ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
維新の功労者に自己をなぞらえる僭越さがあまりに痛すぎる菅首相

待ちに待った、小沢一郎氏の決起。



訥々と、しかし力強く、魂を揺さぶられるような演説だ。
菅内閣によって、形骸化されつつある「政治主導」「国民主導」を、もう一度、われわれの手に取り戻す。
存在そのものが奇跡的にすら思える、この巨人に、子や孫の将来を託したいと、心から思う。

ところで、メディアは、菅総理と小沢氏の共同記者会見を、苦心して編集し、なんとか「菅有利」になるような映像をでっちあげていた。
とくに、NHKの「ニュース9」はひどく、普天間問題での菅氏の発言のあとに、反論する形で小沢氏が答えたというのが本当なのに、時系列を逆にして、小沢氏の発言のあとに、菅氏の発言を持ってきて、見ようによっては、小沢氏が菅氏にやりこめられたともとれるような編集をしていた。
同じことは、植草一秀氏が以下の記事に詳しく触れられているので、参照されたし。

NHKニュース9が再び代表選悪質偏向報道:植草一秀の『知られざる真実』

毎日新聞の以下の記事もひどかった。

民主代表選:共同会見 菅氏“口撃” 小沢氏の顔紅潮

菅総理は「淡々とした口調」対して小沢氏は「声を張り上げる」。
あまりに露骨な一方への肩入れに、読んでいて、胸が悪くなる思い。
とくに、許せないのは、わざわざ付け足したかのような以下の部分。

共同記者会見で小沢氏は「私は政治資金はすべてオープンにすることが大事だと主張してきた」と強調した。
小沢氏の資金管理団体「陸山会」を巡っては、04、05、07年分の計20億円超の虚偽記載で衆院議員の石川知裕被告や元公設第1秘書の大久保隆規被告らが起訴された。この日の共同記者会見で小沢氏は、07年に陸山会の土地購入を「不正蓄財」と指摘されて開いた記者会見にも触れ「(その時に)領収書を含めて全部公表した」とも主張した。だが、当時の会見で示した資料に偽造された疑いがあることも既に判明している。


「20億円」・・。これは、「陸山会事件」のときに、マスコミが使ったペテンだ。
元になる金は4億円なのだが、4億円が5回動いたので、20億円・・・。
よくわからない読者に、そんな巨額の金をゼネコンから不正に受け取っていたのかと錯覚させる意図がありあり。
そして、最後の「当時の会見で示した資料に偽造された疑いがあることも既に判明している」
「疑い」はあくまで「疑い」で、シロともクロとも、判然としないものである。
その判然としないものが「判明した」とは、どこのニッポン語だ?
「疑い」が生じた時点で「判明した」なら、刑事事件に証拠は必要がなくなる。
証拠がなくても、刑事の心証ひとつで、無実の人間を「犯人である疑いが判明した」とすることができる。
たとえば「毎日新聞は創価学会の意向に逆らえない疑いのあることが判明した」と、堂々と言える。
毎日の牧太郎は、「下劣な助平親父である疑いが判明した」と、この記事を示せば、いいのだ。
(しかし、本当にこの記事は最悪。品性下劣。)

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

もうひとつ、どうにも腹を据えかねる記事があったので、紹介する。

代表選は「西南戦争」=小沢氏排除で政権交代完結?-菅首相
 菅直人首相は1日夜、都内で開かれた野田佳彦財務相のグループの会合であいさつし、不平士族に担がれ西南戦争で政府軍に敗れ、自刃した西郷隆盛に言及した。出席者によると、首相は「明治維新には西郷さんの力が必要だった」「西南戦争があって本格的な明治政府ができた」と指摘し、「政権交代以降、西郷さんはああいう末路を迎えた。これが大事だ」と述べた。
 小沢一郎前幹事長に民主党への合流を勧めたのは首相自身。首相はかねて、その政治手法に疑問を呈しつつ、「小沢氏がいたからこそ政権交代できた」と話している。首相としては自身を大久保利通、小沢氏を西郷隆盛に例え、今回の代表選で同氏に勝利して、影響力を完全に排除することで、政権交代が完結すると言いたかったようだ。(2010/09/01-22:30)

