ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
小沢氏の、マスコミに対する大反攻がはじまった

小沢氏がテレビに出演し始めて、その意外な饒舌に驚いている視聴者も多いのではないだろうか?
昨日の朝、テレビ朝日の「スーパーモーニング」、そして、昨夜NHKの「ニュースウオッチ9」に登場した小沢氏は、キャスターやコメンテーターの様々な質問に、詰まることなく、まさに「立て板に水」といった感じで、雄弁に答えつづけた。
考えてみれば、小沢氏は、今まで、あまりにメディアへの露出が少なすぎた。
「テレビで喋るよりも、直接人々の中へ」がモットーだから、無理もないし、その姿勢に、ものすごく好感を持つのだけども、極端に露出が少ないことを、逆に、政敵やマスコミに利用され、「悪イメージ」づくりを許してしまったことが、とても残念だ。
「言い訳をしない」「他者を誹謗しない」、本当に、これ以上の美徳はないのだけれど、小沢家の「家訓」であるというその「縛り」が、ずいぶんと、小沢氏自身を痛めつけてきたということが、いえるのではないか。
考えてみれば、このひとは、そんな不器用な一面を持っている。
それは、まるで古武士のような融通のなさであるのだが、それがまた、小沢氏の魅力のひとつであるのかもしれない。
最近、あの細川護煕元首相が、総理時代の日記を著わしたそうだが、そこに小沢氏は好意的に描かれ、むしろ、武村正義氏のほうが、否定的に描かれていたときく。
また、鳩山由紀夫前首相が示す、小沢氏への真摯なリスペクトを考えても、小沢氏には、息のかかるほどまでに近寄った者しかわからない、人間的魅力があるのだろうと思う。

しかし、その小沢氏が、メディアに登場し始めた。
民主党という一党派の代表候補というより、実質的な次期総理候補であるのだから、テレビ出演を拒否ということになれば、さすがに選挙に響くことになる。
だから、やむなく出ていくことになるのだが、小沢氏は、出るなら出るで、それでは、思い切り、言いたいことを言うことにしたのだと思う。
あの訥々とした喋り方は影を潜め、縦横に政策を語る姿に、スパモニの出演者の質問も熱を帯び、ニュースウオッチ9のキャスターはタジタジとなっていた。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

ニュースウオッチ9

大越キャスター「小沢さんのような、秘密めいた、大物政治家は、国民にしてみれば、もっと自分のいる場所まで降りてきて欲しいのではないか」
小沢氏「僕ほど、大衆の中に入っていく者はいない!」「そこがマスコミのおかしい点だ」「僕は、若い人全員に、大衆の中に、国民の中に入りなさいと言っている」「理屈をただ言っていてはダメだ。国民が何を考えているか、その中に入って、一言でも二言でも言葉を交わさないと、わからないではないか」


小沢氏の、マスコミに対する大反攻がはじまった。
もう、自分たちが勝手につくりあげた「小沢像」を無理やりに、当てはめることはできない。
後からの編集も何もきかない生番組に出演した本人が、それを決して許さないのだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

検審がもし、起訴相当を議決すれば、逃げずに応じると言い、参考人招致でも証人喚問でも受けるという。
「小沢さんがそれを宣言した時点で、『政治とカネ』の決着はついた」とは、スパモニに出ていた週刊朝日編集長山口一臣氏の言葉だが、まさに、これまでのような、「言いたい放題」は、マスコミには許されない。
カビの生えた「記者クラブ支配」の一元的、横並びの恣意的報道が、綺麗に仕分けされる、これは、第一歩となるだろう。
そういう意味で、なんとしてでも、小沢氏の勝利を願わずにはいられない。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(5) | 20100904090848 | 編集
614|anboina|20100904034235

心に染み渡る文章を有難う存じます。全く以って溜飲が下がりました。
615|海外から見た日本|20100904084122

民主党代表選の国会議員の投票予想が毎日新聞のネットニュースに出ていました。
僅差で小沢氏有利というものです。
ひょっとして最後に勝ち馬に乗ろうとしているのか、結論を出していない国会議員がまだ2割ほどいるという事です。
多分ネット上で公開されますので、各議員の判断は今後の衆参議員選挙にも影響するのでは・・・今回の代表選は『国民の生活』がかかっていますので、姑息な判断はして欲しくないですね。

