ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
当事者のクセに他人のフリをしたがる大新聞

検察が小沢幹事長の起訴を断念して一夜明け、朝日がどんな自己批判をしているのかと一面を見ると・・。
以下の署名記事を読んで、気分がむかむかする。

『政権のリセットを』 政治エディター 薬師寺克行
多くの国民にとって、小沢幹事長の不起訴は意外だっただろう。連日新聞やテレビが小沢氏のカネにまつわる話を大きく報じてきた。おのずと東京地検特捜部の捜査の進展に耳目が集まった。
嫌疑不十分というのが不起訴の理由だ。法的には決着したのだろうが、なんともすっきりしない印象が残る。
まず、小沢氏の元秘書ら3人の起訴は異常なことだ。小沢氏の事務所の体質を物語っており、「秘書に任せていた」では済まない。
私たちの取材でも次々と腑に落ちない事実が浮かびあがった。小沢氏の資金管理団体はなぜ10件あまりもの不動産を所有しているのか。小沢氏が党首だった自由党などの資金は解党後どこへ行ったのか。こうした問題はいまだに解明されないままだ。
巨額の資金が絡む「闇」を持つ政治家が、政権党の幹事長として国政を左右するのでは、まともな民主主義国家とは言えないだろう。
それ以上に深刻なのは、民主党が政権交代に対する国民の期待をあっという間につぶしたことだ。
鳩山由紀夫首相と小沢幹事長が金銭スキャンダルにまみれた。政権中枢は不祥事への対応に追われ、内外の重要課題への取り組みが停滞している。国会では政策論議が脇に追いやられてしまった。
期待感はすでにやりきれなさや憂いに変わってしまった。このままでは反発や不信、無関心に転じかねない。
首相は「小沢氏に参院選を仕切ってもらいたい」と述べた。自浄能力のない、もの言わぬ政党のままでいるつもりなのだろうか。今、すべきは政権のリセットだ。
民主党は小沢氏の豪腕によって政権交代を実現した。しかし、国民が期待していたのは透明で公正な政治であり、自民党流をひきずる小沢氏が支配する政治ではない。
民主党はこれ以上、国民を裏切り続けてはいけない。


どうも、この「我ひとり清く正しい」という独善的な調子が、いちいち癇にさわる。一連の検察によるリーク報道を垂れ流して、「小沢=悪」のイメージを増幅させ、国民の政治不信を加速させているあんたたち大新聞が、人のことを言えた義理かと毒づきたくなってくる。総じて「人を一方的に叩く」ヤカラは、当事者であっても自己に不利な風が吹いてくると、「他人のフリ」をしたがり、「神の視線」でものごとを評論したがる。頼んでもないのに「国民の声」を代表し、清廉潔白な聖人君子の仮面を被って説教を垂れるそのいかがわしさに、怒りを通り越して感動すらおぼえる。
「朝日」がそんな態度ならば、僕が勝手に脳内で発行している「玄界灘通信」に、似たようなスタイルの記事を掲載してみようと思う。

(玄界灘通信 2月6日)
『新聞のリセットを』 玄界灘通信主筆 秦(はた)映児
賢明な国民にとっては、小沢幹事長の不起訴は意外でもなんでもなかっただろう。連日新聞やテレビが「関係者」によるリーク内容を無批判に報じてきた。おのずと東京地検特捜部の恣意的で強引な捜査に批判の目が注がれてきた。
嫌疑不十分というのが不起訴の理由だ。めでたく法的に決着して、実にすっきりした印象である。
まず、小沢氏の元秘書ら3人の起訴は異常なことだ。記載ミス程度の形式犯で国会議員を会期中に逮捕・起訴する東京地検特捜部の体質を物語っており、「小沢氏陣営を狙い撃ちにしたものではない」では済まない。
ネット上の情報でも次々と腑に落ちない動きが浮かびあがった。大新聞はなぜ石川議員らを告発した「世論を正す会」や小沢氏を告発した「真実をもとめる会」の実体を報道しないのか。5000万の裏金を石川氏に渡したと供述した水谷建設幹部が受刑者であり、福島県知事の「贈収賄事件」で虚偽の証言をした信用の置けない人物であることになぜ触れないのか。こうした問題はいまだに釈明されないままだ。
巨額の裏金づくりが絡む「闇」を持つ検察当局が、自己防衛的な動機と政治的な意図にもとづく捜査で国政を左右していることを大新聞が批判しないならば、まともな民主主義国家とは言えないだろう。
それ以上に深刻なのは、検察とマスコミが政権交代に対する国民の期待をあっという間につぶそうとしたことだ。
鳩山由紀夫首相と小沢幹事長が金銭スキャンダルにまみれたかのような一方的な報道がなされた。政権中枢はしなくともいい「こじつけられた不祥事」への対応に追われ、内外の重要課題への取り組みが停滞している。国会では自民党が政策論議を脇に追いやり、「政治とカネ」問題にほとんどの審議時間を費やさせ、一日に数億かかるという国民の血税から払われる国会費用を無駄遣いしている。
期待感をやりきれなさや憂いに変わらせることに大新聞は手を貸してきた。このままでは大新聞に対する反発や不信、無関心に転じかねない。
朝日は2月5日朝刊2面の「時時刻刻」で、「今回の検察の捜査手法は時代のニーズに沿っている」と、臆面もなく検察を擁護した。検察権力に首根っこを掴まれた、もの言わぬ新聞のままでいるつもりなのだろうか。今、すべきは新聞のリセットだ。
大新聞は国民が実現したせっかくの政権交代に泥を塗った。国民が期待するのは透明で公正な報道であり、閉鎖的な記者クラブ制度に固執する大マスコミ各社が独占する歪められた報道ではない。
大新聞はこれ以上、国民をあざむき続けてはいけない。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(1) | 20100206005844 | 編集
44|ロヒくん|20100206220357

その政治エディターの記事は、一つも教えられるところがない、読むだけ無駄、ワンパターンで、「こう書いちゃいけないんだけど、多分書くな」と思っている通りに書くので………その名前を見たら、前から記事を読みません。そう決めてイライラを避けています。今回はこのブログで、仕方なく読んだけど。
で、読者側の対策として、負担はあるけど他紙を併読するのです。おかしいなと思う記事は、誤解を去るために他紙を参照します。今回は、毎日の社会部副部長の「大山鳴動、否めず」なんかよかったですよ。いまは東京新聞を考慮中。
新聞のエディターの記事は、買って読む価値がなければいけません。その記事はゼニをくれても読みたくありません。検察リークはない、と社会エディターの記事も前にありましたが、すでに民主党へOBの垂れ込みもあり、後2年ぐらいのうちに気の毒に辞任へ追い込まれるのでは、と心配です。
政治をワイドショー並に扱い、複雑さを教えない記事は、読者を単細胞化します。ニューズウイークの政治記事なんか、明快で読者に教えるところ多々です。「ダメージを与える作り話」と、NYタイムズに書かれながら、不起訴でもまだダメージ垂れ流し。もうこれは寒風と競争に晒して、異常さを自覚してもらうしかありません。幸いにもネット論壇はタダで、はるかに有益で頼りになり、ひたひたと追いつこうとしています。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天