かつて鳩山弟が「俺が坂本龍馬になる」とのたまったときと同じ腹立たしさがこみあげてくる。
偉大な歴史的人物を自己になぞらえるその僭越さ、憎上漫には、反吐が出そうな嫌悪を覚えずにはいられない。
自らの内閣を「奇兵隊内閣」としたときも、そうだ。
幕末維新の故事がお好きなようだが、奇兵隊の出現は、武士の専売特許だった戦闘行為を、初めて百姓、町人が担ったという点で、当時としては驚天動地の「革命的事件」だった。
然るに、菅内閣は「革命的」であるだろうか?
「官僚主導」に回帰する、むしろ、「反革命内閣」ではないだろうか。
そして、この記事で自分を「大久保利通」になぞらえていること・・・。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

西郷が郷党に担がれて起こした明治十年の戦争は、士族による最大の反革命暴動だった。
大久保がすすめる急進的な改革についてこれない旧体制の暴発と、小沢氏の出馬は根本的に違う。
小沢氏は、あくまで、革命を推し進める側。
菅氏は、その革命の意義を形骸化させ、旧体制に回帰する側。
西南戦争での西郷と大久保を当てはめるのは、まったく、間違っている。

国家戦略室の縮小、事務次官会議の復活、「4年間は消費税をあげない」という約束の反故、円高・株安に対する無為無策。
菅氏のような、動きが鈍い、旧体制に阿るような政治家に、自己をなぞらえられて、大久保も泉下で歯噛みをしているのではないだろうか。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(4) | 20100902091529 | 編集
607|海外から見た日本|20100902074446

小沢総理誕生乾杯宴会の後、ニュース9を途中から見ました。
大越キャップの質問に対する菅総理の返事に中身がまったく何もなくて、大越キャップも内心『なんやこのおっさん』というような顔つきでした。
代表選の共同記者会見も見ましたが、菅総理の姑息さ、小沢氏の誠実さ、が印象に残りました。
政策も明らかに、『菅総理、完敗』ですね。
マスコミは会社方針で小沢叩きを続けると思いますが、永田町も兜町も海外も小沢総理を200%想定して動いていくと思います。
608|木村|20100902102724

昨日の共同記者会見と各局のニュースの違いにまたもや唖然としました。
植草さんのご指摘通りで、菅総理の勘違いの一言と小沢さんの言葉が逆に編集されていました。
まあ、いつものことですが。

それと、夜のニュース9に出演した菅総理の言葉には、やはり日本を思いやる気持ちなどこれっぽっちも感じませんでした。
何度も繰り返し覚えたどこかで作られた言葉をまた繰り返すだけで、その中には何の信念も感じられませんでした。

それに対し小沢さんのほうは、記者会見の様子を見ても、決起集会での演説を聞いても、言葉の一つ一つ、そしてまなざしの強さから、日本に対する熱い思いを感じ、「今、日本の総理大臣になれるのはこの方しかいない」と思わされます。
借りてきた言葉ではなく、ご自分の言葉で、今までのご自分自身の経験と知識を元に話されるので、本当に、言葉の一つ一つが重く、聞いているものの心に染み入ります。
お二人の器の違いを、まざまざと見せつけられた、昨日一日でした。

もう小沢総理誕生の道しかないと思います。
そうでなくては、私たちの子供達が今後暮らしてゆく、大切なこの日本に未来がなくなってしまいます。
心から応援しましょう。

映児さん、
毎日暑さが厳しい折、お体に気をつけて頑張ってくださいね。
私たちの未来のために、小沢総理の作られるこれからの日本を見るために、まだまだ元気でいなくてはいけないと思う今日です。
609|taira|20100902213917