候補者共同発表、日本記者クラブの討論会などをフルで見ていれば、常識のある人間ならば、菅氏の理念・政策・人間性に疑いを持ち、小沢氏の理念・政策・人間性に共感すると思いますが、一部の国会議員はそうでもないようです。
1つには、水面下でポストや金銭の授受があるのかもしれません。
また、国会議員も新聞・テレビといったマスコミからの情報だけで判断している人が多いのかもしれません。

NHKのニュース9では相変わらず『政治と金』の具体的な疑問・質問はなく、一般論として小沢氏は国民の前に下りてきて詳しく説明する必要性を強調していました。
すでに何度も小沢氏は記者の質問に丁寧に説明して来ていますが、編集報道しかせず説明不足としか報道しないNHKの記者は単なるおバカさんなのかもしれませんね。
それとも、会社の方針として編集報道という捏造で小沢氏の説明不足を煽り立て、自分達・既得権益者の大敵・小沢氏を批判し失脚させる事を目的とした正義の仮面をかぶった悪魔かもしれません。
小泉政権以降のセーフティーネットなしの極端な規制緩和・自由化が結果として地方の疲弊・日本経済の衰退を招いた事をかんがみ、小沢氏は特に地方の疲弊改善に関して具体的な政策を強く主張していましたが、高給取りのNHK記者にとってはまったく自分達の問題ではなかったようです。
官僚支配はNHKも一緒ですので、小沢氏の主張する脱官僚はNHKのトップにとっても死活問題なのでしょう。
小沢氏を招いてのインタビュー特番と思い期待していましたが、菅総理をヨイショして、小沢氏の政策の具現性に疑問をはさんで、まとめとしていました - ちょっと醜くないかい?

菅総理もそうですが、NHKも自分達の真の役割を忘れているように感じたのは私だけなのでしょうか?
616|-|20100904114427

このコメントは管理人のみ閲覧できます
617|taira|20100904223045

「龍馬伝」・・・以前と比べ人気は頭打ちらしいですが、それでも自分は先週の薩長同盟の下り、大いなる興奮で見ておりました。  ウブというか、青いというか中学生のころと乗りが変わってないなとも思ったりします(笑)

しかしハマッているのは、ドラマ造りが自分の性に合っている他に、やはりこの時代のダイナニズムが大前提なのでしょう。
だから私より年長の政治家の方もつい、維新の誰かに自分を模したい気持ちも理解できます。
彼らの方向性が果たして改革かどうかは別にしても、一種のロマンを持つ心は現実視線とともに政治の原点だと思います。
ただ管さんの場合、実際は現実重視過ぎというか、冒険を恐れての保身が目立ち、そのことと維新を引き合いに出すこととは乖離が大きく、失笑やむなし。

薩長同盟、、、、革命の原動力は薩摩、長州、そして それをお膳立てした龍馬、、、個人ではありますが実は彼は土佐の下士出身・・・つまり長宗我部ゆかりの者です。
これが実に面白いのですね。   皆、250年以上も前の関ヶ原敗者組なのです。
つまり250年かけての敵討ち   なんとも壮大だし、八墓村の祟りじゃ~的な因縁も感じます。

実はこういう枕を用意したのは、いよいよ始まる小沢さん最終戦争と思い当たることがあるからです。
昨年の政権交代、敵は自民だと思っていました。  今の代表選,敵は管さん  表向きはそうです。

ですが、本当は違うのです。  ネット、ツイッターの発展で一般市民も実情が分かりました。
この国では与野党の戦いより、官僚やアメリカ、マスコミと政権政党との戦いが本当の権力闘争なのです。

今より35年以上前に、同じように保身を省みず アメリカからの独立外交を求め、結果 アメリカとマスコミに潰された政治家が居ます。    小沢さんの政治のうえでの父、、田中角栄です。
今、小沢さんは全く同じ構図できゃつらと対峙し最終決戦に臨もうとしています・
関ヶ原の250年かけての敵討ちほどでは、ありませんが不思議な因縁を感じざるを得ません。

かつて子供だったころ、肩で風切り、軍団を引き連れる角栄氏は私にも悪の権化で怒りの対象でした。
子供だった事に加え、今みたいにネットで真の情報に触れれず マスコミに洗脳されていたんでしょうね。
今から思えば。

あの当時の角栄氏が全くの白かどうかは分かりませんが、彼がアメリカの逆鱗に触れ嵌められたというのは最近になって証言が得られ信憑性を帯びてきています。
それに角栄氏がやってたことがバラマキ、金権ととられがちだけど、今で言う再分配を重視しした共生社会を目指してたのかもしれない。   ここら辺は断言も出来ません。

