ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
「クリーン」な筈の菅政権が末期の麻生政権と同じ愚行を繰り返している

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

その根拠は忘れたが、菅首相の言動が、小泉元首相と似ているという、ブログ記事だか、ツイートだかを読んで、「それは違うだろう」と思ったことがあった。
残念ながら、良くも悪くも、いや、悪くも悪くも(笑)、「役者」という点では、小泉のほうが、菅首相を、はるかに凌駕していたと言わざるを得まい。
小泉は、ヒトラーと共通する、「自らを演出する」という能力に長けていた。
菅首相にはそういう能力は皆無で、オーラのカケラもないくせに、小泉流を下手に真似ようとする姿勢が仄見えるのが、実に痛い。
「一に雇用、二に雇用、三に雇用」といった、政策のむなしさを掛け声で糊塗するようなワンフレーズ・ポリティクスは、かえって、菅首相の「軽さ」を浮き出たせて余りあるものがある。

僕はむしろ、菅首相は、次の点で、麻生太郎元首相に似ていると思っている。

 ① 前任者の唐突な辞任を受け、慌しく、首相に就任した。
 ② 首相になることをかねてから熱望していた。
 ③ どちらの政権も「暫定政権」としての側面。

麻生内閣は、衆議院解散までの「選挙管理内閣」と位置づけられていたが、リーマンショック以降の世界不況を口実として、ズルズルと解散を先送りした。
菅内閣にしろ、参議院選挙をたたかう為の「選挙管理内閣」だった筈だ。しかし、大敗したにもかかわらず、執行部の誰ひとりとして責任を取らず、ズルズルと政権の座に居座り続けている。
両者に共通するのは、「権力への異常な固執」である。
麻生が解散を先送りし続けたのは、実は、自民党独自で行う世論調査で、結果が「凶」と出続けたためだったと言われる。
小泉構造改革の弊害が頂点に達し、明日をも知れぬ生活不安に陥れられた多くの国民が、怨嗟の声を政府に集中していたのだ。
菅政権も、「参議院選挙」という確実な民意が、「消費税増税、企業の法人税下げ」という政策に、「NO」を突きつけている。
民意に背を向けて、政権に居座り続ける。
両者の姿は、まるで、双生児のように似通っている。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

そのしがみついた椅子から、まさに、転げ落ちるかもしれないという刹那に、両者がとる行動も、判で押したように同じである。
麻生自民党政権が、09衆議院選挙の終盤、なりふりかまわぬ、民主党への「ネガキャン戦術」に打って出たことは、読者諸兄の記憶に新しいと思う。

自民党「民主ネガキャン」加速 サイトで動画、100万部小冊子

さらにおどろおどろしい文言なのが、サイト上に掲載されている政策パンフレットのPDFファイル。タイトルを羅列すると、こんな具合だ。

「民主党さん本当に大丈夫?」
「民主党=日教組に日本は任せられない 『日の丸』を切り刻んで党旗を作る民主党!!」
「【知ってドッキリ民主党】民主党には秘密の計画がある!!」
「【知ってビックリ民主党】労働組合が日本を侵略する日」
パンフレットにはいくつかバリエーションがあり、その中の「労働組合が日本を侵略する日」の1ページ目には

「民主党の政治を一度選択してしまうと、修復するのに何年もの時間と費用を要し、その間に日本は致命的な立場に追い込まれているかも知れません。(略)『一度くらい…』は破滅への道です」
と、刺激的な文面が掲載されており、表紙を入れると全8ページにわたって民主党攻撃を繰り広げている。


追い込まれた政権が、その座を死守するには、政策論争などと、のんびり構えてはいられないらしい。
以下の菅陣営の動きを見れば、菅首相の唱える「クリーン」の本義を、問いたださずにはおれない衝動に駆られてしまう。

菅首相陣営、小沢氏に“紙爆弾”!「政策論争」の水面下で…民主代表選
スポーツ報知 9月11日(土)8時1分配信

 民主党代表選(14日投開票)終盤戦の10日、「小沢バッシング文書」が党内に出回っていることが発覚した。菅直人首相(63)と小沢一郎前幹事長(68)は国会内で、有志議員が主催した公開討論会に出席し、主要政策をめぐり論戦を展開した。主催者側は「代表選は暴露合戦ではなく政策論争」とクリーンな戦いをアピール。ところが舞台裏では、菅首相サイドが小沢氏を批判する文書を、中間派議員に配布していることが明らかに。やはり、キレイごとでは済まされなかった。