ついに時の総理まで、おっしゃいましたか?
西郷小沢説も、ずいぶんとメジャーになったもんですね。
官軍でなく管軍で攻め下るのですね!
今さらですが、管さん  
前から小泉とは違う意味での軽さを感じていましたが、最近 本音がぽろぽろ出ているよう感じます。

先の発言なども小沢さんを旧政権打倒の真の立役者と認めたうえで、もうあなたは用済みと言う感じの切捨て発言
管さんはバルタン星人もといバルカン政治家(もっともバルタン星人の由来もバルカン半島らしいですが)・・・つまり信念、主義など希薄で出世のためならころころ それを変える・・・という風聞がありました。
小沢さんの一方的なマスコミのレッテル・・・どす黒い悪徳政治家・・・という例があるので、管さんの風聞もすぐには鵜呑みしないつもりでした。
ですが、悲しい事に 管さんの本性  覆うべくもないです。
昨日の2人での共同会見でも、「私は小沢さんが総理になる姿が想像しにくい」
いかにも自分は、その器であるが あなたはその器でないという物言い
同じネガキャンでも、こういう人格攻撃にでるとは正体見たりと言う感じがしました。
それに、ものすごく総理という座に執着してる人だなとも。
小沢さんは、したいこと(この国の形を変える)があるから総理を目指すと言うのが伝わりましたが、管さんは
総理の座に居つづけたいという それが真の目標というのがみえみえで。

それに今日の橋本五郎も酷かった。
詰るような不愉快な口調で、政治と金を質問
小沢さんに理路整然と、検察がさんざん調べても白だと言われると、「あなたは国民に支持されてない そういう調査がある」
それに対し小沢さんが「ネットの調査では、逆の結果ですよ」と切り替えしたのは痛快でした。
小沢さん、ネット情報やブログなどもチェックされてるのでしょうか?
さぞやネット界での絶大な支持で、大いに気を強くもたれているようで安堵しました。

橋本は、さらにノーブル・オブリゲーション(高貴なる義務)などを持ち出して攻め立てました。
これは責任、権力あるものの義務(説明責任)ということなんですが、ならば てめえらも国民を勝手に代表して人を詰問したり、レッテルはる権力は持ってないのか?
あるのに機密費を読売は自己検証しない!

さらに糞橋本はネチネチ、、、秘書が逮捕された  黒か白かより、そういうイメージだけで資格がない!
この馬鹿の理屈だと、冤罪でも有罪  魔女裁判の肯定 というような時代錯誤の見識
毎度かいてるし、各所で見聞きすることですが本当にこの国のマスコミの現状  戦争中の日本、北朝鮮並です。

ただマスコミの悪意は別に、小沢さんに食いつきたくなる衝動も分かります。
小沢さんは千両役者・・・・小泉のような芝居っけの多い薄っぺらとは逆の、存在感、重み 昔の日本映画の森繁、三国連太郎のような重厚さを感じます。
素朴な顔、怒気を含んだ真顔、怒りを押し殺した笑顔、真の笑顔、、、被写体としてこれだけ魅せれる人も近頃珍しいです。

この戦い、マスコミの捏造した 意味のない内輪揉めなどでないことが討論会ではっきりしました。
小沢さんの印象に残る言葉  格差をなくす、再配分      管さん  (当てこすりの)クリーン
また前回、小沢さんも 劣化という言葉の裏には 子殺し、親殺しの今を憂いてるのだろうと勝手に忖度し書かせて頂きましたが、 昨日,今日と小沢さんは このことを述べておられました。
やはり小沢さんも、そういうことに思いをはせてるんだなと嬉しくなりました。
小賢しく、難しそうなことをいう口達者が跋扈してるだけに、小沢さんの言葉は千金の重み。
小沢さんもネットを注視しておられる・・・ ネットでの小沢活動は無意味ではありません。 
612|アレーティア|20100903131010

秦様 残暑厳しい中、本当にお疲れ様です。
小沢総理誕生という結願まで後二週間、貴兄の筆力ある情報を発信し続けてください。切に切にお願い申し上げます。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天