ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
小沢氏は今以上に身辺警護をあつくしてまさかのテロにそなえるべきだ

今日、借りてきたDVD「葵~徳川三代~」の第一回を観た。
いきなり、「関が原」の全貌を詳しく描写しているのに驚き、その迫力に、息を呑むような思いで画面を見つめ続けた。
NHKで放映されたとき、この第一回を見損なったことで、まったく最後まで観なかったわけだが、なんという浅はかだったのか。
しかし、こうしてDVDですべてを観ることができる。
すごく、幸せな気分だ。

最近は、大河ドラマのDVDを借りることが多く、先日は「翔ぶがごとく」の維新後からのぶんを、ぜんぶ観た。
小沢氏の代表選出馬を、西南戦争における西郷隆盛の決起になぞらえる人が多いのだが、西郷が小沢氏と決定的に違うのは、自分でも勝てないと思ういくさを、敢えて行わざるを得なかった「悲劇の人」であったということだ。
小沢氏は、決して、勝てないいくさはしない。
そういう点では、西郷の盟友であり、最後には仇敵となった大久保利通に、むしろ、近いのではないか。
置かれた位置は西郷だが、政治家としてのタイプは大久保なのだ。
旧制打破=革命への揺ぎない意思、政策の実行力、反対勢力への断固たる処断、徹底した合理主義、現実主義、調整能力、洞察力、10年先、20年先を見据える構想力・・そしてなんといっても(これは西郷も持っていたが)真っ白い紙のような私心のなさ。
実は、小沢氏自身も、著書「小沢主義」で、この大久保を尊敬していると述べている。
しかし、もうひとり尊敬するという原敬も、大久保も、敵対者のテロで非業の死を遂げている。
小沢氏も、そこまで似てはほしくない。
これから選挙で公衆の前に姿を晒すことが多くなると思うが、どうか身辺警護を、今まで以上に厚くしてほしいものである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

しかし、「関ヶ原」に戻るが、あの闘いは、どう見ても、石田三成率いる西軍が圧倒的に優勢だった。
しかし結果は惨憺たる負けいくさであった。
敗因の一番大きな理由は、「味方の裏切り」である。
三成は正義感あり、清廉潔白な武将だったが、それが嵩じて、他人のどんな小さな非違も許せないという欠点があった。
ために人望薄く、大軍を率いる器に欠け、味方となるべき豊臣恩顧の有力な大名を、ことごとく敵にまわし、戦いの局面でも「内応者」が続出した。
今度の民主党代表選も天下分け目の関ヶ原となるだろう。
どちらの候補者に人望があるか。
どちらの陣営に団結力があるか。
勝負は、そこにかかっていると思う。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20100829092230 | 編集
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天