ブックマーク
プロフィール


秦映児です

秦映児の私的ブログ 
平らかなるまどろみ

秦映児の他ブログ
検索フォーム
マスコミ・世論にハナもひっかけない小沢一郎こそ真の革命者である

小沢一郎氏が八丈島から帰ったところの映像が映っていた。
このひとりの人物の動向を戦々恐々として追っているマスコミには、呆れた思いを込めて、ご苦労様と言いたい。
われわれの生活になんら資することのない、かえって有害なこのテの行為には、心の底からの嫌悪を感じる。
読者で子を持つ方、孫を持つ方は、是非、次世代に「マスコミの報じることを鵜呑みにするな。疑ってかかれ」と教えてほしい。
大学生の息子は、僕の影響で、「親小沢」になりつつある(笑)
この国を操り、好き放題にグチャグチャにしてきた勢力というものが、どういうものであったのか。
そのことを、事あるごとに、語ってきたからだ。
多少、右傾化がみられた、息子より上の世代には、あまり期待できないが、それより下の世代に望みをかけたい。
「メディア・ファシズム」に抗する「民主化運動」を、まず、家庭の中から始められてはどうだろうか。

ところで、テレ朝が本日、実施した世論誘導調査。
菅政権の支持率が30%台に下落して、不支持率が上回ったというのに、「菅総理大臣は辞めるべきではない」という意見が75%あったのだという。
ということは、「菅政権は支持しないけど、菅総理は辞めずに頑張ってほしい」という、実に考え方の矛盾した回答者が、かなりの割合で存在した、ということになる。
僕に言わせれば、「どんだけ、いい加減なヤツラだ」ということだ。
マスコミ報道の風向き次第で、あっちへコロコロ、こっちへコロコロ、激しく変動して羞じない者たちを対象にして行う世論調査に、いったい、どういう生産性があるというのだろう。

人気ブログランキングへ
今日も一票、お願いします。

こういう、大幅に矛盾した結果があらわれるということ自体、世論調査の信憑性が疑われるというものだ。
個人の判断よりも集団の決定が正しいという思い込みから発するバンドワゴン効果が最大限、利用され、この国の方向が捻じ曲げられることに利用される世論調査は百害あって一利もない。法律で禁止することは、できないものだろうか。

詳しいことは拙ブログ 「『政界の不安定』はマスコミの好餌」 を参照していただきたい。

そして、この世論誘導調査に、なんとも奇異な設問があった。
「9月の民主党代表選に小沢氏が出馬すべきかどうか」という設問である。
なんとも、唐突な質問とは思えないだろうか?
本人が出馬の意欲を示しているというのならば、別である。
個人的には、いつか「小沢総理」を待望したいものだが、少なくとも、今後3年間は、野党のご機嫌取りために、米搗きバッタのように卑屈に頭を下げつづけることを宿命づけられた政権を担って、短命で終わるような選択を彼がするとは、僕には思えない。
出馬するともなんとも言ってない人間が出馬すべきかを問い「出馬すべきではない」という回答が80%あったって、何だそれ??

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票、お願いします。

常に「悪イメージ」を宣伝されつづけてきた小沢氏の「出馬」を問われた末の結果が、こういうものになるのは、わかりきったことだろう。
そんなことまでして、「小沢=悪」イメージを浸透させたいのだろうか。
まだ、足りないというのか。
そこまで、小沢が怖いのか。

旧体制権力がもっとも恐れる存在こそ、真の革命者である。

小沢一郎は、あらゆる妨害、迫害に敢然と立ち向かい、正面からぶつかり、自由気ままに闘ってもらいたい。
何かしていても、していなくても、どうせ叩かれるのだ。
マスコミや世論に阿る必要は、微塵もない。
いやいや、マスコミや世論をハナから気にしない、というより、気にしなさすぎる、日本には稀有な政治家であるあなたが、僕は大好きなのだが。


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(4) | 20100720055311 | 編集
547|トッペイ|20100720011649

かって、マスゴミは散々大衆を煽って戦争へ導き日本を破滅させました。今又、同じことを繰り返し、日本の資産をすべてアメリカへ貢ごうとしています。この連中は一体何様なのか。思い上がった巨大マスゴミに対しては憤激に耐えません。しかし、これは断末魔のあがきかも知れず、10年を待たずして没落してゆく予感があります。
こんな腐ったゴミどもに批判されても、小沢さんの価値が落ちるものではありません。小沢さんは、総理にならずとも確実に歴史に残るでしょう。
「すべて偉大な者は風の中に立つ」ハイデッガー
548|海外から見た日本|20100720075841

北朝鮮はキムジョンイルを中心とした既得権益者による管理社会ですが、日本も同様に官僚・マスコミ・大企業・悪徳政治家のトップを中心とした既得権益者による管理社会である事は間違いないですね。
また、彼らを裏でサポートしている海外の利益権益者がいるように感じます。

既得権益者としては、彼らの権益を侵略しようとする小沢さんを中心としたグループ、特にその中心的存在である小沢さんをどうしても政治的に抹殺したいのでしょうね。

日本は歴史的に公家社会、士農工商、部落民、年貢、村八分、等、と長年に渡って差別社会を形成してきました。
既得権益者は新たな差別社会を形成しようとマスコミを使って一般国民を洗脳しています。

新聞の報道は裏を読み、低俗なテレビ番組は視ず、小沢さんをはじめとして本当に国民のための政治を行う人達を応援していくしかないと思います。
国民は前回の衆議院選挙で自民党にNOを突きつけ、今回の選挙で民主党の反小沢勢力にNOを突きつけました。
9月の民主党代表選に大いに期待しています。
549|新党 一人|20100720115613

一兵卒の小沢氏が休日に魚釣りに行ったそうだ。
それが大事なニュースらしい。

しかし八丈島へ行くのに、なぜ多くのTV局が団体でいくのだろう。

八丈島へ行くらしいという情報があっても、取材で行くかどうかは、各社の判断ではないのか。
つまり、一兵卒が島へ魚釣り以外で行く以上の価値を、各メディアのデスクは同じように考えたのか。
おろかな選択をするデスクばかりのようだ。

一兵卒を、わざわざ八丈島くんだりまで追っかけていくなんて、不景気のない業界だから出来ることだ。

それとも、官房機密費を貰っているから、小沢氏を見張るためで、あとでチャント報告するためだったのだな。



556|通りすがり|20100723155001

内閣支持率と不支持率が逆転してるにも関わらず
管さんは辞めなくてもよいというのは
単純に「首相になったばかりだから」というだけのこと。

なので時が過ぎれば過ぎるほど「辞めよ」という意見が多くなっていくでしょう。
     © 2017 世に噛む日日  Designed by 意地天