におさめるべきであろう。
正義が勝つとは、決して限らない。
お隣の国で、1960年4月、李承晩政権を打倒した民衆革命は、翌年、朴正煕による軍事クーデターで潰され、その朴正煕が暗殺された1979年の政変後、「ソウルの春」といわれた民主化への気運も、全斗煥の粛軍クーデターによって潰され、光州蜂起-民衆虐殺という悲惨な事件につながった。

また、1973年、「もうひとつの9・11」と言われる、チリのアジェンデ政権に対する軍事クーデターも然り。

アジェンデ政権の行う社会主義的な政策に反発した富裕層や軍部、そしてホワイトハウスに支援された反政府勢力による暗殺事件などが頻発し、遂には1973年にアウグスト・ピノチェト(Augusto Pinochet)将軍らの軍部がクーデターを起こした。
首都のサンティアゴは瞬く間に制圧され、僅かな兵と共にモネダ宮殿に篭城したアジェンデ大統領は最後のラジオ演説を行った後、銃撃の末に殺された(後にピノチェトは「アジェンデは自殺した」と言っているが、実際にはモネダ宮殿ごとダイナマイトで爆破されたため、誰も遺体を確認できていない。モネダ宮殿に籠城した銃撃戦のもとでのアジェンデ最後の演説では、徹底的に戦う姿勢が示されており、今日では自殺説は説得力を失っている(チリ・クーデターwiki)




革命政権の急進的な政策に旧権力が反発し、それをどこぞの「民主帝国」が支援するという構図は、昨年から今年にかけて、わが国で現出した構図そのものではないか。
ともあれ、多大な犠牲を払って、結局は、韓国もチリも、民主政権が成立している。
「歴史を止めることはできない」
まったくもって、アジェンデの言うとおりだと思う。
もし万が一、負けたとしても、決して絶望のあまり、自暴自棄になっったり、「どうせ正義は勝てない」などとニヒリズムに陥ってはならない。

・・と、ここまで書いて、秦映児は敗北主義に染まってしまったのか!?という声が聞こえそうな予感がしてきた。
小沢派の勝利を確信していることは、変わらない。、
しかし、勝ち負けいずれの結果であろうとも、常に、その状況を冷静に捉え、紛動されることのないようにしたいと思って、この一文を書いたのである。

この国の行く末を真剣に憂う集団が勝つか、権力に縋り、保身に走る集団が勝つか・・。
言えることは、小沢支援者は、「小沢でなくてはならない!」という固い信念がある。熱がある。
「別に菅でなくても、反小沢なら誰でもいいのだが、とりあえずは菅」といったユルイ「支援」に過ぎないのが、菅支持者だ。
負けるはずがない、いや、決して負けてはならないと、強く、思っている。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

<お知らせ>

ブログ名を変えるという予告を、以前にしましたが、反対の意見が多数寄せられ、また、すでにリンクしていただいている他ブログ様に、いちいち名前を変えていただくというのも心苦しく、従来どおり、「世に噛む日日」というタイトルのまま、続けていくことにいたしましたので、ここにお知らせいたします。
毎日、毎日、噛み付いてばかりでは、歯がもたない。
たまには僕の好きな昭和レトロ懐かし記事も載せてみたい。
それには「噛む」ではおかしいのではないか。
そんなことを考えていましたものですから、名前の変更を検討したのですが、そんなにこだわる必要もない、好きな記事を自由に書いていけば、それでいいのではないか、そんなふうに思えてきました。

ただ、どういうわけか、TOPページのデザインが崩れ、左右カラムがずれて表示されはじめましたものですから、思い切って、テンプレートを変えてみました。
読みやすさを第一に選びましたので、これから、これでいきたいと思っています。

明日は、大きな動きがなければ、ひさしぶりに、朝日新聞に噛み付いてみたいと思います。
おやすみなされませ。


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(4) | 20100913091731 | 編集
643|-|20100913220617

