ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
クロと断じられないことは、全部、シロである。

今日はひさしぶりに一日中、新聞も読まず、ニュースも見ずに、ひたすら仕事に励んでいた。
帰り着いたのが21時過ぎ。
「小沢氏不起訴の見通し」というニュースを初めて知って、一安心すると同時に「当たり前だろうが」とまたテレビに悪態(笑)
なんでも夕方に、高検、最高検の幹部が首脳会議をやって、「証拠不十分」で立件を見送ったとか。
「証拠不十分」か・・・。
「小沢が悪い奴であることは変わりないんだけど、ある筈の証拠が、たまたま見つからなかったんだ」とでも言いたげな感じだよね。
続いて、こういう気分を代表するかのような自民党石破政調会長の発言をきく。
「クロと断じられないことが、シロということにはならない」
日本に「推定無罪」という概念が根付くのは、いつのことになるんだろうか。
根っこに、こういう考え方があるからこそ、日本社会は数多の冤罪事件を生んできた。
DNA鑑定の進歩ということがなければ、今も菅家さんは、獄中にいただろう。

クロと断じられないことは、全部、シロである。
クロと断じられて、はじめて、シロがクロになる。

早いところ日本も、その考えが徹底される成熟した社会に、なってほしいもんだ。

東京地検が週刊朝日に抗議したとかいう、笑っちゃう事件、眠気が限界にこなければ、次のエントリで書こうと思います。
お風呂、お風呂・・。

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(3) | 20100203234342 | 編集
37|cb|20100204023902

日本は今も立花さんが広めた悪の小沢帝国の幻想と戦っているのです。
いまさら後には引けない・・・・例え周囲から迷惑がられても。
38|kumagayapiano|20100204095739

同感。クロでないものはグレーではありません。読売新聞、「100人に聞いて99人はクロでも1人が白というなら立件はむずかしいと見た。」こんな表現は、許容範囲を越えてるでしょう。毎日新聞岸井、「ここまで世間を騒がせて責任はどうなる」→騒いだのはあなたたちの勝手、しかも小沢側の秘書の意見など全く報道されてないなかで、責任論だけが浮上する不自然さ。むしろこれ迄の報道がまちがっていた事への責任論がでるべき、と感じました。
39|Kumagapiano|20100204111517

読売新聞を正確に引用すると、三面

ある検察幹部は、「10人中9人は有罪を出すかもしれない。しかし、10年後、裁判で万が一無罪が出た時に取り返しがつかない」と本音を漏らした。また別の検察幹部は、「政治家と秘書という(内輪の関係)を崩していくのは難しかった」と振り返った。

今朝ラジオで聞いた部分だったので駅のスタンドで買って確認しましたよ、何回読んでも大爆笑。不謹慎ですが。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天