ただ確実なのは官僚依存から党人政治へ戻そうとしたこと、アメリカにも物言う政治をしようとしたことは確実です。
当時の時代背景、ニクソンの電撃的訪中で日本が「ジャパン・ナッシング」になる危険を察知した角栄さんは、総理大臣として驚くべきスピードで調整し、いろいろと障害のあった日中の国交正常化した。
全く今の外交状況と似てます。   
オバマの民主党になってから、中国への擦り寄りが露骨になり、日本はないがしろにされかけてきました。
そういう危機感がアメリカべったりでない,中国とも仲よくを目指す民主政権の誕生の要因でもあります。
すると巧妙な手口で鳩山政権は潰され、あの時の角栄政権のように。

いつも敵は巧妙な手口です。  しかし先の民主政権誕生唯一の成果、、、今まで隠れていた巨悪の存在が浮き彫りにされたことです。   もちろんネット、ツイッターの出現も大いにあります。

そして、とうとう敵が最も恐れていた小沢さんの登場で奴らはヒステリック、露骨になり 誰が見てもおかしいレベルにまで、ついにその正体を晒しました。
自分のいつものお遊び癖で、当てはめてしまいますが  昔のマカロニウエスタンにもありましたっけ。
主人公の本当の敵は、ならず者一味だと思っていたのが実は保安官一派だったとか・・・
スターウォーズでは悪の軍団の黒幕が、実は善意の象徴 議会の議会長だったとか。
今なら、さしずめ かつての仲間がダークサイドに、おちてしまって戦わざるを得なくなった。
しかし小沢さんの登場で、ついに この壮大なドラマ 真の敵との最終決戦まで来たのです。

なお一部、Aobadai LifeのAobadai3さんのツィッターでの、脳科学者 茂木さんの発言を引用させていただきました。
619|横町の隠居|20100905004706

このブログは珍しく,ご自身の言葉で語っていらっしゃるのに共感し,我が意を得たりの思いで毎日拝見させていただいております。
======================
【この国また民主党の将来を憂う】

民主党所属議員,
各都道府県連ならびに連合各位

昨年の政権交代の意味がわかっていない民主党議員(反小沢系また松下政経塾出身者)がたくさんいる。

このことはいったい何を意味するのであろうか

昨年の衆議院選で掲げた国民との約束(マニュフェスト)は道半ばである。

『国民の負託』を受けて当選したからには,今回の代表戦で,

①昨年のマニュフェストを実行することを公約に謳っている小沢一郎
と,
②昨年のマニュフェストを反古にして五年前の小泉構造改革時代に逆戻りしようとしてしようとしている,マニュフェスト反対派の裏切り者菅直人,

のどちらに与(クミ)すべきかは小学生でもわかることである。

②(菅直人陣営)についた場合は,はっきり言って選挙民に対する【裏切り】であり,支持者にいくら言い訳しても通用しない。
【カン直人】支持議員は,まずもってそのことを肝に命じておくべきである。

今回の代表戦は,これまでの代表戦とはまったく意味が違うのである。そのことに気付いておられるであろうか。

支持者は議員の終始一貫した態度(大義)を注視している。これは浪花節ではない。

昨年生まれ変わった民主党は大義をマニュフェスト【公約】として示し,多くの国民主権者の賛同支持を得た。

しかしながら,今回の代表戦にあたっては,信じられないことに,その主権者との約束である【公約】を反古にして対米従属を掲げている候補者【カン直人】が立候補しており,さらに信じられないことにそれを支持する【信義】のない現職議員がたくさんいる。

この現状はいったい何を意味するのか。

今からでも遅くない【カン直人】は出馬を取り下げるべきである。

はっきり言って,現状は世界の笑い者である。【カン直人】の代表戦出馬は,今後世界史に特筆さるべきものであり,彼を支持したものは共にその責任を負わねばならない。

今回の代表戦は一過性のものでなく,これから予定されている選挙とも連動しているのである。

今回我々支持者はあなた方,特に国会議員の一挙手一投足を注視しています。
その時のカンドコロは,
①小沢一郎
②カン直人

のどちらを支持したかであり,中立などという日和見的なことは絶対許されない。

最後までお読み下さり,有難うございました。

私の考えに御賛同いただける方々は,積極的な拡散をお願い致します。

http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=kriubist&articleId=10638884104&frm_src=article_articleList&guid=ON
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天