このコメントは管理人のみ閲覧できます
644|taira|20100913222701

いよいよ明日ですね
まさしく天下分け目・・・・ちなみに関ヶ原の戦いは慶長5年9月15日  旧暦ですが、僅か1日違い  不思議な因縁を感じます。

小沢さん立つで、興奮し 初めて小沢さんを肉眼で見れ あの熱気をリアル体験して その興奮は頂点に達し、さまざまな情報錯綜する中、今は不安と期待の入り混じった重苦しくも わくわくした微妙な心持です。
小沢総理・・・従来の持ち回り総理、、、町内会の会長程度にしかインパクトのなかった新総理への印象 そういった物を根底から覆す 既得権益に立ち向かえる    ついに、なるべき人がなる瞬間が、近づいています。

関ヶ原の戦いでも、実際の戦い前に家康が細作(忍者)を使って、情報戦を仕掛け 大阪方を分断、疑心暗鬼にしたのは有名です。
我々もマスゴミとの連携による情報戦で、疑心暗鬼にもなりましたが 奴らの手の内がツイッターで分かるようになりました。

ツイッター情報
>小沢選対の会見で、森ゆうこ議員はマスコミ報道と事実の違いを厳しく批判。 党員サポーター票の動向については、名簿が開示されておらず、サンプル調査をしようにも、執行部がマスコミに情報漏洩しない限りできないはずと。 またサンスクで、拮抗する鎌倉のフリップボード調査はあえて放送されず、

私が以前、執行部から応援されず たった1人で選挙戦をせざるを得なくなり落選された候補者の方のことで 怒りの記事を書きました。
その方の、お名前が分かりました。    京都の河上みつえさんという方です。
河上みつえさんのツイッター
>8月25日、『生活困ってるでしょ?300万振り込んであげるから好きなもの買いなさい』BY安住淳選対本部長。『結構です。』BY ME

肝心の選挙では見殺しにしたくせに、安住氏は露骨に買収しにきたのです。

今となってはマスコミのサポーター票の動向などでっちあげと自分は断じます。
それに以前、小沢さん側でも 自分のところで囲っている議員に対し 「聞かれたら管さんに投票すると言え」といった話を聞いたことがあります。  戦上手の小沢さん、小沢さん側でも情報戦を仕掛けてる可能性もあります。

だから明日の最後の演説会・・・・私には、これが迷える 数多くの小早川に対する 家康の鉄砲  すなわち目覚めさせる演説になると思うのです。  小沢さんは本気度が違います。
午前中まで劣勢だった東軍も、あの鉄砲をきっかけに 裏切りが多くでて 逆転勝ちしました。
管さん側に見せかけていた議員、まだ迷っている議員が 明日の演説で大量に小沢さん側に入れる・・・・かなりの確信で思えるようになりました。

去年の政権交代で 平成の明治維新はなったと、数多くの人が思ったと思いますが どうやら違うようです。
官報米・・・ついに、この真の敵が姿を現し、この戦いが始まったばかりなのだと思います。

気の毒な鈴木さんは 蛮社の獄 の犠牲者です。  先のフォーラムで、佐藤優さんは 仙石氏に「来るなら来てみろ!」と宣戦布告されました。
万が一、この代表選で小沢さんが負けても蜂起した民衆・・・ネットで繋がりだし、この国の真の姿を知った人達・・・をとめることは出来ません。

今は心も落着き明日を静かに迎えられそうです。
646|taira|20100914004725

直前、好情報の追加です。
マスゴミより、よほど信頼できそうな  ロンドンブーツ田村淳さんのツイッターでの世論調査です。
デビ夫人に続く有名人強力応援団です。

http://twitter.com/atsushilonboo  より
atsushilonboo
>⑷気になる投票結果ですが… 菅さん…367 小沢さん…620 白票…ごくわずか 模擬代表選は以上のような結果になりました!頑張って集計しましたが、多少の誤差はあると思います… 明日の民主党代表選注目しましょう!そしてその後も政治を見守りましょう♪(´ε` )

⑶僕は小沢さんに一票投じます!総理大臣がコロコロ変わるのは良くないとの意見がありますが、まずは圧倒的なリーダーシップがある方に総理をやってもらいたい!この閉塞感をぶち壊してくれるんじゃないかと思わせてくれてる人だからです。動的平衡の理論で考えて選びました♪(´ε`続く )
647|トッペイ|20100914023405

土壇場になって安住が自爆しました。河上みつえさんを買収しようとして、ツィッターで暴露され大恥をかいたようです。やはり、敵は相当あせっていますね。
一方、竹中は海外逃亡中です(笑)
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天