 討論会はカタ~イ内容で進んでいった。菅首相は景気下支えのため「年内に補正予算を組むことも視野に入れる」と表明。小沢氏も経済対策について「予備費2兆円で不足の場合は、国債増発を念頭に置いて万全を期すべきだ」などと語った。

 約1時間半、政策論争に終始。「政治とカネ」の問題は封印された。呼びかけ人の筒井信隆衆院議員(65)は国会議員210人、秘書230人が集まったとし、胸を張った。「政策論争はどんなに激しくやっても、しこりは残らない。暴露合戦や人身攻撃をやれば、しこりが残る。あと4日間、政策論議にだけ集中しよう!」

 ところが水面下では、その「しこり」が残る“紙爆弾”が飛び交っていた。この日、「小沢氏批判」の文書の存在が発覚。党関係者によると、菅首相支持の議員サイドから、まだ態度を決めていない中間派議員に配布されているという。

 文書は「菅VS小沢」と題されたA4判の紙2枚で、日付は9月9日付。「ねじれ国会の難局を打破できるのは小沢氏しかいない、というのは単なる神話(都市伝説)」「小沢氏は、体力的に首相が務まるか?」「小沢氏が、代表時代と幹事長時代、党のお金を自分のお金のように側近や新人にバラまき、子分作りをしてきた」…。極めつきは「小沢氏は、田中角栄を裏切って竹下派を立ち上げ、さらに竹下を裏切って新生党を作った」。

 小沢氏の政治姿勢、政治家としての資質を問う12項目。小沢陣営の議員は「ここまでやるのは、あまりに露骨」と不快感をあらわに。菅首相支持の若手議員も「今日、せっかく外向きの公開討論会をやったのに、こういうやり方は好ましくない。賛同しかねます」と困惑気味だった。

 9日発売の週刊誌には、小沢氏や小沢氏の政策秘書、青木愛衆院議員(45)が絡み合うスキャンダルが掲載されたばかり。「政策論争」と言ってはみても、結局は泥仕合の様相だ。


菅陣営に一言だけ、言っておきたい。
麻生自民党が展開したネガキャンが、結局はなんの効果も及ぼさず、かえって、逆効果となったということを。

他山の石以て玉を攻むべし(詩経)

古代中国の叡智が教訓として残している言葉は、現代のニッポンの為政者の頭の隅にもないらしい。
深い、深い、絶望に近い、軽蔑を覚えている。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(3) | 20100912092727 | 編集
639|宮澤|20100912072827

もう旗色が悪い。本当に残念です。ブログも応援ではなく選挙後のあるべき姿について考えて下さい。このままだと本当に西郷さんになってしまいます。
640|海外から見た日本|20100912091334

代表選も終盤に突入して小沢氏・菅氏の主張も出尽くしたのかもしれません。

小沢氏の主張は、具体的な数字を交えた政策が中心で、最初から内容がほとんど変わらず、資料にもほとんど目を落とさない事から、自分の考えを誠実に訴えているという印象です。
菅氏をもっと批判できるのにと思いますが、小沢氏の性格なのか自分の主張を訴えていたのも印象的でした。

一方、菅氏の主張は、抽象的な方策(『一に雇用、二に雇用、三に雇用』)や過去の自慢話(市川房枝さんの著書等が暴露され化けの皮が剥がました)が中心で、最初から最後まで『クリーン』で『オープン』(小沢氏の『政治と金』と『政治と金』を批判)と『全員参加の政治』(小沢氏の『独裁政治』を批判)で、小沢氏の世間で言われている悪いイメージ(マスコミの捏造ですが)を悪用しています。
最初はほとんど示さなかった政策では大筋では小沢氏に合意し詳細部で小沢氏に反論するという姑息な対応をしています。
反論に関しては自分で考えていないのか菅ニングペーパー頼りで、自分の理念・理想を訴えるというよりも小沢氏より自分がどう優れているかを、まさに全員参加で、訴えているという印象です。

テレビや新聞の切貼・捏造報道を真に受けて、インターネットの政治関連の情報に触れない人が多くいます。

しかし、今回の代表選では、民主党関係者が私利私欲ではなく国民のために本物と偽者を正しく見分けて小沢氏を党代表に選び、久しぶりに本物の政治家による政治を見てみたいと期待しています。
642|更紗|20100912134503

代表選の流れを見ていて、ここまで汚いことをやるのか、とあきれています。日本を良くするのではなく、自分達の権力が大事な議員の多いことにあきれます。
 私は今の日本の政治家の中で小沢氏ほど諸事を知り、実行力を持つ政治家はいないと思っています。小沢氏に日本を託したい。
 民主党がここまでバラバラで、質の悪い議員が多いとは思っていませんでした。
 
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天